八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【京成津田沼】本日のおすすめ品は腹一杯になる大満足な定食でした@本場中華料理タケちゃん 6回目

広告

f:id:afromanjaro:20191207220151j:plain

ニラレバ炒め五目焼きそば定食

地元習志野市の駅ビルで営業する町中華です。

なんと6回目の訪問。なんとなく寄ってしまいます。最近はこんなお店も少なくなってきていますし、同じお店ばかりでは飽きてしまいますから、適度なローテーションが必要です。京成津田沼駅ビルの改札階にありますので流れるように入店できます。

今日のお店は「本場中華料理 タケちゃんさんです。

午後の2時位でしたので遅めのランチでしたが、店内はほぼ満席。やはり便利なんでしょうね〜一人だから入店できた様な感じです。厨房が見えるカウンター席に着席、店頭の今日の定食的なものを口頭で注文し、中華鍋から踊り飛ぶチャーハンを眺めていました。最後までおつきあい下さい。
 

目次

お店の雰囲気

◯お店は京成津田沼隣接の商業ビル内

▼以前から食べてみたかった定食を書いた黒板があります。行灯看板のメニューも豊富で楽しいです。

f:id:afromanjaro:20191207220247j:plain

タケちゃんとはご主人の名前の様ですね

▼メニュー名は①と②です。うーん、やっぱりニラレバかなぁと悩みますね。

f:id:afromanjaro:20191207220259j:plain

店頭の今日のオススメ品
◯レバニラ炒め・五目焼そば・半ライス・スープ 1,200円

▼着席後に①を注文しました。ニラレバではなくレバニラでしたね。値段を気にしていなかったのですが、会計時に1,296円と言われて、結構高かったなぁと思った次第です。

厨房ではゴンゴンと音を立てて中華鍋が踊っています。レバニラ炒めも、五目焼そばも中華鍋ですから、一度に出来上がらないと思いながら、気長に待ちます。五目焼そばが少し遅れて出来上がりました。ライスが半ライスなだけで、結構なボリュームの定食ですよ。

f:id:afromanjaro:20191207220059j:plain

では①の全景です

▼最初に出てきたレバニラ炒めです。モヤシとニラ中心です。少しは葉物がほしいところですが止む得ませんね。豚レバはたくさん入っていました。木耳も大きめが数枚。味は濃い目ですが、肉体派にはこの位がちょうど良いと思います。美味しいです。

f:id:afromanjaro:20191207220236j:plain

レバニラ炒め

▼続いてお店の看板メニューの焼そばです。これもレギュラーサイズより少しだけ小さいお皿での提供です。麺は厨房内で揚げていました。出来合いの焼そば麺ではない様です。こちらは以外にも野菜が豊富です。葉物と言っても白菜ですがたくさん入っていまう。具はタケちゃん独特の肉団子や、豚こま肉、木耳等々。十分ですね。餡のトロミがいい塩梅で美味しいです。

f:id:afromanjaro:20191207220127j:plain

五目焼そば

▼あれ、海老も入ってましたね。お酢をたっぷり掛けて美味しく頂きました。これは美味いです。

f:id:afromanjaro:20191207220047j:plain

五目焼そばはお店の看板メニュー

▼半ライスです、一応。山盛りではないいので半ライスという感じですかね。十分に量が多いです。

f:id:afromanjaro:20191207220202j:plain

これで半ライス

▼スープは醤油ダレを鶏ガラスープで割っただけのよくある中華のスープですが、変な味もしないし、美味しいですよ。

f:id:afromanjaro:20191207220214j:plain

スープ付き
◯食べ終わって

大満足です。超満腹です。日替わりオススメメニュー、ボリューム満点で最高でした。ご馳走様でした。

 

兄弟店の旬輝さんの記事を貼っておきます。

past.bgg-eikokudo.net

タケちゃん初訪問の記事はコチラです。 

www.bgg-eikokudo.net

タケちゃんの一押し焼きそばの記事はこちらです。

www.bgg-eikokudo.net

 

その他 

おトイレ

ゴメンナサイ。また未確認です。

お店情報

店名 本場中華料理 タケちゃん
住所 〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12−3F サンロード津田沼ビル
電話番号 047-452-9953
営業時間 11時~21時
定休日  火曜日
備考 喫煙可・駐車場無し

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告