八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【八千代台】昔の札幌味噌ラーメンを進化させた旨い味噌ラーメン@ラーメン パンケ 初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20190205204952j:plain

みそらーめん

隣町で比較的有名なラーメン店(本店)に行って来ました。正確には2度目ですが、1度目は随分前の宴会流れでしたので、ほぼ記憶していないので初訪問とします。

今日のお店は「 ラーメン パンケ んです。

八千代市の本店。我が町、習志野市にも支店がありますが、その京成大久保店は暖簾分けの様です。

私が千葉県に棲みついて初めて店名を聞いた時の印象はアイヌ語「パンケ」を付けたお店があると言うモノです。北海道の阿寒湖の側に「ペンケ・トウ&パンケ・トウ」と言う湖があります。当然、そこから頂いた店名なのでしょうけれど、ンケ・トウ=上の湖、ンケ・トウ=下の湖です。故に「上の意味のンケの方が良くね〜?」と思った次第です。それだけですが、今回実際に食べてみて美味しい味噌ラーメンでした。

味噌ラーメンと言えば、最近では「船堀の大島の味噌ラーメン」が一番人気ですが、昔ながらの札幌の味噌ラーメンを継承するパンケさんも中々美味しかったです。最後までおつきあい下さい。 

 

目次

お店の雰囲気

◯サッポロ西山ラーメンの暖簾が眩しい

ラーメンブロガーロッキーさんのBlogによると創業は1976年。単純計算で43年です。マジですか。

赤い大きな暖簾は西山製麺からのモノでしょう。西山製麺の商号は「サツポロ西山ラーメン」です。サッポロのラーメン文化を支えたブランド麺で、加水率高めの極太縮れ麺が有名です。

f:id:afromanjaro:20190205205000j:plain

大きな赤い暖簾が目立ちます

さて、パンケの店主は北海道で修行(起業かも)し千葉に移って来たらしい。納得ですね。しかし、以前の札幌の味噌ラーメンはあまり美味しくなかった記憶があります。千葉の地で長く営業しているのですから、きっとアレンジや進化を遂げた味噌ラーメンが食べられるのだろうと期待して暖簾を潜りました。

f:id:afromanjaro:20190205204935j:plain
f:id:afromanjaro:20190205204936j:plain
暖簾ばっかり載せておきます
◯女優の岩崎ひろみの情報がたくさん

こちらは女優の岩崎ひろみさんのご実家でした。店内には写真や記事が沢山貼り出されていました。それらはきっちり綺麗に纏めてありました。誇らしい気持ちが溢れていました。

f:id:afromanjaro:20190205204941j:plain
f:id:afromanjaro:20190205204939j:plain
岩崎ひろみさんが沢山貼り出してあります
◯テーブルは綺麗

この晩の調理担当(店番)はお母さんお一人。この日は閉店まで一人だそうです。お店は古いですが綺麗でした。

f:id:afromanjaro:20190205204938j:plain

テーブルセットも綺麗
◯おしぼりとお冷

カウンター越しに出されたお冷とおしぼりです。最近はペーパーのおしぼりが多いですが、こちらはこれでした。顔を拭きたくなりますね。 

f:id:afromanjaro:20190205204937j:plain

お冷とおしぼり

実食

◯ビール  550円

ビールはサッポロ黒ラベルでした。やはり北海道に拘っている感じですね。そして、サービスのアテが2つ出てきました。

f:id:afromanjaro:20190205204942j:plain

瓶ビールにはアテ付き
◯メンマと奴  サービス

冷蔵庫からゴソゴソ出して何をやっていると思ったら、冷奴とメンマが出て来ました。嬉しいですね。アテを頂きながら、ゆっくり黒ラベルを楽しみました。有難う御座います。

f:id:afromanjaro:20190205204945j:plain
f:id:afromanjaro:20190205204946j:plain
メンマもお豆腐も最高のアテ
◯ぎょうざ 450円

アテで喜びながら言うのも何ですが「ぎょうざ450円」って高くないすか?って、思っていたら餃子が焼き上がりました。平べったく厚さの薄い餃子が6個です。手作り感満載です。

f:id:afromanjaro:20190205204947j:plain

ぎょうざ

酢ラー油で頂きます。カリッと焼き色が付き、餡は野菜が中心で美味しい餃子でした。でも高いと思います。

f:id:afromanjaro:20190205204949j:plain
f:id:afromanjaro:20190205204948j:plain
お酢と辣油で頂きました
◯みそ 850円

ビールと餃子を堪能して声を掛けると、おかあさんはラーメンの調理を開始しました。湯気は麺茹での湯気です。オープンキッチンなので調理風景を見ていると、中華鍋で具材をしっかり炒めて、丼で味噌ダレと豚骨系のスープをハンドミキサーで合わせます。そこに麺と投入、中華鍋の具材を載せて出来上がりです。北海道では中華鍋で味噌ダレもスープも合わせますが、この辺は独自路線なのでしょう。

f:id:afromanjaro:20190205204951j:plain

麺が茹で上がりました

刻み葱が最後にのった美味しそうな味噌ラーメンができあがりました。

f:id:afromanjaro:20190205204953j:plain

完成した味噌ラーメン

コーンがたっぷり盛られています。これぞサッポロ、久し振りです。

f:id:afromanjaro:20190205204955j:plain

コーンがたっぷり

じっくり炒めてしんなりした野菜は、モヤシとキャベツ、キクラゲ、少しの豚肉に若干の化調の味。チャーシューが入っていませんね。京成大久保店では入っていた様な気がします。

f:id:afromanjaro:20190205204954j:plain

野菜はもやしとキャベツ

味噌のスープ。ラードギタギタの味噌ラーメンが北海道の定番でしたが、クドくなくスッキリした美味しいスープでした。これは美味しい。コショウもいい仕事をしています。

f:id:afromanjaro:20190205204957j:plain

白濁した味噌スープ
◯お冷と麦茶

途中でお冷が差し替えられて、麦茶も出てきました。有難いです。

f:id:afromanjaro:20190205204956j:plain

お冷と麦茶

熱々を頂くと途中で大きなキクラゲが出てきて嬉しくなりました。

f:id:afromanjaro:20190205204958j:plain

きくらげが美味しそう

加水率高めの極太麺かと思ったら、意外に中太くらいの太さで縮れも少ない。でもモチモチ感もスープの吸上げも良く、このスープにあってるみたい。旨いです。

f:id:afromanjaro:20190205204959j:plain

麺は札幌の西山製麺

食べ終わって

2005年のデータでしたが壁に貼っているを撮らせて頂きました。味噌の塩分は⒎4gです。1日の目安5gを軽く超えていますね。ラーメンは危険だ! ご馳走さまでした。

f:id:afromanjaro:20190205204950j:plain

みそらーめんの塩分に!(◎_◎;)

その他 

おトイレ

古いですが綺麗にされていました。

お店情報

店名  ラーメンパンケ
住所 〒276-0031 千葉県八千代市八千代台北1-9-3
電話番号  047-483-6436
営業時間 金・土11:30〜翌2:00 平日・日・祝11:30〜翌1:00
定休日  無休
備考 喫煙可・駐車場無し

 

www.bgg-eikokudo.net

  

★ダブルレンズキットのEF-M22mm F2 STM(単焦点)は神レンズです。テーブルフォトでは自身の影が入りやすいですが最高のレンズです。影を嫌う方はEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMも良いですよ。この記事はズームで撮っています。ダブルレンズキットをオススメします。

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M100 ダブルレンズキット ブラック EOSM100BK-WLK

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告