八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【京成大久保】地元にネオ中華そばのお店が出来たので5回食べに行きました @拉麺 いさりび 京成大久保店 5回目

広告

f:id:afromanjaro:20190503180849j:plain

特製ネオ中華そば

地元 京成大久保駅前のお店を勝手に紹介する学園おおくぼ商店街シリーズ!☆  です。

JR船橋駅近くの「ネオ中華そば」のお店が、地元に支店(2号店)を出しました。2018年12月のことです。隣接した船橋市と習志野市、こんな近くに支店を出したので正直に言って驚きましたが、ラーメン激戦区の京成大久保商店街に、新たにラーメン店が加わる事を素直に喜びました。

しばらくは様子見をしていたのですが、延べ5回ほど食べましたので、Blogに書きたいと思います。

今日のお店は「拉麺 いさりび 京成大久保店」さんです。

昔なつかし、ネオ中華そばのコンセプトをそのまま、学生街の京成大久保に持ってきた様です。味はほぼ同じ、少しだけ醤油ダレや香味油でチューンナップしている感じがしますが、船橋店と食べ比べる訳にもいきませんので、私の堕舌では同じに感じました。とても大きな箱のお店です。最後までお付き合い願います。 

 

目次

お店の雰囲気

大きなお店です

▼地元ですから良く知っているのですが、この場所は画材など豊富の取り揃えた文房具やさん、その後はドコモショップ、そして、このいさりびに変わりました。元が元だけに大きなお店です。綺麗なお店ですが、少し不満があるのは、いつも暖簾が出ている点です。これは船橋店も同じですが、営業中か否かが分かり難いです。実は2度振られました。

f:id:afromanjaro:20190503180856j:plain

京成大久保にも進出した「いさりび」

f:id:afromanjaro:20190503180917j:plain

常時暖簾が出ています

▼完売機は外です。これも船橋店と同じです。船橋店と異なり、広い店舗なので中に置くことも出来ると思いますが、店内でワサワサされるのは慌ただしいですから嫌ったのかもしれません。

f:id:afromanjaro:20190503180916j:plain

券売機は暖簾の中で、入り口の外

▼券売機です。表示は大きいが文字が小さめで、ちょっと老眼にはキツくて、メガネを掛けないと読めません。写真入りは分かりやすくて良いですね。

f:id:afromanjaro:20190503180858j:plain

開店当時の写真だから、今は進化しているかもしれません

▼厨房にお二人、ホール係はお一人体制です。経費節減・省力化は止む得ませんが、広い店舗面積とセルフのお水システムに少々違和感を感じました。コップと水差しをテーブルに置けば良いんじゃないかと思います。お店、広いですからね。

f:id:afromanjaro:20190503180840j:plain
f:id:afromanjaro:20190503180846j:plain
お水はセルフで、丼はそのまま

お食事 

▼席につくと、目の前のパウチした薀蓄が置いてありました。左にバランス系のラーメンの説明等々、真ん中に味変の云々、右側はオススメの食べ方等々です。この辺りは情報を求めるBloggerには有り難いです。

f:id:afromanjaro:20190503180823j:plain

ネオ中華そばの薀蓄を書いたカード

▼拡大してみました。スープ、麺、トッピングの全ての説明が載っています。スープの温度と、素材の関係まで書いてあるなんて凄いです。

f:id:afromanjaro:20190503180824j:plain

中華そばの部分だけ拡大
卓上の調味料類

▼餃子などがありますので調味料が多いのでしょう。辣油やゆず胡椒などの様です。

f:id:afromanjaro:20190503180822j:plain

卓上の調味料類にも拘りがある
つけ麺と餃子などなど

▼順不同になりますが、メインの中華そば以外のメニューも頂きました。つけ麺、餃子、ビールにチャーシュー丼です。どれも空きのない味で美味しいです。

f:id:afromanjaro:20190503180907j:plain
f:id:afromanjaro:20190503180910j:plain
つけ麺も、餃子も食べました
f:id:afromanjaro:20190503180901j:plain
f:id:afromanjaro:20190503180902j:plain
ビールもチャーシュー丼も頂きました
特製ネオ中華そば 900円

