八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【フィルムカメラ】PENTAX ME Super で、佃・月島をぶらり December 2017

広告

フィルムで佃をぶらり(+地元)

 プロフィールに貼ってありますが、私の手持ちカメラはデジタル一眼とフィルムが少々。デジタルはミラーレスやレフ機、フィルムはLEICAは無いですがお気に入りのコンパクトカメラから一眼レフ機を持っています。

 使い分けはデジタルとフィルムを大まかに月単位でローテーションして撮っています。デジタルでの撮影時の緻密な設定が好きです。相反してフィルムカメラのシンブルな味わいや写真の仕上がりが本当に好きです。だからローテです。妻には飽きっぽい!と言われていますが、そうなんだろうなぁと自負しています。

 この日は妻が「フィルムで撮ってみたい!」と遂に云い出したので、佃に出掛けました。デジタル一眼レフと二丁掛夫婦だ。(特にかっこよくはないけれど)

 宜しければ最後までお付き合い下さい。

 PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 妻は軽量のRICOH XR6 + RIKENON50mmF2S + C200を、私は久しぶりにこのPentaxを持って行きました。

 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 有名な佃煮屋さん、数種類買ったら万円超えでした(笑) 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 ここから月島です。もんじゃ焼きのお店ばかり。たべませんが…。 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 う~ん、ゴミ箱が要らなかったですね。 

フィルムで佃をぶらり(+地元)

PENTAX ME super + SMC PENTAX-M F1.4 50mm + FUJI C200

 

NRK_1473

 妻には撮り方を説明したんですが、そもそもピント合わせで苦労したらしく、納得の一枚は撮れなかった様です。これに懲りずにフィルムを楽しんでほしいんですが。
 わたしは、だらだらとこんな感じでした。しかし、ME Super は本当に良く撮れるなぁ~と感心しきりです。

1979年発売の本機。絞り優先AE専用機なので、とても使い易いMFカメラです。1/2000秒まで設定でき、更にマニュアル露出も可能。何より素晴らしい点はクリアブライトマットスクリーンによりピントの山がキッパリと見えます。中古市場では一万円以下で手に入るので狙い目ですよ。

 

 今日はこの辺で。弊Blogをお訪ねいただき有難う御座いました。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告