八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル(現在仙台市で活動中)  

【仙台・勾当台公園】ホッキ飯と言う絶品の漁師めしを頂きました。旨すぎる@旬魚・鮨の店 あら浜 仙台店 初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20200224114337j:plain

ほっき飯

この日は退職の挨拶と後任の紹介に宮城県名取の取引先に居りました。

ランチは車に40分乗り、着いたお店は「旬魚・鮨の店 あら浜 亘理店」でした。このお店は「はらこ飯」や「かきせいろ」で有名なお店です。取引先は張りこんでくれたみたいで豪華なかきせいろのコースをご馳走になりました。

そして夜、翌日の新居の契約の為に来仙した妻と合流しての夕飯です。ランチはとても美味しかった話をすると妻が興味を示すので仙台店を訪ねました。美味しいものを食べると家人にも食べて欲しいといつも思うのです。

今日のお店は「旬魚・鮨の店 あら浜 仙台店」さんです。

わたくし、あら浜のダブルヘッダーです。妻は牡蠣を食べられないんですが、どうして行ったのか今更ながら思い出せませんが、仙台店もとても美味しかったので紹介したいと思います。最後までおつき合い下さい。
 

目次

お店の雰囲気

◯本町一丁目のお店

▼場所は本町一丁目。定善寺通りの南、国道45号線沿いにあります。新居の最寄り駅から仙台駅方面へのんびり歩いている途中で見つけました。

f:id:afromanjaro:20200224115245j:plain

美味しそうな感じのする店頭の印象

▼亘理店と比べるとこじんまりしているので見落としそうでした。

f:id:afromanjaro:20200224115227j:plain
f:id:afromanjaro:20200224115214j:plain
亘理の仙台支店の様です

▼店頭の看板です。これだけで垂涎ものですよね。

f:id:afromanjaro:20200224115157j:plain

店頭表示のメニューに惹かれました

注文したお食事

◯生ビールで乾杯 550円

▼生ビールで乾杯です。銘柄は苦手なスーパードライですが、この日は美味かった。取引先が語った思い出話が嬉しかったからでしょう。

f:id:afromanjaro:20200224115016j:plain

生ビールで乾杯
◯お通しはタラの蕪蒸し

▼これがお通しです。びっくりですよね。蕪蒸しがお通しだなんてね。

f:id:afromanjaro:20200224115030j:plain

タラの蕪蒸しのお通し
◯ふぐの唐揚げ 780円

▼妻が所望したふぐの唐揚げです。妻の味の記憶では以前食べたふぐの唐揚げが絶品だったそうで、メニューにふぐの唐揚げを見つけると即注文していました。淡白なふぐがどうやったら、こんなにふくよかな味になるのでしょう。プロの技ですね。

f:id:afromanjaro:20200224114850j:plain

ふぐの唐揚げ
◯妻の漁師丼(貝抜き) 2,600円

▼妻は牡蠣も北寄貝も駄目なので漁師丼を注文しました。而も貝抜きの特別仕様です。あら浜に来て貝抜きですからね。何を食べに来たのでしょうかね〜しかし、凄い盛込みのどんぶりです。盛りが凄すぎてネタが垂れています。美味しそうに頂いてましたが、確か雲丹も厚めのマグロも苦手な筈ですが……後でキラーパスが私に届きましたよ。

f:id:afromanjaro:20200224114736j:plain

漁師丼(貝抜き)

▼セットのサラダ・小鉢・浅利のお味噌汁が付きます。サラダのドレッシングは新玉ねぎと金柑です。真ん中のはおかかと、写真は切れていますが自家製の柴漬け。最後はあさりの味噌汁です。このお味噌汁が美味しい。お吸い物みたいで味が深くて美味いです。

f:id:afromanjaro:20200224114933j:plain
f:id:afromanjaro:20200224114917j:plain
f:id:afromanjaro:20200224114725j:plain
セットのサラダ・小鉢・浅利のお味噌汁
◯宮寒梅純米大吟醸 1,000円

▼こころに春をよぶお酒です。ガラス張りの冷蔵庫の前面に並んだ宮寒梅の純米大吟醸です。一升瓶は撮りそこねましたが、香り豊かなお酒は美味しかった。

f:id:afromanjaro:20200224114712j:plain

宮寒梅純米大吟醸
◯牡蠣の松前焼 850円

▼牡蠣の松前焼です。松前産の昆布で牡蠣を焼くと素晴らしい料理法です。これは以前京都の牡蠣料理のお店で食べた記憶があり、実に25年ぶりに頂きました。京都で食べた牡蠣は広島産でしたが、あら浜は当然松島産なのでしょう。昆布の旨味が移って美味しいです。

f:id:afromanjaro:20200224114626j:plain

牡蠣の松前焼
◯蒼天伝特別純米酒 1,000円

▼気仙沼のお酒です。これも精米度45%、吟醸香が素晴らしい。和食には日本酒ですね。

f:id:afromanjaro:20200224114538j:plain

f:id:afromanjaro:20200224114557j:plain

蒼天伝特別純米酒
◯ホッキのバター焼    980円

▼ホッキ飯を食べるにはお腹に余裕が無さそうなので、ホッキのバター焼を注文しました。もう最高です。ホッキ貝とバターは良く合いますね〜濃さが増して美味いです。

f:id:afromanjaro:20200224114519j:plain

ホッキのバター焼
◯ホッキ飯 1,600円 

▼とかなんとか言っておきながら、やっぱりホッキ飯を注文。しかもハーフサイズではなく普通サイズ。食べられるの?と妻に責められながらも頑張っていただきます。食い意地だけです。

f:id:afromanjaro:20200224114417j:plain

ホッキ飯

▼綺麗な盛込みです。真ん中のは絹さやの刻んだものです。

f:id:afromanjaro:20200224114358j:plain

絹さやのきざみが綺麗

▼元来貝好きですが、これはイケませす。本当に美味いです。これはリピーターになりますよ。

f:id:afromanjaro:20200224114316j:plain

本当に美味しいホッキ飯

食べ終わって

あら浜のダブルヘッダーは流石にやり過ぎました。痛風にならない様に気をつけなければなりませんね。でも、本当に美味しいです。たまには良いですよね。今度は季節を改めて、違う丼を頂きたいです。ご馳走さまでした。 

その他 

おトイレ

トイレは未使用です。レポ出来ません。

お店情報

店名 旬魚・鮨の店 あら浜 仙台店
住所 〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-10-15 斉藤ビル1F
電話番号 022-263-0840
定休日 水曜日、年末年始(水曜日が祝日の場合は翌日が定休日となります。)
              ※月に2回ほど不定休あり
営業時間 【ランチ】11:30~14:00
                  【ディナー】17:00~21:00(L.O.20:30)夜営業には予約をお勧めします。
備考 HP  宮城、仙台市にある鮨「旬魚・鮨の店 あら浜 仙台店」


 

カメラ

★28mm F2.8と言う明るい単焦点レンズのカメラですが、クロップで35mmと50mmで撮ることが出来ます。テーブルフォトでは綺麗に撮れます。オススメです。

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
リコー (2019-03-15)
売り上げランキング: 9,417
 
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告