八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【中華街】横浜中華街で食べるなら、聘珍楼横浜本店でしょ!間違いない!@聘珍樓 横濱本店 5回目

広告

f:id:afromanjaro:20190502182534j:plain

鶏足の豆鼓蒸し

横浜・中華街・桜木町散策のつづきです。

「しっかり美味しい中華を食べたい」と、やはりこのお店になりますね。かなり贅沢ですが、妻に無理を言いました。

今日のお店は「聘珍樓 横濱本店さんです。

妻と娘は前日も食べています。朝、営業開始と同時に電話で予約しました。聘珍楼横浜本店は5回目。20年で5回だと思いますので少ないです。他の聘珍楼店舗も色々訪ねていますが、雰囲気はこちらの横浜本店が最高です。

最後までおつき合い下さい。
 

 目次(クリックで飛べます)

お店の雰囲気

▼店頭は凄い待ち人で、上部の看板を撮影しました。

f:id:afromanjaro:20190502182503j:plain

横濱本店のエントランス

▼上階の個室です。席料は掛かりません。家族だけで仕切られていますので、ゆっくり出来ます。

f:id:afromanjaro:20190502182504j:plain

半個室を予約できました

お食事

◯私のサッポロ黒ラベル(中瓶) 920円

▼ビールは生ビール、各メーカの中瓶、ノンアル、青島の8種類ある中から、サッポロ黒ラベルをチョイスしました。キリンラガービールがありましたが、サッポロラガーはありませんでした。ならば黒ラベルです。派手なラベルの中瓶が嬉しいです。ひゃー美味いっす。この日は飲んでばかりだ。

f:id:afromanjaro:20190502182516j:plain

サッポロ黒ラベル(中瓶)
◯娘は冷たいジャスミン茶(春風) 390円

▼最初に、これは本当に美味しいです。春風は、輸出規格の一級・特級の更に上を行くジャスミン茶らしく、その雅な香気から特に”春風”と称されています。上質の釜炒り緑茶の旨味と、ジャスミンの優雅な香りは、まるで春の風の心地よさ。香りが抜群のジャスミン茶でした。

f:id:afromanjaro:20190502182517j:plain

冷たいジャスミン茶(春風)
◯妻のチンネンプアール茶(黒茶) 800円

▼古木を思わせる香りで、油を消化しやすくするらしいのですが、写真を失念しました。

 

◯五目入りフカヒレスープ 2,380円

▼本当はフカヒレの姿煮が食べたかったのですが、予算的に無理なので、こちらにしました。これでもいいお値段がします。金華ハムを使った極上のスープです。だって、高いもんね。鶏肉、筍、椎茸なので旨味が凝縮しています。(取り分けたスープです)

f:id:afromanjaro:20190502182518j:plain

五目入りフカヒレスープ
◯点心 小籠包 210円

▼上海点心の王道ですね。聘珍楼では飲茶専門のエリアがあったのですが、今は無い様子でした。代わりにどの部屋でも注文可能になっていまして、娘が小籠包を頼んだ訳です。蓮華に取り前に割ってたので、スープは何処かに流れてました。

f:id:afromanjaro:20190502182519j:plain

点心 小籠包
◯八種野菜のトリュフオイル炒め 1,700円

▼トリュフオイルって美味しいんですね。野菜はしっかり下拵えしてあって、シャキッとして色合いも最高です。(取り分けたお皿です)

f:id:afromanjaro:20190502182520j:plain

八種野菜のトリュフオイル炒め
◯ハルマキ2本   260円✖2

▼これは妻の大好物です。毎回注文します。筍、椎茸、海老、豚肉の餡とパリッとした皮が美味しい。

f:id:afromanjaro:20190502182521j:plain

ハルマキ2本
◯豚バラ肉の角煮丼飯 値段失念

▼ちょっとだけ炭水化物を一品お願いしました。思いつきで注文したので、値段を失念しましたが、皮付き豚バラ肉やスパイスを使って作る豚角煮飯は、時間をかけた分だけおいしく感じるかもしれません。結構時間が掛かりましたからね。このとろみを吸ったお米が堪りません。

