読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八五九堂 Blog

エイコク堂 船橋を愛するオヤジのカメラと酒麺クロニクル  

早朝の印旛沼を撮ってきました。初印旛沼です。@千葉県佐倉市 2017

広告

_DSC3412

 こんにちは、エイコク堂です。

 千葉県に住んで既に28年、今頃?と言われそうですが初めて印旛沼に行ってきました。もちろん、印旛沼の向こうの朝焼けを、もしくは朝霧の景色でも、運が良ければカメラに収めたいと思ってのことです。

 印旛沼は千葉県最大の湖沼です。我が家からは50分位の距離です。会社が休みでしたので早起きして出掛けました。早起きは得意なんです。

 先に結果を書きますが、太陽は厚い雲にお隠れになり見えず、気温も上がらないので霧も無しで大変残念でした。しかしながら、早朝の印旛沼の素敵な雰囲気を撮ってきました。ほんの数枚ですが最後までお付き合い下さい。

 

 

 この日の日の出時刻は5時21分だったと思います。色んな方のBlogを拝見して一時間前到着を目指しましたが、真暗なので目的地点付近(実際には200mくらい手前)で迷ってしまいました。10分間位ウロウロして目的のボート屋さんに到着。駐車場には既に3台停車していました。あとで分かったことですが、釣りの方が2台で、写真の方が1台でした。

 

撮影場所

 この釣り船貸しボート屋さんが目印です。

 

 要領が分らず釣りボート前で待っていると、続々と釣り目的の車が入場してきます。平日の朝ですが、あっという間に10台くらいになりました。

 わたしは少し離れた所に移動して、頭に付けたLightで照らしながら三脚を設置して朝陽を待ちました。レンズは、SonyFE35F28Z・FE55F18Z・SIGMA20mmF1.4 DG HSM|Artの3本を持参しています。

 設置中にレリーズを忘れた事に気づき、仕方がないので2秒タイマーを設定。この時点で5時ジャストくらい。途中のコンビニで買った既に冷めたホットドックと珈琲を椅子に座って頬張ります。そして、じっと待つ間に気持ちが高揚し、白んできた印旛沼に見惚れてました。

 

_DSC3380 Sony ILCE-7M2 / 20mm F1.4 DG HSM | Art 015 / ƒ/1.4 / 20.0 mm / 1/320s / iso100

 ▲5時16分 実際は目で見るより明るめに写っています。広角レンズなので、向こう岸が塗りつぶした様です。

 いよいよ日の出の時刻。まったく景色が変わりません。厚い雲が覆っています。出掛けには雨が降っていましたからね。 

 

_DSC3398  Sony ILCE-7M2 / 20mm F1.4 DG HSM | Art 015 / ƒ/1.4 / 20.0 mm / 1/3200s / iso100

 ▲5時36分 雲の向こう側に太陽が出てきたのが分かります。実際には6時頃まで粘りましたが、厚い雲は隙間さえ空けてくれませんでした。むむ、無念です。

 

 

_DSC3396 Sony ILCE-7M2 / 20mm F1.4 DG HSM | Art 015 / ƒ/1.4 / 20.0 mm / 1/1600s / iso100

 ▲ただ待っていても雲が晴れないので、向きを変えて違う景色を撮ったりして。少し右に振って、ボート屋さんの方を撮ってみます。

  

 

_DSC3404 Sony ILCE-7M2 / FE 55mm F1.8 ZA / ƒ/1.8 / 55.0 mm / 1/1000s / iso100

 ▲5時45分 レンズをFE55F18zに代えています。雲の向う側に朝陽があるのがわかる位に明るくなってきました。

  

 

_DSC3412 Sony ILCE-7M2 / FE 55mm F1.8 ZA / ƒ/4.5 / 55.0 mm / 1/640s / iso200

 ▲5時56分 最後の一枚です。朝陽は諦めて釣りボート屋さんの方を見ると釣りの方々が丁度船を出しました。モーター部を上げて、どうして進むのか分かりませんでしたが、船首の部分にスクリューを付けているのでしょうね。立ち乗りがカッコ良くて撮らせてもらいました。

  

 とても残念でしたが、場所や要領がわかりましたので、次は出掛けやすいです。車を借りられれば出社前の撮影も可能かもしれません。いい経験になりました。
 今日はこの辺で。弊Blogをお訪ね頂き有難う御座いました。

 

今日のカメラ

 

私が愛読しているBlogです

 印旛沼を含めて千葉のカメラスポットが満載です。素敵な写真をたくさん撮影しています。

cameraama.com