八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【台湾・淡水】台湾で一番の夕日撮影に行ってきた September 2019

広告

EKD_6772-Edit-2 Nikon Z 7 + NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

台湾の北部観光(出張)の続きです。 

www.bgg-eikokudo.ne

上にリンクを貼った野柳地質公園の続きのエントリーになります。

 

▼地質公園からは台北北部の海岸沿いをグルっと周り、淡水まで移動しました。目的は、淡水夕陽観景区で夕陽を撮るためです。

 

夕日スポットとして有名な淡水は、台北からMRT1本で簡単に行けます。終点の淡水駅を降りると、目の前に淡水河が広がっていて、天気の良い日は真っ赤な夕日がきれいに見ることが出来ます。天気が良い事が条件ですが、海に沈む夕陽を観ることが出来る台湾の名所です。

わたしは若い頃に加工会社を探しに何度か訪問し、夜遅くに大きなまん丸な月を見ながら、川縁で缶ビールを呑んで「なんで俺はこんなところにいるんだろう」と自問自答していたのを思い出します。

最後までお読み頂ければ嬉しいです。 

 

目次

淡水夕陽観景区

▼夕日スポットは恋人橋です。ずっと歩いて桟橋からや、フェリーで湾から出ることも出来るそうですが、日没の30分前ならば恋人橋から撮るのがベターだと思います。

周りは当然恋人たちばかり。カメラを構えている人は数名でした。まず、空を撮りたいので Zマウントの広角ズームレンズを使用しました。夕日は遠いですので、本来は望遠ズームレンズが欲しいところですが、何故か持っていません。ホテルに忘れてきました。阿呆です。

EKD_6777-Edit

 

EKD_6781-Edit

 

▼ここからは Zマウント標準ズームのテレ端で撮影です。場合によってはクロップしています。NDフィルター使用。 

EKD_6811-Edit

▼桟橋の人影がキモいです。 

EKD_6818-Edit

▼淡水の夕日は海に沈みます。 

EKD_6824-Edit-2

 

EKD_6836-Edit

 

EKD_6838-Edit

この夕日にチャレンジして、どうしても Z 70-200 f/2.8 S が欲しくなりました。でも、高いんだろうなぁ。 

今日はこの辺で。最後までお付き合い頂き有難う御座いました。

 

 

Sub Blog 写真中心のブログです。宜しければご覧下さい。

photo.bgg-eikokudo.net

   

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告