八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【函館・五稜郭】地元民が言う、滅茶苦茶旨い居酒屋@活魚海鮮料理 よし庵 初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20190323205052j:plain

ヤリイカ刺し

函館を観光で訪れる方はどんな料理を食べているんだろう。帰省でたまにしか帰らないから分かりませんが、「函館の人が食べる美味しい海鮮のお店」を希望したら、こちらのお店に連れて来てくれました。

函館駅から離れています。JRですと五稜郭駅寄り(史跡五稜郭ではありません)ですが、函館はタクシー代が安いのでピューっとタクシーで移動したら如何でしょうか。このお店、最高ですよ。

そのお店は「活魚海鮮料理 よし庵」さんです。

玄関で靴を脱いで、掘りごたつ数卓とカウンターのお店です。落ち着いてゆっくりできますよね。函館ならではの美味しい海鮮をたくさん頂きました。最後までおつき合い願います。 

目次

 

その日のネタの都合もあるので予約必須で、早い時間にお邪魔すると特選ネタ切れがないみたいです。

お店の雰囲気

こういうシンプルな看板のお店は美味しいに決まっています。

f:id:afromanjaro:20190323205039j:plain

渋めの看板

良いですね〜好きですよ。こんなお店。

f:id:afromanjaro:20190323205038j:plain

店頭は駐車場なので見落とさない様に

注文したお食事

◯取り合えず瓶ビール

同行者の選択が早くて、とりあえず生ビールを注文。サッポロで良かったですよ。

f:id:afromanjaro:20190323205050j:plain

サッポロ黒ラベル
◯突き出し

左は海老しんじょう揚げ、右は烏賊の酒盗です。肴年最高ですね。

f:id:afromanjaro:20190323205048j:plain

海老しんじょ揚げと、烏賊の酒盗
◯お刺身のお任せ 2,000円

なかなか見せるお刺身の盛り合わせです。しっかり北海道らしい所は押さえてありますね。

f:id:afromanjaro:20190323205042j:plain

お刺身盛り合わせ

まずは鰤のトロです。

f:id:afromanjaro:20190323205045j:plain

鰤トロ

マグロは二種。口当たりがいいです。大トロと赤身です。

f:id:afromanjaro:20190323205046j:plain

鮪二種

目ぬきのお刺身なんて関東の人は食べるかなぁ。

f:id:afromanjaro:20190323205047j:plain

目ぬき

活つぶ貝です。このコリコリ感が堪りません。

f:id:afromanjaro:20190323205044j:plain

つぶ貝

そして活ホタテです。今年は不漁らしいですが、貝ひももしっかりあります。ヒモが美味いんです。

f:id:afromanjaro:20190323205043j:plain

活ほたて
◯活ヤリイカ刺し 900円

やっぱりイカ刺しを食べなければ始まりません。とは言っても、スルメイカが主流で、ヤリイカは珍しいですが、数人で訪ねるには丁度良いサイズかと思います。

f:id:afromanjaro:20190323205052j:plain

活ヤリイカ刺し

ご主人が写真を撮るなら捌く前に見せて来れました。22mmですと寄れませんので、イカよりも気のいいご主人の笑顔に目を惹かれますね。

f:id:afromanjaro:20190323205049j:plain

親方が活イカを見せてくれました

ヤリイカの背骨です。プラスチックの飾りかと思いました。函館の人は見ないみたいです。

f:id:afromanjaro:20190323205053j:plain

烏賊の背骨が伸びています

残ったゲソは焼いてもらいました。七味で最高のアテになりますからね。

f:id:afromanjaro:20190323205103j:plain

ゲソを焼いてもらいました
◯純米吟醸 北の一番  

北海道のお酒となると北の誉酒造ですが、この日は「北の一番」がありました。アルコール度数もほどほど、酒度もほどほど。実に最大公約数的な北海道らしいお酒です。

f:id:afromanjaro:20190323205100j:plain

北の一 熱燗
◯トラフグの白子 900円

すぐに売り切れましたが、トラフグの白子がお刺身でありました。こんなものを函館で食べることができるなんて。感激です。

f:id:afromanjaro:20190323205102j:plain

トラフグの白子
◯生タコの唐揚げ 600円

生タコの唐揚げです。生の弾力がそのまま残っていて、味わい深い唐揚げです。普通はゆでだこですからね、これは美味しいですよ。

f:id:afromanjaro:20190323205059j:plain

生タコの唐揚げ
◯あさりの酒蒸し 500円

これ、食べた記憶がないです。

f:id:afromanjaro:20190323205110j:plain

あさりの酒蒸し
◯高菜巻きメシ 450円

お店の隠れ人気メニューらしく、途中で小腹が空いたと女性陣が食べていました。高菜の塩味が美味しいんですよね。

f:id:afromanjaro:20190323205058j:plain

高菜巻きメシ
◯真タチの天ぷら 600円

北海道の冬の味覚「たち」です。関東の人は分からないと思いますが、「真タラの白子」のことです。「きく」「くもわた」「くもこ」と地域によって呼び名が異なりますが、北海道では「たち」です。口いっぱいに広がるクリーミーで濃厚な味。このなめらかさは、なんとも言えません! 

f:id:afromanjaro:20190323205106j:plain

真タチの天ぷら
◯なまこの酢の物 450円

実に久しぶりに食べました。正になまこの酢の物です。子供の頃は母が家でよく作ってくれました。思い出すなぁ。 

f:id:afromanjaro:20190323205055j:plain

なまこ酢の物
◯田酒  山廃

美味しい日本酒を頂きました。やはり味わい深い方が美味いです。都合2合頂きました、

f:id:afromanjaro:20190323205104j:plain

田酒 山廃
◯活ほやのお刺身 550円

な、なんと活ホヤのお刺身です。なんと言うか、マジで美味いです。でも、私以外の人は食べられませんでした(笑)

f:id:afromanjaro:20190323205107j:plain

活ホヤ刺し
◯イクラ丼

もうお腹一杯だったのですが、自家製の醤油漬けのいくらのイクラ丼だと聞き、少なめでお願いしました。美味しそうでしょ。

f:id:afromanjaro:20190323205112j:plain

いくら丼

イクラ丼はお酒と良く合うんですよね。イクラ丼〜お酒〜イクラ丼と交互に頂きます。

f:id:afromanjaro:20190323205113j:plain

田酒といくら丼

刻み海苔とわさびが最高でした。食べて良かった〜最高です。

f:id:afromanjaro:20190323205114j:plain

う、美味すぎる

飲み終わって

とても楽しい美味しい料理でした。また是非寄りたいおみせです。ご馳走様でした。

その他 

◯おトイレ

お店の入口左手にあります。綺麗にされています。

◯お店情報

店名 活魚海鮮料理 よし庵
住所 北海道函館市亀田町17-22
電話番号 0138-42-7611
定休日 月曜日
営業時間 17:00~23:00(最近は少し早いみたいです)
備考 全面喫煙可

カメラ

★ダブルレンズキットのEF-M22mm F2 STM(単焦点)は神レンズです。テーブルフォトでは自身の影が入りやすいですが最高のレンズです。影を嫌う方はEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMも良いですよ。この記事は22mmで撮っています。ダブルレンズキットをオススメします。

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M100 ダブルレンズキット ブラック EOSM100BK-WLK

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告