八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【仙台】緑提灯五つ星は伊達じゃなかった。根せりの仙台せりなべは一度喰うべし@ごはんDININGBAR ほっこり 仙台駅前店 初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20190402214430j:plain

根付きのせり鍋

昨日Blogの続きです。ランチで塩釜の贅沢なお寿司を食べたので、夕食はホテル近くの普通の居酒屋さんに出掛けました。3月初旬の夜の仙台はやはり寒いです。ライナーを外したコートで国分町まで移動できませんでした。 

お店の名は「ごはんDININGBAR ほっこり 仙台駅前店」さんです。

仙台駅前の複合ビルの上階に位置する食堂階の居酒屋さんです。こちらのお店、望外に良いお店でした。最後までおつき合い下さい。
 

目次

お店の雰囲気

◯食の安全を守る「緑の提灯」のお店でした

この緑提灯には星が1から5まで描かれていて、地場・国産品を50%使っているなら星1つ、60%を超えれば星2つ。最高は90%使用で5つまで星がつきます。こちらのお店はな、な、なんと星5つです。

f:id:afromanjaro:20190402214412j:plain

緑提灯のお店

普通の店構えが、俄然良いお店に見えてしまう単純なわたくし。スタッと先頭で入店しました。2人組だけど。

f:id:afromanjaro:20190402214410j:plain

ごはんDININGBAR ほっこり 仙台駅前店

注文したお食事

席について、おしぼりを貰い、最初に「根付きのせり鍋はあります?」と確認します。「勿論です。今、一押しはせり鍋です」。「名取産ですか?」「はい、名取産です」

そんな会話を交わして、わくわく感が更に高揚してきました。

◯突き出し

これは?と思わず確認してしまった突き出しです。牛タンとなめこの茶碗蒸しです。流石地産90%のお店です。のっけからヤラれましたぜ!

f:id:afromanjaro:20190402214433j:plain

牛タンとなめこの茶碗蒸し
◯陸奥八仙(青森)特別純米 生原酒 赤ラベル  一合  1,160円

スタートから日本酒です。東北のお酒を呑みたかったので青森の八仙をお願いしました。浦霞はお昼と、酒造の飲み比べで頂きましたのでね。こちらの八仙は酒度1.6ですがキレがあり美味しいです。生原酒は好みです。

f:id:afromanjaro:20190402214439j:plain

八仙(青森)特別純米 生原酒 赤ラベル
◯蔵王里芋のポテトサラダ 600円

一々煩いですが、同僚と二人で驚嘆の声を上げてしまったポテトサラダです。なんと里芋のポテトサラダです。しかも蔵王里芋だそうで、ネバネバのポテトサラダだなんて初めて頂きました。なんか、このお店、凄いです。

f:id:afromanjaro:20190402214431j:plain

蔵王里芋のポテトサラダ
◯仙台せり鍋 1,480円✖2人前 + せり増量 700円

この晩のメインディッシュの仙台せり鍋が出てきました。随分以前から仙台に出入りしていた私もあんまり「仙台せり鍋」は知りませんでした。仕事が終わると、牛タンや牡蠣を食べて国分町に行くと言うパターンばかりでした。広まったのは、ここ10年くらいだそうです。そもそも宮城県はせりの生産量全国第1位で、ビタミンCや食物繊維を多く含むこのせりをたっぷりと鍋に入れて、根っこの部分まで食す「仙台せり鍋」を新たな仙台名物にしようと、名取市のせり農家さんと仙台市内の居酒屋さんが開発に取り組んだものだそうで、食すのはこれで4回目になります。

