八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【函館】鹿部の名産品の「たらこ」と煮魚の定食はわざわざ出掛けても食べる価値あり@浜のかあさん食堂 2回目

広告

f:id:afromanjaro:20190814082956j:plain

えび丼

タイトルとキャッチの写真が合ってませんが、昨日の「北海道唯一の国宝 中空土偶」Blogの続きです。 

www.bgg-eikokudo.net

函館市縄文文化交流センターから噴火湾沿いに少し北上すると、2016年3月に開業した道の駅しかべ間歇泉公園があります。その物産館にある美味しい食堂を母と訪ねました。最寄駅は函館になりますね。函館から車で1時間掛かります。

今日のお店の名前は「浜のかあさん食堂」さんです。

店名の通り、鹿部漁協女性部のみなさんが腕をふるっています。定食は全部で数種類しかありませんが、滅茶苦茶豪華で盛りだくさんの定食ばかりです。函館市内で食べるとしたら、たぶん倍近い値段がするでしょう。東京なら3倍かな? 営業時間は少し短いですが、是非、車を調整して訪ねて欲しい食堂です。また、こちらの物産館で販売している海産物やお土産はとても充実していて、お土産を此処で買っても良いと思います。最後までお付き合い下さい。

 

目次

お店の雰囲気

◯道の駅「しかべ間欠泉公園」内の物産館

▼道の駅ですから駐車場は広いです。道路の反対側にもありますので困ることはないと思いますが、食堂目当ての来店も多い様でした。

f:id:afromanjaro:20190814170003j:plain
f:id:afromanjaro:20190814165843j:plain
道の駅の中の食堂です

EKD_3836

▼浜のかあさん食堂です。3人のかあさんが調理していますが、11時20分時点でほぼ満席でした。もちろん、車に運んで食べることも可能ですが、面倒ですよね。

f:id:afromanjaro:20190814082844j:plain

道の駅の左側が食堂

▼この日のメニューです。通年ほぼ変わらない様ですが、えび丼は春夏の限定だそうです。あとはしかべプレミアムたらこ御膳・たらこハーフ・たらこ無しの全4種類です。プレミアムたらこ御膳は、たらこが一腹のった丼に煮魚が付きます。この日は宗八カレイで、注文を受けてから煮付けますので、少々時間が掛かります。お米は函館産のふくりんこ米です。

f:id:afromanjaro:20190814082824j:plain

この日のメニュー

実食メニュー   

◯母はえび丼 1,000円

▼母が注文したえび丼です。母はわたしがBlogを書いていることを知りませんが、有り難い事に異なるメニューのえび丼を選んでくれました。えびを何匹使っているのでしょう〜凄く美味しそうですね。えびが綺麗に整列していて最高です。

f:id:afromanjaro:20190814082741j:plain

えび丼

▼上からも撮っておきます。母曰く、随分撮るのねと…。

f:id:afromanjaro:20190814082900j:plain

えび丼全景

▼これはGRⅢで撮っています。写真もえび丼も最高ですね。母がえびを数えていましたが、途中で諦めてました。

f:id:afromanjaro:20190814082917j:plain

えびの数が凄い

▼お味噌汁も熱々です。出汁が良いのかな?刻みネギに、地産のおぼろ昆布が入っています。

f:id:afromanjaro:20190814082936j:plain

お味噌汁
◯私はしかべプレミアムたらこ御膳 1,000円

▼わたしは看板メニューのしかべプレミアムたらこ御膳を注文しました。

f:id:afromanjaro:20190814082723j:plain

プレミアムたらこ御膳

▼しかべプレミアムたらこ御膳の全景です。たらこは当然鹿部産、宗八カレイも地元のモノです。

f:id:afromanjaro:20190814083011j:plain

プレミアムたらこ御膳全景

▼たらこが綺麗です。鹿部にはたらこの加工工場があり、直に購入することもできます。父は生前はわざわざ、この鹿部の加工場まで買いに来ていました。

f:id:afromanjaro:20190814083032j:plain

大きいたらこが一腹のっています

f:id:afromanjaro:20190815191859j:plain

上等なたらこ

▼宗八カレイの煮魚です。丸々一匹ありますので、裏側もあり、中に卵巣もありますので、これだけで相当な食べ応えがあります。たらこ無しの設定がある理由です。

f:id:afromanjaro:20190814083054j:plain

カレイは宗八カレイ

▼付け合わせの昆布の煮付けとお漬物、お味噌汁には地元のおぼろ昆布が入っていて最高です。

f:id:afromanjaro:20190814083110j:plain
f:id:afromanjaro:20190814083125j:plain
昆布の和え物と、おぼろ昆布のお味噌汁
◯物産館も充実

▼左が私がお土産に買った無着色のたらこです。保存料も使用していない優れものです。有名な道場水産の加工品です。シケルペ最中は地元の名産品で、シケルペはアイヌ語で鹿部の語源になったそうです。シケルペはキハダのある所と言う意味で、キハダは植物です。

f:id:afromanjaro:20190814185846j:plain
f:id:afromanjaro:20190814185851j:plain
無着色のたらこ・シケルペ最中

その他

おトイレと温泉

トイレはきれいです。併設の間欠泉で足湯を楽しむことも出来ます。

しかべ間歇泉公園 | 鹿部温泉観光協会

営業情報

店名:浜のかあさん食堂
住所:北海道茅部郡鹿部町字鹿部18-1 道の駅しかべ間歇泉公園
電話:01372-7-5655
営業時間:11:00~14:00
定休日:10~3月の第4月曜日(祝日にあたる場合は翌々日) 12/31~1/5
備考:禁煙

カメラ

★28mm F2.8と言う明るい単焦点レンズのカメラですが、クロップで35mmと50mmで撮ることが出来ます。テーブルフォトでは綺麗に撮れます。オススメです。

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
リコー (2019-03-15)
売り上げランキング: 9,417
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告