八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【函館】谷地頭のそば処 満る大の挽きくるみ蕎麦は美味いし大盛り@そば処 満る大 初掲載

広告

f:id:afromanjaro:20180513065215j:plain

そば挽きくるみざるそば

函館の美味しいお蕎麦屋さんをもう一軒、紹介します。

またか!と言われると思いますが、ここも父が好きで通っていたお店です。母と良く食べに行ってたそうです。私とは記憶にないですね。

こちらも大正時代創業で100年近く続くお蕎麦屋さんです。函館市電の終点のひとつ谷地頭電停の少し先にあります。なんでもブラタモリのご一行が立ち寄ったらしいですが、わたしは観ていません。

今日のお店は「そば処 満る大」さんです。

まるだいと読みます。函館は古いお蕎麦屋さんが多いですね。こちらも宝来町付近で創業して大正大火(大正時代の函館大火。函館は10回以上の大火が発生しているんです)で焼け出されて、この谷地頭にお店を移したそうです。また、蕎麦ネタですが最後までおつき合いをお願いします。

 

目次

お店の雰囲気

◯コンクリート打ちっ放しの様なモダンなお店

綺麗なお店でした。リニューアルしたのかな。若い頃の記憶は当てになりません。弟の話では昔からこのままだそうです。

f:id:afromanjaro:20180513065234j:plain

お店の入り口です。中は風除室になっています。

お食事

GW中でした電話確認をすると普通に営業していました。先に書いてしまいますが、電話対応を含めて素晴らしい接客でした。

◯母は蕎麦挽きくるみもりそば   650円

母はこちらの挽きくるみが美味しいともりそばを注文。しかし、凄い量が出てきました。一般的に函館市内のお蕎麦屋さんは盛りが多い。忘れていたそうです。

f:id:afromanjaro:20180513065226j:plain

そば挽きくるみもりそば

挽きくるみの濃い色のやや太めのお蕎麦が艶々して美味しそうですよ。流石人気店です。

f:id:afromanjaro:20180513065227j:plain

もりですが量があります

 

◯わたしは蕎麦挽きくるみのざるそば 750円

ほぼ母のもりそばと同じ量のざるそばです。海苔がのってざるそばだと分かるくらいの違いですね。

この蒸篭がゴザの様で面白いですね。手打ちの挽きくるみはその時その時の北海道の一番良い蕎麦粉を選んでいるそうです。方や機械打ちの蕎麦は江丹別産を使用しています。挽きぐるみは黒っぽい手打ち、もう一つ白い更科の手打ちもあります。メニューには週末・祝日限定、十割の生粉打ちもあると書いてありました。

f:id:afromanjaro:20180513065214j:plain

そば挽きくるみざるそば

艶が綺麗でとても美味しそうですね。食べ応えがありそうです。

f:id:afromanjaro:20180513065225j:plain

みずみずしくて美味しそう

では、うん。のど越しが良くて美味しいです。汁もバランスがよく美味しいです。

f:id:afromanjaro:20180513065228j:plain

そば汁は濃くやや甘めでバランスが良い

そして、母からキラーパス。だろうね!と思いましたが、息子はもうアラ還だからね。大変なのよ……。

f:id:afromanjaro:20180513065230j:plain

母からのキラーパス

蕎麦湯はなかなか。健康のためにも美味しくいただきました。

f:id:afromanjaro:20180513065231j:plain

蕎麦湯が美味い

食べ終わって

観光の方は居りませんでした。函館でお蕎麦を食べるなら、もう少しモダンなお店でたべるのかな。味は折り紙つきですよ。谷地頭電停まで足を伸ばしたら、タモリさんも食べたらしい手打ちそばは如何でしょうか。

次回は更科を頂こうと思います。ご馳走様でした。

その他(お店情報ほか)

◯お店情報

店名 そば処 満る大
住所  〒040-0046 北海道函館市谷地頭町34−5
電話 0138-22-5953
営業時間 11時30分~16時00分, 17時00分~19時00分
定休日 月曜日
駐車場 お店の両サイドと向かい側にあります
備考 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告