八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【安房天津】千光山 清澄寺(せいちょうじ)February 2018

広告

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

毎度のことですが、梅雨の時期にユリを撮りたいのでロケハンのつもりで妻と出掛けました。千葉県鴨川は以前ゴルフをしていた頃は頻繁に訪ねていましたが、この10年間は行った記憶がありません。久しぶりの鴨川。でも目的地は上の写真の千光山 清澄寺です。鴨川からは10kmほど山奥です。カーナビの設定に従って向かったら、とんでもない山道や切り削った細い道路を案内されたヒヤヒヤしながら運転して行きました。幹線道路で行きましょうね。

京都で散々寺社は撮りましたが、この日はなんとなく写欲が低めで、一体全体どうしたんだと思いながら撮ってきましたきまし。最後までお付き合いをお願いします。

 

千光山 清澄寺

 清澄寺(せいちょうじ)は、千葉県鴨川市清澄にある日蓮宗の大本山です。山号は千光山。日蓮聖人が出家得度、および立教開宗した寺とされいて、久遠寺、池上本門寺、誕生時と合わせて日蓮宗四霊場と呼ばれています。

千葉県鴨川市 日蓮宗 大本山 清澄寺オフィシャルサイト

ウィキペディアから引用

 

早朝でしたので参拝客は少なくゆっくり見てきました。最初の写真が仁王門。立派な金剛力士像です。口を開けている阿像(那羅延金剛)は一切の法の最初を表し、左の口を閉じている吽像(密迹金剛)は一切の法の窮極を表しています。

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

大堂(本堂)を下から見上げます。

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

摩尼殿(まにでん)と称し、天和2年(1682)の完成。中央宮殿には曼荼羅御本尊が勧請され、その前に天瑞和尚作虚空蔵菩薩像を安置しています。この像は能満虚空蔵菩薩といい、日蓮聖人が願をかけた不思議法師作虚空蔵菩薩像を胎内に安置すると伝えられています。

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

鐘楼

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

祖師堂。こちらの前で長〜くお経を唱えている方がおりました。

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

中門

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

質素な中門ですが歴史的にはとても価値があるそうです。

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

大クスの根元にある石造りの印塔

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

大クス

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

千年杉です。全景は逆光で撮り難かったので部分的です。国の天然記念物。高さが約47メートル、幹周りは約15メートルあり、樹齢およそ800年といわれています。昭和29年に発生した台風により、並んで立っていたもう一本の大杉が倒れ、現在残っている大杉の南側の枝を落としてしまいました。

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

千光山 清澄寺

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

今日はこの辺で。って日蓮聖人像を撮り忘れると言う大失態を犯してしまいました(涙) 明日も清澄寺の記事です。是非お訪ね下さい。最後までお読みいただき有難うございました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告