八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【飯能】西武線飯能駅で半チャーラーになる@味噌だれ餃子・ラーメン 大穀 初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20190327214940j:plain

半チャーハン

池袋から西武線に乗って飯能駅に行って来ました。仕事でしたが、少し早めに昼食をとるために駅前をブラブラ。すぐ前にかなり草臥れた感じの町中華を見つけました。店頭まで行ってから入店を逡巡しましたが、引き戸を開けて入りました。

今日のお店は「味噌だれ餃子・ラーメン 大穀」さんです。

この店名、渋谷にあるお店と同じだと思い出します。渋谷のお店も「味噌ダレ餃子」と書いてあった記憶があります。担々麺が有名なお店なんですが、同じ系列なのか伺おうと思いましたがやめました。20席ちかくあるのに、奥様らしき方のワンオペ。こりゃ〜注文してから食べるまで時間が掛かるなぁ〜と、ゆっくり待つ事にします。

最後までお付き合いをお願いします。 

 

目次

お店の雰囲気

◯お店の様子

入り口は引き戸です。雰囲気ありますが、ちょっと逡巡しますね。

f:id:afromanjaro:20190327214944j:plain

味噌だれ餃子・ラーメン 大穀

これ、駅前です。建物の耐震は大丈夫でしょうか。

f:id:afromanjaro:20190327214943j:plain

味噌だれ餃子・ラーメン 大穀

メニューにも沢山の種類があり迷います。仕事があるので味噌は遠慮して、チャーハンもお願いしました。

f:id:afromanjaro:20190327214927j:plain

豊富なメニュー

すでに先客が4名で、まだ誰も食べていませんから、注文は即決で伝えました。

f:id:afromanjaro:20190407163425j:plain

カウンターとテーブル席の構成

目の前のレジスターがレトロ感満載でした。コップは普通かなぁ。

f:id:afromanjaro:20190327214930j:plain
f:id:afromanjaro:20190327214929j:plain
レトロな店内

注文したメニュー

◯醤油豚骨ラーメン 750円

豚骨醤油が美味しそうな響きがしたので注文しました。先客の4名の料理が出来、次に私のラーメンの番です。厨房を見ると麺を鍋に投入していましたので「今からですね」と心の中で唱えて静かに待ちます。

まもなく、豚骨醤油ラーメンが出て来ました。うん、正に豚骨醤油です。

f:id:afromanjaro:20190327214932j:plain

醤油豚骨ラーメン

チャーシューは自家製と店内に書いてあります。スープも自家製と書いてあります。豚骨系と鶏がら系の二種をブレンドしているそうです。業務用っぽくないので、本当に作っているのかもしれません。

f:id:afromanjaro:20190327214934j:plain

チャーシューは自家製の様です

豚骨系は中太麺だそうで、これもあっさり系は細麺仕様だそうです。凝っていますね。結構、濃厚な豚骨醤油ラーメンで、ランチには少しくどかったです。選択を誤りましたね。

f:id:afromanjaro:20190327214937j:plain

豚骨系の麺は中太麺
◯半チャーハン 450円

最初にチャーハンが美味しんじゃないだろうか?と深読みして注文した半チャーハンが遅れること5分後に出て来ました。うおっと!なんとも美味しそうなチャーハンです。豚肉、ピーマン、ネギ、玉子と最低限の具材が入っています。

f:id:afromanjaro:20190327214941j:plain

半チャーハン

味加減も塩っぱ過ぎず、淡い味付けで美味しい。これイケるんじゃないでしょうか。かなり旨いです。

f:id:afromanjaro:20190327214942j:plain

ちゃんと作ってます

食べ終わって

満足しました。とにかくチャーハンはイケます。チャーハンを一人前にして、ラーメンは半ラーメンにすれば良かったです。その方が安かったし。ご馳走さまでした。

※ご指摘いただきまして、別注文したのですが、Bセットを食べたのかもしれません。

 

その他 

おトイレ

利用しませんでしたので不明です。建物の外観から不安な感じがします。

お店情報

店名 味噌だれ餃子・ラーメン 大穀
住所 埼玉県飯能市柳町23-12
電話番号 042-974-2006
定休日 木曜日
営業時間  日~水11:30~翌2:00(L.O.1:30)  金、土、祝前日11:30~翌3:30(L.O.3:00)
備考 喫煙可

 

★EF-M22mm F2 STM(単焦点)は神レンズです。テーブルフォトでは自身の影が入りやすいですが最高のレンズです。ダブルレンズキットをオススメします。

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M100 ダブルレンズキット ブラック EOSM100BK-WLK
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告