八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【函館】大森浜をぶらり August 2018

広告

IMG_1994Canon EOSM100 EF-M22mmF2STM 

お盆に帰省していました。実家から徒歩で30分の大森浜。ここには啄木小公園があり、ブロンズの石川啄木が鎮座しています。規模は小さいが観光客が立ち寄る公園です。

帰省中はすっきりしない空が多くて、この日も曇り空。津軽海峡は遠くが霞んでいます。この浜は遊泳禁止です。浅いのは少しだけで急にズドンと深くなります。

 夜にはイカ釣り漁船の漁火が見えて綺麗ですが、撮りに行けるタイミングはいつも雨でした。

EKD_3914Nikon D850 +  Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2

 

啄木は21歳の年の明治40年5月5日から9月13日のたった132日間を函館で過ごしました。このブロンズ像には 「潮かほる北の浜辺の 砂山のかの浜薔薇(はまなす)よ 今年も咲けるや」と歌が刻まれています。この浜の近くに砂山があったんです。

EKD_3918Nikon D850 +  Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 

 

 

函館山から見ると、左側の海岸線がそれです。

EKD_4164Nikon D850 +  Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2

当時の函館は東京以北では最も人口の多い近代都市だったのです。信じられませんが。

今日はこの辺で。最後までご覧いただき有難う御座いました。しばらく函館編が続きます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告