八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジのカメラと酒麺クロニクル  

フィルムカメラ IYH! 機械式カメラ Nikon F2 photomic A が欲しかった!

広告

Nikon F2 Photomic A

 こんにちは、エイコク堂です。

 今日、ひとつ歳を取ってしまいました。家族が夜に手料理でお祝いをしてくれるそうです。齢を重ねればそれだけ世間が見えてくると云いますがまだ見えません。最近では、徴収される税金の増加により月額手取収入(賞与除く)が前年割れするという歪さを感じ、保険、選択性DC制度、ふるさと納税やNISAを駆使し節税している毎日です。お陰で妙に詳しくなりました。
 そして、自分も使っているアラカンという言葉。アラカンはAround還暦の略ですが、アラカンではなく、最早クロカン=Close還暦と言う感じです。あと二年です。クロカンは響きがイイですが、Closeは閉じて行くイメージなので正直淋しいですね。従って、これからもアラカンです、と名乗ります。

 さて、先々月ですが渋谷の東急百貨店で開催されていた世界中古カメラフェア(東京では今年二回目の開催)で、このカメラを手に入れました。ニコンの機械式カメラのF2photomicAでごわす。F3が堅牢な造りで沢山売れたので未だに人気なのは分かっていますが機械式が欲しかった。F2でも良いんだけど、F2は露出計があれなのでわたしには扱いにくい。非Aiレンズは一本しか持ってないので、Ai方式になった程度の良いF2を探してました。必然、F2photomicAになります。Aの軍艦部がなんとなく好きで探してました。

Nikon F2 photomic A

 レンズはとりあえず手持ちのAi NIKKOR 50mm F1.4sを付けてみました。レンズは後で買い足そうと考えています。

Nikon F2 Photomic A

 

 1977年発売当時のフライヤーです。レンズ付きで138,000円、ボディだけで102,000円、ブラックボディは5,000円高、ソフトケースは4,500円だったらしいです。

F2photomicA

 

Nikon F2 Photomic A は、F2ボディに、Photomic Aファインダ(DP-11)が装填されたカメラです。

1977年3月に発売されました。 Ai方式で露出計が使え、値段、保守性からこのボディが最も実用的です。

このファインダの特徴は以下の通りです。

Ai方式 TTL開放中央部重点測光(スクリーン円内で60%)
ファインダ倍率 : 0.8
受光素子 : CdS
測光範囲 : ISO100で EV1 - 17
シャッタ連動範囲 : B(2秒) - 1/2000秒
絞り連動範囲 : f/1.2 - f/32
電源 : G-13 酸化銀電池(1.5V) 2個 (現行 : SR-44 酸化銀電池 2個、または、LR-44 アルカリ電池 2個が使用可能(電池メーカ互換表より)。 また、CR-1/3N リチウム電池 1個 でも可のようです)
アイピース/視度補正レンズ : Nikon F3アイレベルファインダ用と互換 

出典元: ニコンの銀塩一眼レフカメラ製品一覧

 

 

 このカメラは昔から憧れておりました。この歳を重ねる事にその気持が強くなっている様な気がします。そして、中古カメラフェアでは思ったより安かったのです。物欲とお財布の紐の軍配は物欲に上がりました。安かったと言うのは中古価格とその後の保守費用をひっくるめた金額と比べてです。ショップの人に値段の事を伺うと「今、フィルムカメラの値段が落ちていますから。」と言っていました。ある意味で有り難いことですし、反面残念な気持ちもあります。

Nikon F2 Photomic A

 

 ブツ撮りは妻のD7500で撮っています。綺麗に撮れるなぁ~D7500。ホントに素晴らしい。

Nikon F2 Photomic A

 

 Lightingはいい加減ですが「浮遊」ブツ撮りに挑戦!浮いています(笑) 

Nikon F2 Photomic A

 

 ヤフオクでボディケースを探しました。500円。手に入るもんですね。送料700円。

Nikon F2 Photomic A

 

 付けてみると「カッコイイ」です。もう最高です。

Nikon F2 Photomic A

 

コスモスを試写

  松戸荒川河川敷フラワーロードのコスモスです。河川敷の強風の中でも綺麗に撮れています。写りの良さに感激しました。所有しているどのフィルムカメラよりも綺麗に撮れています。

 Nikon F2 Photomic A + Ai Nikkor 50mm F1.4 + Kodax ULTRAMAX 400(1年期限切れ)

コスモス・松戸江戸川フラワーライン

コスモス・松戸江戸川フラワーライン

コスモス・松戸江戸川フラワーライン

コスモス・松戸江戸川フラワーライン

Warm Heart Coffee

 言うまでもありませんが大事にします。弊Blogをお訪ね頂き有難う御座いました。

 

 過去のフィルムカメラ購入記事

www.bgg-eikokudo.net

www.bgg-eikokudo.net

www.bgg-eikokudo.net

www.bgg-eikokudo.net

www.bgg-eikokudo.net

www.bgg-eikokudo.net