八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【洗足池】昔食べてた街中華のお店が今も美味しかった話@中華料理 龍(RON)初掲載

広告

f:id:afromanjaro:20180917213552j:plain

ニラ玉子定食

昨日の洗足池駅のBlogの続きです。

 

 

目的は洗足池駅商店街でランチをとることでした。住んでいた時によく利用したお店に立ち寄りました。

そこの調理師とホール係の女性に対する記憶は鮮明にあり、はたして同じ人物か心配しましたが、お二人とも見覚えのあるご尊顔でした。

そのお店の店名は「中華料理 龍(RON)」さんです。

場所は洗足池商店街を5分ほど中に進んだ右手にあります。小さな町の中華料理店です。たしか系列店がお隣の長原駅の方にあったと思いますが、今も営業しているのか確認していません。どういう訳かこちらのお店では玉子がついた料理ばかり食べていた記憶があり、この日もそんなメニューを食べてきました。最後までお付き合いをお願いします。

 

目次

 

お店の雰囲気

◯ご覧の様に普通の町の中華料理店です

店頭にお惣菜類、出前もやってます。ランチ時でしたのでほぼ満席でした。辛うじてカウンターの残り一席に座れました。

店内を見渡すと近隣のリーマンやブルーカラーの方々、お店は以前とほとんど変わっていませんでした。調理担当の男性とホール係のシャキシャキと動きの良い女性は覚えがあります。以前と同じ方々だと思います。懐かしいです。

f:id:afromanjaro:20180924150755j:plain

商店街の普通の中華屋さん

ランチ 

以前は玉子の料理が好きで良く注文していたのを思い出しました。

f:id:afromanjaro:20180917213550j:plain

じっくりメニューを吟味します
◯ニラ玉子定食 880円

待つことしばし。メインのニラ玉炒めから出来てきました。玉子が何か変な形をしています。街の中華店の域ではないような趣の一品です。このお店はこんな感じだったんです。思い出しました。味は勿論、見た目も美味しいんでした。味付けはシンプルでニラとモヤシのシャッキシャキ感が美味しく、玉子のふっくらしか感じは楽しい。

f:id:afromanjaro:20180917213555j:plain

最初にメインディッシュ

ご飯は普通盛り。ちょっと多かったです。硬さは丁度良く、おかずに合います。

f:id:afromanjaro:20180917213553j:plain

ライス(普通盛り)

スープは醤油ダレをスープで割り、刻みネギを散らしたもの。インスタントではありません。

f:id:afromanjaro:20180917213554j:plain

スープ
◯食べ終わって

懐かしさが加味されて、特に美味く思いました。シンプルな料理も、手の掛かった料理も美味しいお店だったと思います。街中華ですが大まかな作り方をしていない点が気に入っています。ちゃんとボールに材料を小分けして、適量の素材に対して、適量でシンプルな調理をしている点は昔のままでした。書いている間にまた食べたく鳴ってきました。次回機会があれば、カニ玉や肉玉が食べたいですね。そして、自由が丘へ繰り出してお散歩。いや、池上本門寺も散策してもいいですね。ゆっくり計画したいと思います。

本日は最後までお付き合い頂き有難う御座いました。

 

その他

駐車場

駐車場はありませんが、近所にコインパークがあります。 

おトイレ

申し訳ありませんが、利用しませんでしたので不明です。

お店情報

店名 中華料理 龍(RON)
住所 東京都大田区上池台2-37-5
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間 水~土 11:30~14:30、17:00~24:00
     月・日・祝 11:30~21:00
備考 駐車場なし・喫煙可

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告