八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【大門・浜松町】一見の価値あり。徳川将軍家墓所<徳川家霊廟> January 2019

広告

EKD_3768 Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

今日のBlogは増上寺です。3日前のBlogの続きです。

東京タワーに行ったら、大概増上寺を見学しますよね。iPhoneの予測変換で「増上寺」と入力すると「東京タワー」と出てくる筈です。

この日は増上寺と裏手にある徳川商群家墓所公開を観てきました。以前は期間を定めた特別公開でしたが、今はほぼ常時公開の様です。因みにわたくし、東京タワーには登った事がありません。

さて、早朝ですので空いていましたが、やはりアジアの方々が多めでした。今は春節ですから凄く賑わっているでしょうね。

Blogは写真多めです。最後までお付き合いをお願いします。

 

浄土宗大本山増上寺

増上寺についてメモ程度に少し書いておきます。

増上寺は明徳四年(1393年)、浄土宗第八祖酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人によって開かれました。徳川家との関わりのはじめは、安土桃山時代徳川家康が徳川家の菩提寺として増上寺を選んだ事に始まります。家康はその時の住職源誉存応(げんよぞんのう)上人に帰依したためです。

慶長三年(1598年)には、この芝に移転。明治には二度の大火で本殿が焼失、大正から復興を目指しますが、昭和の戦火によりまた焼失します。

昭和49年に大殿が完成し、平成元年に開山堂、平成13年に光摂殿、平成21年に圓光大師堂、平成22年に新安国殿が再建されています。一方で焼失をまぬがれた正面の三解脱門や黒門などの古くからの建造物があります。

 

三解脱門

三つの煩悩「貪欲(とんよく)・瞋恚(しんに)・愚痴(ぐち)」の三悪を解脱する悟りの境地を表しています。

EKD_3675

Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

私もこれを潜れば何とかなるかしら。

EKD_3680Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

大殿からの三解脱門です。

EKD_3776Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

大殿

EKD_3768 Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

大梵鐘

東日本で最大級の大梵鐘です。

EKD_3831 Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032   

www.zojoji.or.jp

 

徳川将軍家墓所<徳川家霊廟>

以前は「特別公開」と書いてあった様な気がしますが、常時公開も有難いです。

EKD_3761 Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

戦災で焼けた6代将軍徳川家宣の墓である文昭院殿霊廟の宝塔前「中門」だったもので、「鋳抜門」と呼ばれ旧国宝です。戦後に家宣らの墓を改葬した際に持ってこられました。青銅製です。

EKD_3753

Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032  

霊廟入り口に6つの葵の御紋が目を引きます。近づいて見る人が意外に少ない。

EKD_3699 Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032  

入場券を購入して霊廟内から鋳抜門を観ます。立派ですね。

EKD_3700Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032  

霊廟内です。広いです。

EKD_3703 Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032   

御霊屋には二代家忠公・六代家宣公・七代家継公・九代家重公・十二代家慶公・十二代家茂公のほか、皇女静寛院和宮・合祀塔には徳川綱重や正室・側室多数の子女が埋葬されています。

戦災で焼失した旧徳川家霊廟は、現在の大殿左右に並ぶ壮麗なものだったと御霊屋内の地図にも書かれていました。昭和33年に発掘された土葬の遺体は、東京・桐ヶ谷にて荼毘にふされ現在の墓所に改葬され、現在の形になっているそうです。

 

御霊屋内は厳粛な雰囲気です。

EKD_3735 Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032    

秀忠公は家康の第3子、二代将軍ですが、18年間将軍として君臨し54歳で逝去しました。
秀忠公の宝塔にはお江の方の表示があります。台徳院殿廟奥院に杷られた宝塔は、とても豪華で当時の芸術の粋を尽くしたものでしたが、木造だったため戦災で焼失し、正室江与殿のものを使用しているそうです。石塔で、当たり前ですがとても古びております。

EKD_3708 Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032   

霊廟内には椿が。もうすぐ春ですね。

EKD_3729 Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032    

 

ちなみに入場料は500円です。ちょっと高いですが、明治時代の増上寺の全景図と、昭和の焼失前の霊廟(霊屋)の写真が頂けます。もう2セット持っています。

T-5060212

 

台徳院霊廟惣門

増上寺の隣にある台徳院霊廟惣門(プリンスの敷地内)は重要文化財です。此処は人が居なくて気持ちが良いです。

EKD_3843Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

EKD_3542Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

EKD_3543Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

EKD_3546Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

EKD_3846Nikon D850 + Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Model A032 

今日はこの辺で。弊blogをお訪ね頂き有難う御座いました。 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告