八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【千駄木】大きな毛沢東が目印の毛家麺店が美味しい@毛家麺店(マオケメンテン)初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20190502182620j:plain

蝦ソバ

フィルムカメラの試写を兼ねて、二週続けて根津千駄木界隈をお写ん歩した。Blogではまだ一週目あたりを書いていますが、ランチネタも書いておきます。

3日前に三里と言うお蕎麦やさんを紹介しましたが、今日は中華のお店を紹介したいと思います。

今日のお店は「自毛家麺店(マオケメンテン)さんです。

こちらのお店は坦々麺で有名なお店だったと記憶があるのですが、閉店したと聞いていました。千駄木から舗道を歩いてくると有名な「毛沢東」の看板が目に留まります。そして営業中でした。ちょうどお昼時ですから入店してみました。結論から言うと営業再開していたわけですが、同じ方が営業しているかは分かりません。最後までおつき合い下さい。
 

 目次(クリックで飛べます)

お店の雰囲気

▼若かりし日の毛氏の絵がどーんと目立ちます。この看板の右手の入り口からも出入りが可能です。

f:id:afromanjaro:20190502182628j:plain

巨大看板にビビる

▼こちらの正面側。入り口は左手の白い小さな扉です。麵店と書いてありますが、麵以外もあります。既に満席でしたので少々待ちました。

f:id:afromanjaro:20190502182627j:plain

正面から見ると毛氏の看板は見えない
◯蝦麵 880円

▼坦々麺は止めておきました。この後も散策を続けるつもりでしたので、あっさり系の方が軽くていいかなと思った次第です。

選んだのは海老の麺です。あっさり塩系のレモン風味だと説明があり、お願いしました。

f:id:afromanjaro:20190502182623j:plain

大エビの入ったサッパリ味(レモン風味)

▼パクチーが載っています。大きい海老は何匹かしら。880円ですからね。

f:id:afromanjaro:20190502182622j:plain

マレーシア風海老そば

▼海老は1尾でした。ちょっとびっくりでしたが、そんなものでしょうか。素揚げしてあるので、味がしっかりしていました。

f:id:afromanjaro:20190502182625j:plain

プリプリ海老

▼スープは塩味にパクチーとレモンが効いています。他にもスパイスが絡んでいる様で、全体的に仕上げは大陸系の味に纏まっています。美味しいです。

f:id:afromanjaro:20190502182624j:plain

レモン風味

▼麺は細麺と中太麺の間くらいですが、茹で時間はあっと言うまでした。最近の日本のラーメン用の麺ではないですね。でも、このスープに実に合っています。

f:id:afromanjaro:20190502182626j:plain

とても細い中華麺

食べ終わって 

周囲を見ると、坦々麺、チャーハン、餃子を注文している人が多い様です。確かに餃子が美味しそうな雰囲気の厨房なんですよね。次回機会があれば餃子を食べてみようと思います。千駄木から徒歩ですぐです。美味しいですよ。ご馳走さまでした。 

その他

駐車場

ありません。近隣のCPを利用下さい。

おトイレ

綺麗な水洗トイレです。

お店情報

店名 毛家麺店 (マオケメンテン)
住所 東京都文京区千駄木3-34-7
定休日 火曜日
営業時間 11:00~15:00、17:00~23:30(平日)、11:00~22:30(土日祝)
備考 

カメラ

★28mm F2.8と言う明るい単焦点レンズのカメラですが、クロップで35mmと50mmで撮ることが出来ます。テーブルフォトでは綺麗に撮れます。オススメです。

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
リコー (2019-03-15)
売り上げランキング: 9,417

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告