八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺クロニクル  

亀戸ぎょうざをゆっくり味わえる 亀戸ぎょうざ大島店@東京都江東区大島 初訪問

広告

 

f:id:afromanjaro:20160928121039p:plain

 

こんにちは、エイコク堂です。

大島(おおじま)の人におおしまと言うと怒られる様ですね。

都営新宿線大島駅で下車し、駅そばに見えた亀戸ぎょうざ大島店に入りました。

本店と違って行列は無いんですね。

 

目次

 

お店の雰囲気

外観の看板は歴史を刻んだ様な老舗感を漂わせています。右側おお土産注文の木の引窓がなんとも味があります。

 f:id:afromanjaro:20160920105959j:plain

左から読む暖簾の文字「味の店」が誇らしい。自動ドアとのギャップもイイですよ。 

f:id:afromanjaro:20160920110019j:plain

店内は厨房を囲む様に奥行きのあるカウンターがズズッと設置され、4人がけのテーブルが多数ありました。アイドルタイムなので比較的空いています。

 

大島店はいろんなメニューがありました!

亀戸本店は飲み物と餃子だけですが、大島店は中華料理店の様なメニューもあり、ラーメンやチャーハンを注文するお客さんも居りました。

 

とりあえず瓶ビール

f:id:afromanjaro:20160920105909j:plain

瓶が大きい。 亀戸本店ではとりあえず瓶ビールですので、大島店でも同じく瓶ビール。

 

ぎょうざのお皿とモヤシがサービス?これはおつまみか

f:id:afromanjaro:20160920105917j:plain

本店ではモヤシは3枚注文すると3枚サービスのモヤシが出てきますが、大島店ではデフォルトのサービスの様です。 それともビールのツマミ? どっちなんでしょうか?

 

ぎょうざは二人前以上注文しましょう

f:id:afromanjaro:20160920105923j:plain

餃子は二人前以上は注文しましょう。比較的小さめですし、食べた気分に浸れます。

 

f:id:afromanjaro:20160920105931j:plain

どうです?美味しそうでしょう。見ただけで美味しいのがわかります。そんな格別の餃子です。

 

タレは醤油とお酢にコショウ。辣油を少し垂らします。

f:id:afromanjaro:20160920105936j:plain

タレの調合は自由ですが、シンプルにお酢や胡椒だけで食べるのもオススメです。

 

カリッとした焼き加減で餡はしっとりしています。

f:id:afromanjaro:20160920105952j:plain

 

久し振りに食べましたが、やっぱり亀戸ぎょうざは美味しいですね。

 

食べ終わって

 瓶ビールと餃子と言うテッパンの組み合わせを頂きました。ライスを付けたら最高の定食だったですね。お隣のチャーハンが美味しそうでした。次回はラーメンとチャーハンを食べたいです。

ご馳走様でした。

お店情報

東京都江東区大島4丁目8-9

大島駅から徒歩3分
大島駅から393m
営業時間
11:30~21:00(20:40LO 餃子切れで早じまい有り)
ランチ営業、日曜営業

 

この日のカメラ