八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺クロニクル  

クロマニヨン人の壁画から、上野精養軒へ@ラスコー展 国立科学博物館・上野精養軒 東京都台東区2016

広告

DSC00276

こんにちは、エイコク堂です。

上野・国立科学博物館のラスコー展を観てきました。
世界遺産ラスコー洞窟の壁画を再現した展示です。今年から世界中を巡回展しており、日本展では少し手を加えた特別展となっています。壁画自体はレプリカですが精巧に再現された実物大の壁画を見ることが出来ました。

 

目次

 

 

世界遺産に登録されたル・コルビュジエの国立西洋美術館も青空の元で綺麗で壮観です。公園内の銀杏並木はきれいに色づいておりました。

DSC00266

DSC00267

 

世界遺産 ラスコー展 クロマニヨン人が残した洞窟壁画

国立西洋美術館の裏手にある国立科学博物館に向かいました。
ラスコー展には行列はなくあっさり入場できました。手前の東京都美術館のゴッホ・ゴーギャン展は長蛇の列だったのと比較すると人気の程度はわかります。
まぁ~この手の展示会は並ばずに観られるのがベターですので有り難い限りですが。

DSC00291

 

予めお断りしておきますが、Blogの写真は順不同で載せております。

 

ラスコーとは 

「ラスコー」というと、世界史の教科書を思い出す人も多いと思います。実は私は全く記憶に無いのですが、妻は教科書の記憶がありました。
1940年に偶然このラスコーの洞窟を発見した4人の子供たちは、この生き生きとした動物の絵を見るなり、本物と勘違いをし、その後原始の魂が乗り移ったかのように、手足が動き、歌い踊らずにはいられなかったと言います。日本の子供は踊るかな?と思いましたが、フランス西南部とは比べてはイケませんね。
先史時代の美しい壁画で知られるラスコーの洞窟。見学者の増加で傷みが進んだため、1963年には見学禁止となりましたが、そのレプリカが上野で観られる訳です。

誰が描いたのでしょう。クロマニヨン人らしいです。▼これがクロマニヨン人の復元人形です。とてもリアル。2万年前の人類って、こんなに人類なの?と驚きました。その辺に居そうな面構えです。

DSC00288

 

▼頭蓋骨

下のネアンデルタール人と比べると前頭葉部が発達している様に見えますよね。

DSC00285

DSC00284

 

壁画は2つの方法で楽しめます

▼有名な身廊の壁画です。 レプリカなので写真撮影が可能です。三脚等の固定撮影は駄目ですがカメラを持っていて良かったです。Sonyのα7Ⅱは夜撮影に強いので撮ってみました。

身廊の黒い大きな牝ウシです。2㍍の等身大でかなりの迫力でした。

DSC00273

 

隠れた線刻がライトで見ることが出来ました。全体像が把握しやすいです。

31214304196_06c6b47906_o

 

こちらは背中合わせのバイソン▼ 

DSC00276

 

井戸の場面という壁画にはトリ人間らしい絵もあります▼

DSC00279

 

泳ぐシカ▼ 2㍍以上の高さの天井に書かれている壁画です。

DSC00280

DSC00281

 

観終わって

クロマニヨン人やラスコー洞窟について知識を深める展示です。レプリカだけではなく本物の装飾品なども展示されていて、こちらは撮影不可でした。クロマニヨン人がどこから来たのか、壁画はどうやって描かれたのかを知る良い機会になりました。でも、レプリカで1,600円は高い様な気がします。

 

開催概要

展示名 「世界遺産 ラスコー展~クロマニョン人が残した洞窟壁画」@lascaux2016)
場所:国立科学博物館
会期:2016年11月1日(火)~2017年2月19日(日)
休館:月曜日。但し12月26日(月)、1月2日(月)、1月9日(月)、2月13日(月)は開館。年末年始(12月28日~1月1日)。
時間:9:00~17:00。
 *金曜日は20時まで開館。
 *土曜日、及び11月2日(水)、3日(木)は特別展のみ17時まで開館。
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般・大学生1600(1400)円、小・中・高校生600(500)円。
 *( )内は20名以上の団体料金。
 *金曜限定ペア得ナイト券2000円。(2名同時入場。17時以降。)
住所:台東区上野公園7-20
交通:JR線上野駅公園口徒歩5分。東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、京成線京成上野駅徒歩10分。

 

 

上野精養軒 カフェラン ランドーレでランチ

向かって左手のカフェラン ランドーレの入り口に行列が見えませんでしたので、ランチに寄ってみました。
毎度の事ですがあまり若年層はいらっしゃいませんが、手頃?なお値段で超美味しいランチならば、この2点がオススメです。
手頃とは、上野精養軒のメニュー内でという意味です。

ナポリタンとハヤシライス(どちらもサラダ付き)

どちらもオススメです。トマトソースが美味しいんだと思います。軽い酸味と旨味がタップリです。
ハヤシライスは昔から変わらない味と言う事ですが、ビーフシチューと同様に看板メニューですよ。とにかく美味しんだから。  

IMG_0285

IMG_0303

IMG_0309

 

お店情報

上野精養軒 カフェラン ランドーレ (Caferant Le Landaulet)
電話 03-3821-2181
住所  東京都台東区上野公園4-58
営業時間 11:00~20:00、喫茶10:00~19:00
定休日 無休
備考 駐車場あり、クレジットカード利用可、完全禁煙