八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【とうきょうスカイツリー】串を刺さない三色団子には深い味わいがある@向島 言問団子 10回目

広告

f:id:afromanjaro:20180728195110j:plain

名物言問団子

東京の向島の言問団子は我が家の大好物の和菓子です。その他のオススメは言問団子のすぐ側の長命寺の桜餅も絶品です。そして、日暮里にある羽二重団子、柴又の高木屋老舗のこの4つが我が家のおススメです。

今日は久しぶりに言問団子を食べてきました。場所は隅田川の土手沿い。言問の名が付きますが、言問橋からは500mほどあります。最寄りの駅は東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅。徒歩12分、浅草駅からでも15分ほどです。

わたしのお勧めお散歩コースは浅草から歩き、言問団子で一休み、更に歩いて向島百花ゆっくり散策するコースです。ちょっと歩きますが晴れた日ならば気持ちがいいです。

と言うことで今日のお店は「向島 言問団子」さんです。

車で訪ねると先客ゼロ。まっ、いつも空いています。偶にオバサマ集団がガヤガヤしていることがありますが、ワタクシの経験では9割は先客一組程度です。木製のガラス引き戸をガラッと開けると、静かな和空間が待っています。最後までお付き合い下さい。 

目次

 

お店の雰囲気

◯静かなお店

入店するとやはり「お召し上がりですか?」と聞かれます。そう伝えると奥の席をご案内頂きます。私達はいつもの様に一番奥の席に座りました。店内は涼しく、古風な懐かしい香りがしています。

f:id:afromanjaro:20180728195108j:plain

大きな言問団子の暖簾が目印
そして無音です。静かです。BGMは遠くに聞こえるセミの声だけです。静かさを楽しみましょう。
f:id:afromanjaro:20180728195115j:plain
f:id:afromanjaro:20180728195114j:plain
店内の様子

お菓子

〇言問団子 630円
お召し上がりは三個630円お茶付です。綺麗な真ん丸いお団子を楊枝で摘まみます。

f:id:afromanjaro:20180728195111j:plain

三個で一式
中の餡は十勝産のとよみ大納言。写真右上の白餡は十勝産の手亡豆、左上の味噌餡は手亡豆に白味噌赤味噌を使いクチナシからとった色粉で青黄色にして包んであるそうです。餡の団子もとても美味しいですよ。

妻と娘はこの左上の味噌餡のものが大好きです。私はさらっと口で流れる様に溶けてなくなる餡団子が気に入っています。

f:id:afromanjaro:20180728195112j:plain

お茶が付きます

お店のHPには在原業平朝巨が東国を旅した時に読んだ和歌より言問団子と名付けたお団子。と書かれています。

”名にしおわば いざ事問はむ 都鳥 わが想う人は 在りや亡しやと”

と歌っています。

在原業平が東下りをした折りに隅田川の渡しで詠んだ都鳥の歌に因んだんですね。楊枝の絵やお皿に描かれている都鳥の歌が聞こえてくる様です。
 
〇オススメのお団子の記事です。高木屋老舗の記事がありません。

past.bgg-eikokudo.net

past.bgg-eikokudo.net

 

その他

◯お手洗い 

広く綺麗なウオシュレットトイレです。 

◯お店情報
言問団子
〒131-0033 東京都墨田区向島5-5-22
1,000円(平均)

r.gnavi.co.jp

店名 向島 言問団子
住所 〒131-0033 東京都墨田区向島5-5-22
電話 03-3622-0081
営業時間 午前9時00分~午後6時
定休日 毎週火曜日 
備考 

 








1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告