八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【台湾・九份】夜の台湾九份を歩く(その2) September 2019 

広告

EKD_5630-Edit Nikon Z 7 + NIKKOR Z 50mm f1.8 S

台湾 九份 (その1)の続きです。 

www.bgg-eikokudo.net 
お茶のお店で陽が暮れるを待ってから、行動を起こしました。ライトアップした街並みは、中国での夜景や夜の街並み撮りで見慣れていますので、少し新鮮味がありませんでしたが、その1で諦めていた、映画『悲情城市』(侯孝賢監督)のロケ地の雰囲気を少しだけ垣間見た気がしました。静かな夜の路地が印象深かったです。最後までお読み頂ければ嬉しいです。  

目次

九份について

台湾 九份

その昔、九份は台湾の一寒村に過ぎなかったが、19世紀末に金の採掘が開始されたことに伴い徐々に町が発展し、日本統治時代に藤田組によりその最盛期を迎えた。九份の街並みは、日本統治時代の面影を色濃くとどめており、路地や石段は当時に造られたものであり、酒家(料理店)などの建物が多数残されている。
しかし、第二次世界大戦後に金の採掘量が減り、1971年に金鉱が閉山されてから町は急速に衰退し、一時人々から忘れ去られた存在となっていた。

観光地化

1989年、それまでタブー視されてきた二・二八事件を正面から取り上げ、台湾で空前のヒットとなった映画『悲情城市』(侯孝賢監督)のロケ地となったことにより、再び脚光を浴びるようになる。映画を通じて、時間が止まったようなノスタルジックな風景に魅せられた若者を中心に多くの人々が訪れ、メディアにも取り上げられるなど、台湾では1990年代初頭に九份ブームが起こった。
ブームを受け、町おこしとして観光化に取り組んだ結果、現在では街路(基山街など)に「悲情城市」の名前を付けたレトロ調で洒落た喫茶店や茶藝館(ちゃげいかん)、みやげ物屋などが建ち並び、週末には台北などから訪れる多くの人々で賑わっている。また、世界の旅行ガイドブック(台北付近)にも多数紹介されており、今では台湾を代表する観光地のひとつとして定着している。

宮崎駿のアニメ映画『千と千尋の神隠し』のモデルになったという噂もあり、日本の観光客への知名度が高まったほかに台湾でも知られ、「神隠少女 湯婆婆的湯屋」の看板がモデルとされる茶屋のそばに掲げられている。一方、スタジオジブリや宮崎により、これは公式に否定されている。

出典元:Wikipediaから抜粋  

九份のストリート

▼陽が落ちた街並みは金鉱時代を想像させますね。灯が程よく暗めなのが良いのです。明る過ぎず、暗すぎずです。

EKD_5640-EditNikon Z 7 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

▼私もですが、日本人多しです。大半がバスツアーですが、この街に宿泊する人も多いみたいです。

EKD_5642-Edit

▼悲情城市らしい写真を撮りたくて…。いい夜景を探しました。

EKD_5644-Edit

▼定番の景色(ちょっと高い位置が定番の様ですが、贅沢は言えません。日本人観光客の人数に驚きました)

EKD_5660-EditNikon Z 7 + NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

▼この街並みも好みです。

EKD_5664-EditNikon Z 7 + NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 

九份の広場 

EKD_5714-EditNikon Z 7 + NIKKOR Z 50mm f1.8 S

EKD_5682-EditNikon Z 7 + NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 

EKD_5690-Edit  

EKD_5694-Edit

EKD_5723-EditNikon Z 7 + NIKKOR Z 50mm f1.8 S

EKD_5725-Edit

 

九份街からの帰り道

▼帰り道の住宅街への路地が悲情城市ぽくて素敵でした。 

EKD_5735-Edit

EKD_5736-Edit

EKD_5740-Edit

EKD_5744-Edit

▼さよなら九份

EKD_5671-Edit Nikon Z 7 + NIKKOR Z 14-30mm f/4 S 

 

▼下山途中に元金鉱の街並みを。ちょっとブレてますがご容赦下さい。 

EKD_5759-EditNikon Z 7 + NIKKOR Z 50mm f1.8 S

今日はこの辺で。最後までお付き合い頂き有難う御座いました。

 

 

 Sub Blog 写真中心のブログです。宜しければご覧下さい。

photo.bgg-eikokudo.net

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告