八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【新小岩】麺もスープも啜ってしまう、旨いネオ正油ラーメン@自家製麺 啜乱会 (すすらんかい)初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20190502073145j:plain

正統派 ザ・正油らーめん

新小岩でお寿司ランチをしようと途中下車。お目当てのお寿司屋さんは何故からランチ営業を休んでいました。店頭で呆然とするも、必ず腹は減ります。井之頭五郎さん張りに商店街の中のお店を探しました。いろいろ魅力的なお店もあったのですが、時間を考えると、ササッと食べられるラーメンになってしまうのは、私の性でしょうか。結局、雰囲気の良い、創作ラーメンぽいお店を選んでいました。

今日のお店は「自家製麺 啜乱会 (すすらんかい)さんです。

欧米人なら驚くような読みの店名ですが、自家製麺をメインにおいて、スープにも自信を持っている様な感じのネーミングだと思いました。開業は2016年12月だそうですから、もう3年と4ヶ月経っています。この業界で頑張っている方だと思いますので、ラーメンも期待しちゃいます。最後までおつき合い下さい。
 

 目次(クリックで飛べます)

お店の雰囲気

▼なんとなくグレートーンのお店です。地酒の立呑みたいに見えたのはわたしだけ?

f:id:afromanjaro:20190502073136j:plain

新小岩南口商店街を南下、中程を左に折れるとある小さなお店

▼この文字、最初は読めなかったです。いや、読めるんですが、語呂合わせになっているとは思わず読めなかった。

f:id:afromanjaro:20190502073156j:plain

よく見ると「すする」と読める

▼ツルモチ麺とな。なんとなく美味しそうですが、その下のメニュー表が素っ気ないです。これも下町風でしょうか。雑っけ無いとも言いますしね。

f:id:afromanjaro:20190502073137j:plain

大きな提灯と、アピール看板が目印です
◯券売機

▼券売機は意外にシンプルと言うか、情報がもっと欲しいです。結局、左上の法則でお願いしました。

f:id:afromanjaro:20190502073139j:plain

券売機です。もう少し案内がほしいです
◯セルフジャスミン茶

▼お店は奥に物凄く長い造りです。奥にテーブル席が数席あるみたいで、わたしの座った入り口側のカウンター席からみると、奥まで20㍍はあります。中間はカウンターと厨房。故にラーメンの調理風景は見えません。眼の前には大きな寸胴があるだけで、寸胴に浮いている豚骨を眺めて待ちました。

f:id:afromanjaro:20190502073141j:plain

セルフですが冷えたジャスミン茶が美味しい
◯ザ・正油らーめん 770円 + 背脂ライス(サービス)

▼ただの正油ラーメンにザを付けるくらいだから、どんなだろうと期待しました。ビジュアルはとても美味しそう。ラーメンの右上のはサービスの背脂ライスです。注文後に券売機を凝視していたら、「ランチサービス」の文字を発見して追加しました。サービスは麺大盛りと、この背脂ライスでした。

f:id:afromanjaro:20190502073142j:plain

ザ・正油らーめん + 背脂ライス(サービス)

▼770円と言うプライス以上に美味しそうな正油ラーメンです。具材も色々載っています。このどんぶりは凝っていますね。特注品ですかね。

f:id:afromanjaro:20190502073144j:plain

ザ・正油らーめん

▼豚のチャーシューが二枚。これは小ぶりな感じです。

f:id:afromanjaro:20190502073146j:plain

豚チャーシュー

▼奥の方には、メンマと刻み白菜、揚げ玉、その下には砂肝が載っています。砂肝?って、食感の変化を醸し出しているのでしょうか?変わってますが、楽しめそうです。

f:id:afromanjaro:20190502073149j:plain

メンマと、砂肝?と、かいわれと、刻んだ白菜?

▼スープはどうでしょう。一口、正に啜ると、スッキリとした筋の通った正油の味と、まあ少し違う香りがします。この味わいは何だろう?魚介ではない旨味があります。何処かで味わった事のある美味しさです。動物系の旨味かな。いずれにしても、しっかり旨味を感じる美味しスープです。

f:id:afromanjaro:20190502073150j:plain

清湯スープは清湯風で、和風出汁の感じ

▼麺は自家製麺の中太のストレート麺です。外麦を使った様なコシがある美味しい麺で、モッチリ感があります。美味しいです。

f:id:afromanjaro:20190502073152j:plain

自家製の麺はストレート細麺

▼丁度よい大きさの豚チャーシューです。厚さは普通で、ちょっとレアっぽい仕上がりです。実際、このくらいに火が通っている方が安心ですし、好みです。

f:id:afromanjaro:20190502073155j:plain

よく見るとレアっぽい豚チャーシュー

▼砂肝が数個入っていました。珍しいです。咀嚼を増やして満腹感でも増幅させようとしているんだとしたら凄い事です。メンマもこぶりで、砂肝と合わせて、硬さのインパクトがあるトッピングですが、数が少ないです。増量のオプションは無いみたいなので、もっと沢山入れてほしいなぁ。

f:id:afromanjaro:20190502073153j:plain
f:id:afromanjaro:20190502073154j:plain
砂肝とメンマ
◯背脂ライス(ランチサービス)

▼ランチサービスの表示を見つけて、慌てて追加でお願いした背脂ライスです。白米に、正に背脂がトッピングされています。脂の味はしますが、ちょっとパンチに欠けるので、卓上の粒コショウを少々振りかけて頂きました。特にお話する事はありませんが、お腹が一杯になりました。

f:id:afromanjaro:20190502073143j:plain

背脂を掛けてある危ない丼

食べ終わって 

こんな美味しいお店に偶然とは言え、出会えたのはラッキーでした。美味しい正油ラーメンでした。ご馳走さまでした。 

その他

駐車場

ありません。近隣のCPを利用下さい。

おトイレ

綺麗な水洗トイレです。

お店情報

店名 自家製麺 啜乱会 (じかせいめん すすらんかい)
住所 〒124-0024 東京都葛飾区新小岩1丁目50−12
定休日 年中無休
営業時間 11:30~24:00
備考 新小岩駅 徒歩3分(私の脚で)

カメラ

★28mm F2.8と言う明るい単焦点レンズのカメラですが、クロップで35mmと50mmで撮ることが出来ます。テーブルフォトでは綺麗に撮れます。オススメです。

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
リコー (2019-03-15)
売り上げランキング: 9,417

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告