八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯甘クロニクル  

名物!お箸で切れるとんかつ!試し忘れたけど@井泉 本店 東京都文京区 初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20180501142153j:plain

お箸できれるとんかつ

 ミシュランに選出されるとんかつ屋さんにも行ってみたいですが、この日の腹具合は老舗のとんかつ屋さんに向いていたので妻を誘って出掛けてきました。
 御徒町界隈には支店が数店舗ありますが、本店では食べたことがなかったので初訪問になります。営業は通し営業ですから安心して伺ました。御三家の中では井泉が好みです。

 今日のお店は「井泉 本店」さんです。 

 ガイドブックに載っているのでしょう、結構外国からの観光客の利用が多いです。姦しく混沌としています。ゆっくり味わうのが良いです。最後までお付き合い願います。 

 

目次

 

お店の雰囲気

◯老舗らしく小さな入り口です

 ガラス窓から覗くとカウンター席が見えます。カウンターは埋まっている事が多いのですが、奥に席がたくさんありますので躊躇せずに暖簾を潜りましょう。

f:id:afromanjaro:20180501142145j:plain

間口の小さなお店

 通されたのは小さな和室でした。本当に小さいです。写真の二人用テーブルが二つ、2人×2テーブルの部屋です。靴を脱ぐスペースが狭いです。

f:id:afromanjaro:20180501142156j:plain

小さなお座敷

 お食事  

◯瓶ビール 600円

 電車で来ましたので遠慮せずに麦のジュースを頂きます。和室で胡坐をかいて飲むのは久しぶりです。

f:id:afromanjaro:20180501142148j:plain

瓶ビールと塩辛
◯名物の塩辛 500円

 おススメですと言われ勢い注文しましたが、何が特製なのかわかりませんが、あてには最高ですね。しかし、この量で500円(驚)…。お味は普通でした。

f:id:afromanjaro:20180501142147j:plain

自家製塩辛
◯ひれかつ定食 1,850円

 見た目はまさにトンカツ。誰が見てもトンカツです。しっかり揚がっている様です。

f:id:afromanjaro:20180501142151j:plain

ひれかつ定食

 良い香りがします。昔ながらのって言葉が合いそうです。衣はサクサク。

f:id:afromanjaro:20180501142153j:plain

ロースカツかと思った

 切ってあるから、お店の謳い文句の「お箸で切れるトンカツ」を試せないですが、一口頂くと柔らかくてジューシュー。月並みの表現ですが美味しいです。

f:id:afromanjaro:20180501142155j:plain

断面です

 お椀は豚汁でした。小さいなサイコロ状の豚肉がコロコロ入っています。しっかり濃い目の味付けで美味しいです。これは具を入れて汁を注いだ感じです。

f:id:afromanjaro:20180501142154j:plain

豚汁付き

食べ終わって 

 ご飯はお代わりせずに食べ終わりました。ビール飲んじゃったからね。お腹いっぱいです。ヒレは柔らかくて肉の味が良くわかります。ロースの方が旨味があるんでしょうけどヒレ肉もオイシイですよ。ご馳走様でした。

 

店舗情報 

◯お手洗い 

 普通の様式トイレでした

◯お店情報

店名 井泉 本店
住所 東京都文京区湯島3-40-3
電話 03-38334-2901
営業時間  11:30~20:50、日祭日 11:30〜20:30
定休日 木曜日(祭日は営業)
備考 禁煙席 カウンター10席 テーブル席 2卓(2~8席)
       1階と2階の小部屋 4卓 (2~10席
   喫煙席 1階と2階の大部屋 約30席
   平日15時まで全席禁煙(15時以降は分煙)
   土・日・祝祭日は終日禁煙

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告