▼さて、メインのネオ中華そばです。どんぶりの色、ラーメンやトッピングの並びなど、随分考えられた一杯だと思います。綺麗なラーメンです。加水率が少々低めで茹で時間が短いのか、提供まで意外にスピーディです。見込み茹でしている様には見えませんでした。

トッピングは薀蓄に書いてありましたが、今一度書き出します。味玉は奥久慈卵、豚チャーシューは低温調理で三元豚黄金育ち(???)、ナルトは老舗の堀川(堀川のナルトで良いと思う)、海苔は船橋産(三番瀬?)、麺は浅草開化楼謹製、醤油は鹿児島サクラカネヨ醤油、メンマは自家製で手裂きです。

f:id:afromanjaro:20190503180826j:plain

特製ネオ中華そば

▼上等な素材を惜しみもなく使ったネオ中華そばです。因みに「ネオ中華そば」がデフォルトで、これが特製ラーメンの位置づけ。つまり、質素で単なるラーメン(メンマとナルト、チャーシュー一枚)的な位置づけのメニューは無いのです。店主の自信が表れていますね。そのかわり、お値段が900円と強気の値付けです。特製ラーメンが900円や1,000円するのは普通ですが、基本が特製だとはチラ見では理解されないのではと思います。現に妻は高~~い!と言っていました。更に、確か船橋店は800円だった様な気がしますが、記憶が曖昧です。

f:id:afromanjaro:20190503180827j:plain
f:id:afromanjaro:20190503180828j:plain
ナルト、低温チャーシュー、海苔、味玉、メンマのトッピング

▼バランス系と自ら呼ぶ、このスープは滋味深いと言うよりは、上等高級なスープを味わっている様に感じます。洋風の本物のコンソメスープの様な、中華の脂分の少ない清湯スープの様な、和食の昆布出汁と鰹節に椎茸などの出汁のお吸い物の様な感じです。当然、無化調です。こんなに美味しいのに、卓上の味変調味料は要らない気がします。

f:id:afromanjaro:20190503180833j:plain

醤油系の出汁が美味しい

▼麺は浅草開化楼の中細麺。麺の量は少なめ?130g位かなぁ。スープの絡みが良く、多少モチモチ感があります、加水率が低めに感じたのは私の間違いかもしれませんね。

f:id:afromanjaro:20190503180834j:plain

開化楼の謹製の麺

▼柵切のネギは嫌いではありませんが、青い部分が、この上品なスープに若干合わない様な気がするは私だけでしょうか。申し訳ないですが、毎度残してしまいます。

f:id:afromanjaro:20190503180837j:plain

柵切のネギがたっぷり入っている
食べ終わって 

無化調の上品な美味しい中華そばでした。ただ、上品な味は分かり難い。何度も何度も食べたいと思うかと言うと、実際はそうでもない気がします。京成大久保は学生街です。若い人達にもう少し迎合した旨味たっぷりの中華そばのメニューが一品あっても良いかなぁと思ってしまいます。現に商店街では、ニンニクや生姜味たっぷりのコッテリ系のお店、爆食ワイルド系のお店、おじやが付くボリューム系の創作ラーメン店、そしてラーメン二郎が流行っています。安価で、ボリューミーで、満腹感を得られるラーメンが人気があります。もちろん、私の様なGIGIクラスも多いですから、嬉しい存在ですが、是非とも長く頑張ってほしいお店です。

 

お店情報

店名 拉麺 いさりび 京成大久保店
住所 〒275-0011 千葉県習志野市大久保3-11-24
電話 047-411-9965
営業時間 11:00~15:00/17:00~21:00
定休日 月曜日
備考 禁煙・駐車場無し トイレは綺麗です

 

カメラ

★28mm F2.8と言う明るい単焦点レンズのカメラですが、クロップで35mmと50mmで撮ることが出来ます。テーブルフォトでは綺麗に撮れます。オススメです。

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
リコー (2019-03-15)
売り上げランキング: 9,417

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告