八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【船橋】駅からすぐ、熟練調理人が腕を振るうお手軽割烹。オススメです。@和食の店 こみや 10回目

広告

f:id:afromanjaro:20190502073033j:plain

鰆と彩り野菜の南蛮漬け

☆大好きな街 船橋のお店を勝手に紹介する船橋シリーズ!☆ です。 

今日は和食にしようか?みたいな会話の流れで、こちらのお店に流れました。昨年の2月依頼の訪問です。JR船橋駅南口の 山口横丁商店街にある5階建てビルにある美味しい和食のお店です。

お店の名前は「和食の店 こみや」さんです。

この界隈は、呑むお店も、遊ぶお店も多くて、夜は船橋らしい街並みの繁華街なのです。最後までお付き合い下さい。

 

目次

お店の雰囲気

◯5階建ての上階はネオンの光が届きません

▼写真のビルの最上階に目指すお店があります。この辺りは、裏通りでも明るい方です。

f:id:afromanjaro:20190502073100j:plain

五階建てのビルの最上階です

▼ビルの脇、左側に行灯があり、ビルの入り口奥のEVで五階へ直行です。EV前には今日のメニューが貼ってありますが、此処で読んだ事はありません。

f:id:afromanjaro:20190502073059j:plain
f:id:afromanjaro:20190502073058j:plain
ビル一階からEVで直行です

お食事

◯限定クラフトビール ラオウ IPA 900円

▼瓶ビールを一本呑むと腹が膨れるのでクラフトビールを注文しましたら、ラオウでした。CHIBAのHOKUTOビールのものらしいです。ラオウらしく、苦いビールでした。

f:id:afromanjaro:20190502073029j:plain

限定クラフトビール ラオウ IPA
◯もずく(お通し)

▼お通しのもずくです。このお店はいつももずくの様な気がします。冬は温かいもずくが出てきた記憶があります。

f:id:afromanjaro:20190502073030j:plain

もずく
◯鰆と彩り野菜の南蛮漬け 850円

▼本日のオススメからチョイスした一品です。南蛮漬けですから少し冷えています。さっぱりして美味しいです。

f:id:afromanjaro:20190502073033j:plain

鰆と彩り野菜の南蛮漬け
◯お刺身盛り合わせ2人前 3,000円

▼値段はアバウトです。この位じゃないかと思います。こみやさんのお刺身盛り合わせは、いろんなお刺身を人数分だけ盛り込んである豪華版。全部、二切れづつあります。

f:id:afromanjaro:20190502073038j:plain

お刺身の盛合せ

▼全部説明してくれますが覚える順に忘れました。見てわかるモノが多いですね。

f:id:afromanjaro:20190502073039j:plain

f:id:afromanjaro:20190502073041j:plain

f:id:afromanjaro:20190502073040j:plain

全部説明してくれます
◯栄光冨士 闇鳴秋水 純米大吟醸無濾過生原酒(山形)980円

▼このお店は日本酒が充実しているんです。最初はコレにしました。純米大吟醸です。高精米が良いとは思いませんが、珍しいので注文しました。栄光冨士・出羽の里38%磨きの高精米純米大吟醸酒!甘みが強く、コクとキレも感じます。無濾過生原酒らしく新鮮でフルーティー。これは飲みやすいので、危険なお酒です。

f:id:afromanjaro:20190502073036j:plain

栄光冨士 闇鳴秋水 純米大吟醸無濾過生原酒

▼波波に注いでくれます。本当に美味しくて嬉しいです。

f:id:afromanjaro:20190502073044j:plain

栄光冨士 闇鳴秋水 純米大吟醸無濾過生原酒
◯真鯵のりゅーきゅう 850円

▼名前の由来は、この調理法が“琉球”の漁師から伝わったためとも、ゴマを和える調理法である“利休和え(りきゅうあえ)”からとも言われているらしいですが、美味しいなら、由来はどうでもいいです。

f:id:afromanjaro:20190502073042j:plain

真鯵のりゅーきゅう

▼よくマゼマゼしてから頂きます。たぶん、焼酎のほうが合うと思いますが、日本酒でガツガツ頂きました。

f:id:afromanjaro:20190502073043j:plain

まぜまぜして頂きます
◯栄光冨士 闇鳴秋水 純米大吟醸無濾過生原酒(山形)980円 お代わり

▼この闇鳴秋水に惚れてしまい、二杯目もお願いしました。フルーティーで飲みやすいです。

f:id:afromanjaro:20190502073048j:plain

これ、美味しいです

▼しかし、アルコール度数16.8。結構酔うんだな。まっ、どれでも酔うけど。

f:id:afromanjaro:20190502073046j:plain
f:id:afromanjaro:20190502073045j:plain
◯栄光冨士 闇鳴秋水 純米大吟醸無濾過生原酒(山形)980円
◯かますの姿焼き 1,480円

▼本かますの旬は秋だと思ってましたが、ご主人が勧めるからには、この時期に美味しい種類のかますなのでしょう。想像越えの美味しさでした。大きさも2人で丁度くらいで良かったです。

f:id:afromanjaro:20190502073050j:plain

かますの姿焼き
◯出汁巻玉子 お値段失念

▼正真正銘の出汁巻玉子です。たっぷり時間が掛かりましたが、箸を入れると出汁がドバッと滲み出て、本当に美味しい。こみやの隠れた名物だと思います。

f:id:afromanjaro:20190502073051j:plain

だし巻き玉子
◯房島屋 超辛口7 純米7号酵母一回火入れ 700円

▼伺うと、昨年に限定だったこのお酒。好評で今年から定番となった超辛口純米らしいです。同僚が超辛口と選んだのでご相伴しました。マジで辛いですが、酸味と辛味がたまりません。これは美味しいと頂きました。

f:id:afromanjaro:20190502073053j:plain

房島屋 超辛口7 純米7号酵母一回火入れ
f:id:afromanjaro:20190502073054j:plain
f:id:afromanjaro:20190502073055j:plain
房島屋 超辛口7 純米7号酵母一回火入れ

▼実は結構酔っています。ビールと、日本酒3合目です。これが限界かなぁ。

f:id:afromanjaro:20190502073052j:plain

辛いよ~

食べ終わって

久しぶりでしたが、お酒も料理も変わらず美味しかった。お刺身の盛り合わせも種類が多くて楽しめます。気楽の和食を楽しめます。オススメです。ご馳走さまでした。

過去記事

www.bgg-eikokudo.net

その他(お店情報ほか)

◯お店情報

店名   和食の店 こみや
住所  千葉県船橋市本町4-4-1喜久水ビル5F
電話 047-426-1280
営業時間 11:30~14:00  17:00~22:00
定休日 水曜日定休(祝祭日の場合は営業)
備考 当日でも事前予約をお勧めします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告