八五九堂 Blog 

仙台就業中の食いしん坊、元千葉県民オヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル

【グルメ・ 生そば つきみや】4月末に食べた山形産の寒ざらしの二八蕎麦と鮎天が最高。仙台市 仙石線榴ヶ岡駅 初訪問

広告

先月のこと、私が今の会社に転職するきっかけをくれた恩人が退職した。恩人とは30年近くの付き合いで、仕事をお願いする側から転身して、私と同じ職場で働く関係になっていた。この辺りは複雑なので割愛しますが、今年の春に職場に脳梗塞を発症して、救急医療のお世話になり、リハビリを頑張ったのだろう後遺症は見受けられなかった。本当に良かったけれど、まだ言語系のリハビリが残っていて、関東に戻って自宅を拠点にリハビリに専念することになり、仙台を後にした。お医者が言うには急に脳梗塞になることはなく、動脈硬化などの進行していたらしい。やはり、普段からの健康管理が大事だ。もう会うことはないかも知れないが、元気に生きてほしい。


生そば つきみや


恩人が最初に入院した医療機関は、楽天スタジアムの隣にあり、この辺りはランチを食べに出没していました。こちらのお蕎麦屋さんは初めてで、美味しいらしいく探して行きました。

お店は、明治19年創業の老舗です。店名はお月見に由縁がある様ですが、詳しくは不明です。普段は、山形産のそば粉を用い、化学調味料や添加物を使わずに仕立てる本格派と言うことです。この日はやはり山形産の『寒ざらしそば』でした。蔵王の沢水に浸して寒風に晒したお蕎麦です。訪ねたのは4月末ごろで、宮城県加美町の宮城鮎工房のはやせ鮎があり、ラッキーでした。

 

 

店内は結構賑やかです。奥に見える厨房はかなり広いみたい。蕎麦は自家製麺の様です。つめたい蕎麦茶が美味しい。

 

 

妻はざるカツ丼です。これはざるセットと言って、天丼・カツ丼・親子丼・たまご丼・カレー丼があります。蕎麦は冷たいのと温かいのから選べますが、ここは冷たい蕎麦です。それにしても結構な盛りでびっくり。でも妻は平らげてました。それもびっくり。

 

 

私は、寒ざらし蕎麦の二八蕎麦と、はやせ鮎の天ぷらです。いやいや、これは美味しい。ちょいと硬めに感じるくらいの二八蕎麦が大好きですが、こちらの二八蕎麦は結構細めに打っていますので、喉越しがちょうど良いです。鮎の天ぷらも丸ごと美味しい。最高です。


こちらのお店は少し遠いですが、美味しいです。今の時期はまた違うお蕎麦を打っている様ですよ。でわかおりと、常陸秋そばの交配した山形BW5号と言うお蕎麦だそうです。食べにいこうと考えてます。仙台は美味しいものがたくさんあります。最高ですよ。ご馳走様でした。  

 

 

お店の場所と営業時間
店名 生そば つきみや
電話 022-256-4780
住所  宮城県仙台市宮城野区宮城野1-23-23
営業時間 11:00 - 15:00 L.O. 14:30
     17:00 - 20:00 L.O. 19:30
定休日 水曜日
備考 

 

カメラ

★28mm F2.8と言う明るい単焦点レンズのカメラですが、クロップで35mmと50mmで撮ることが出来ます。テーブルフォトでは綺麗に撮れます。オススメです。

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
リコー (2019-03-15)
売り上げランキング: 9,417
 
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告