f:id:afromanjaro:20190502182522j:plain

豚バラ肉丼(トンポーロー丼)
◯北京ダック(半身)6,000円

▼せっかくですから、半身ですが北京ダックを注文しました。半身とは言え、立派な北京ダックが大皿に載ってデーブルに出てきました。ここで調理が始まります。

f:id:afromanjaro:20190502182523j:plain

半身とは言え、立派な大きさの北京ダックです

目の前で調理が始まりました。まず皮を切り、丁寧に一枚一枚丁度良い大きさに刻んでいきます。動画を撮れば良かったかも。

f:id:afromanjaro:20190502182524j:plain
f:id:afromanjaro:20190502182525j:plain
眼の前で綺麗に捌いて調理してくださいます

▼そして、まず皮を包餅で巻いたものが5巻出来上がりました。半身で5巻なので、一羽だと10巻です。3人には半身でも多いです。甘めも味噌とネギが美味しく、皮のパリパリ感が包餅の中でも失われていませんでした。凄い料理です。

f:id:afromanjaro:20190502182528j:plain

北京ダック(半身)包餅で巻いたモノが5本

▼皮を剥がれた北京ダックの身のお肉です。次の料理に具材として使用します。

f:id:afromanjaro:20190502182529j:plain

お肉を刻んだもの

▼身の肉を包むのは焼き餅です。半分に切って袋状になった焼き餅に肉を詰めます。

f:id:afromanjaro:20190502182530j:plain

焼き餅と薬味が用意されました

▼薬味はにんにく、甜麺醤(テンメンジャン)に砂糖です。砂糖には驚きました。

f:id:afromanjaro:20190502182531j:plain

薬味の白いのは砂糖

▼焼き餅の中に北京ダックのお肉と薬味を入れて頂きます。砂糖が美味しいんだね。

f:id:afromanjaro:20190502182532j:plain

自分で包んで頂きます

▼最後に骨焼きで抽出した鴨スープが出てきました。北京ダックは残すところがないんですね。まっ、このスープはあんまり美味しくなかったですが。

f:id:afromanjaro:20190502182533j:plain

最後に骨焼きで抽出した鴨スープ
◯鶏足の豆鼓蒸し 450円

▼わたしの大好物の鶏足の豆鼓蒸しです。時間が掛かるので、真っ先に注文したのですが、出てきたのは北京ダックの後、ほぼ最後になりました。鶏の足を一度高温の油で揚げ、聘珍楼の甘味噌と豆豉醬で蒸したモノです。美味しいに決まっています。

f:id:afromanjaro:20190502182534j:plain

鶏足の豆鼓蒸し
◯豆乳入り杏仁豆腐 650円✖2

▼妻と娘が注文した杏仁豆腐です。私も少し頂きました。なるほど豆乳入りですか、美味しいですね〜私もひとつ、しっかり注文すれば良かったです。

f:id:afromanjaro:20190502182537j:plain

豆乳入り杏仁豆腐

食べ終わって 

はぁ〜やはり聘珍楼は美味しいです。接客とサービス、料理の味と妙に大満足です。年に一回くらいは聘珍楼で食べたいです。お父さん、頑張ります。ご馳走さまでした。 

その他

駐車場

提携の駐車場がある様です。お問い合わせ下さい。

おトイレ

綺麗な水洗トイレです。

お店情報

店名 聘珍樓 横濱本店
電話 045-681-3001
住所  〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町149 中華街大通中央
定休日 無休
営業時間 (月~金)11:00~15:00 17:00~22:00(ラストオーダー21:00)
     (土)11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
     (日)11:00~22:00(ラストオーダー21:00)
      詳細はホームページをご参照下さい
備考 

カメラ

★28mm F2.8と言う明るい単焦点レンズのカメラですが、クロップで35mmと50mmで撮ることが出来ます。テーブルフォトでは綺麗に撮れます。オススメです。

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
リコー (2019-03-15)
売り上げランキング: 9,417

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告