八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【御徒町】気楽に心配しないで食べられる美味しいお寿司屋さん@御徒町駅前 寿司幸 2回目

広告

f:id:afromanjaro:20190814084955j:plain

お好み寿司

新海誠監督の映画「天気の子」を娘を誘って観に行きました。娘と一緒時は映画代の他にもショッピングと夕飯も同時に付いてしまいます。む〜と唸る様な高い映画になりますが、甘い父親ですから止む無しです。

互いの仕事終わりに待ち合わせをして、まずは腹ごしらえです。事前にお寿司希望と聞いていたので色々ググったのですが、回転すしではないのに「二貫縛り」のお店が多くて、結局安心価格でカウンターで一貫注文が可能なこちらのお店になりました。2回目の訪問です。 

今日のお店は「御徒町駅前 寿司幸」さんです。

ストリートスナップを撮りながら歩いたので、すでに行列が出来ていましたが、直ぐに入店できました。長めのカウンターには3名の板前さんが立っており、一番手前の目の前に二人で陣取りました。最後まで是非お付き合いをお願いします。

 

目次

お店の雰囲気

▼お店の外観を撮り損ねたので、前回の使い回しです。

f:id:afromanjaro:20181225204819j:plain

時には行列が出来ていることもあります

この日の食事

▼まずは飲み物から。生ビールと娘のコーラです。毎度の事ですが寿司にコーラです。

f:id:afromanjaro:20190814084732j:plain
f:id:afromanjaro:20190814084718j:plain
生ビールとコーラ

▼右隣のオジ様リーマンは接待の様で大声で盛り上がっていました。御徒町の寿司屋さんならば作法も常識も関係ないと言う感じです。それを気にせずに、まずはアテから注文。丁寧にこしらえてくれました。

f:id:afromanjaro:20190814084827j:plain
f:id:afromanjaro:20190814084814j:plain
イワシのお造りともずく酢

▼娘と一緒だと明らかに板前さんの様子も柔らかいです。貝好きの娘はガラスケースの中の貝を見つけてはどんどん注文していきます。全部サビ抜き。板前さんは何度も山葵を入れてしまい作り直していました。

f:id:afromanjaro:20190814084747j:plain
f:id:afromanjaro:20190814084801j:plain
みる貝・つぶ貝
f:id:afromanjaro:20190814084931j:plain
f:id:afromanjaro:20190814084839j:plain
青柳・みる貝

f:id:afromanjaro:20190814084955j:plain

奥左 生のみる貝・奥右 ほたて・前左 平貝・前右 青焼き

▼わたしは光り物から注文。映画まで時間が無いので、早速握ってもらいました。小肌に鯵。美味しいですね。

f:id:afromanjaro:20190814084917j:plain
f:id:afromanjaro:20190814085009j:plain
ヒカリモノ

▼娘の注文です。あら汁はとても美味しかったそうです。骨は大丈夫だったんでしょうか。骨苦手なのに。

f:id:afromanjaro:20190814085149j:plain

アラ汁

▼締めの一品です。娘はシャコ、私は穴子です。温い穴子に甘いツメが美味しいです。

f:id:afromanjaro:20190814085203j:plain
f:id:afromanjaro:20190814085216j:plain
濃いめで〆

食べ終わって

いろんな意味で接待に使えるお寿司屋さんの様です(笑)お値段は手頃で繁盛しています。この日は生ビールをもう一杯とハイボールも飲んで、野口英世先生7枚弱でした。娘は12貫くらい食べてました。満足したようです。さぁ、後はショッピングと映画です。ご馳走様でした。 

お店の場所と営業時間

店名 寿司幸 (すしこう)
住所 東京都台東区上野4-2-11
電話  03-3831-9648
営業時間 [月~金] 11:30~23:00 
       [土] 11:30~22:30
     [日・祝] 11:30~22:00
定休日 分煙ですが、煙が流れる

 Sub Blog 写真中心のブログです。宜しければご覧下さい。

photo.bgg-eikokudo.net

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告