f:id:afromanjaro:20190402214428j:plain

仙台せり鍋 1,480円✖2人前 + せり増量

増量したとは言え、異常な量のせりです。手前の太い部分が根っこです。柔らかくて美味しいんですよ。

f:id:afromanjaro:20190402214430j:plain

仙台せり鍋 せり増量

ホテルチェックイン前に市場で見掛けた「せり」です。意外な値段ですね。名取産ではないようですね。

f:id:afromanjaro:20190408170650j:plain

仙台の市で見掛けたせり

鶏ガラに昆布と鰹風味の出汁に大量のお麩が放たれた鍋です。鴨の肉はロースで、鶏はもも肉でした。

f:id:afromanjaro:20190402214429j:plain

せり鍋の鍋

名取で採れたせりはすぐに火が通るので、サッとしゃぶしゃぶ感覚で食べて下さいと言うので頂きました。

f:id:afromanjaro:20190402214427j:plain

軽く火を通して

根っこなのに、そのしゃきしゃき感がクセになり、口に広がるせりの香りが堪りませんなぁ。旨いからね。

f:id:afromanjaro:20190402214425j:plain

まずは根付きのせりから頂きます
◯40秒揚げ 新鮮アジフライ 980円

さて、せりばかり食べても何なので別のものも頂きました。同僚が注文したアジフライです。正直に言って「どうして此処でアジフライ?」と思いましたが、出てきたアジフライはちょっと違いました。中が生鯵なのです。40秒?何が?って最初は聞きますよね。変わってます。とにかく変わっています。これも緑提灯なのでしょう。衣はしっとりしてます。そりゃ~新鮮でしょう。

f:id:afromanjaro:20190402214424j:plain

40秒揚げ 新鮮アジフライ
◯お刺身 スズキとハタカレイ 各850円

なんか普通のお造りが陳腐に思えてしまいますが、しっかり旨味があって美味しかったので安心して下さい。ただね~どうしてスズキとハタカレイを選ぶかねぇ~。赤身も青さかなもあったと思うけど。こいつの設営した会食は気をつけようっと。

f:id:afromanjaro:20190402214421j:plain
f:id:afromanjaro:20190402214422j:plain
スズキとハタカレイ
◯せり追加 700円

え~~っと~、せり追加です。わたしだけ。せり美味しいんだもん。同僚は「僕、もうイイです。せり自体食べたの初めてなんで」。ふ~ん、構わんよ~! 

f:id:afromanjaro:20190402214420j:plain

せり追加

柔らかくて、兎に角美味しい。オススメです。根せりは、9月から3月にかけて収穫されるので、秋以降までお待ち下さいませ。

f:id:afromanjaro:20190402214419j:plain

美味しいんだけど
◯くどき上手(山形)出羽燦々 純米大吟醸  一合  1,580円

凄いお酒があったのでお願いしました。普通の居酒屋さんの置いてませんよ。こちらの緑提灯のパワーに感服します。採算度外視の純米大吟醸です。その中でも「燦々33」ラベルはレベル違いの超凄い一品です。「姉さん、事件です!」

f:id:afromanjaro:20190402214417j:plain

くどき上手(山形)出羽燦々 純米大吟醸  一合

高精米の原料を醸していることが想像できる果実香。何、これ?「甘~~~い」わたくし、甘さに支配されました。お値段もスンゴイもんね。

f:id:afromanjaro:20190402214416j:plain

波波
◯にら肉巻き 一本 180円

にら肉巻きなんて、いきなり小さく見えてしまいますが、右奥の断面は全部にらですからね。そんごい手が込んでいます。当然「旨し!」です。

f:id:afromanjaro:20190402214415j:plain

にら肉巻き
◯〆の蕎麦 一玉 300円

もうお腹いっぱいですが、締めはお蕎麦を投入して終わりでしょう。出汁がたっぷり出ていますからね~最高の〆のお蕎麦です。

f:id:afromanjaro:20190402214414j:plain

〆の蕎麦 一玉

七味で少し味変しないと食べきれませんでした。腹パンです。

f:id:afromanjaro:20190402214413j:plain

イイお出汁出て美味しい

食べ終わって

仙台駅徒歩5分のビル内の普通の居酒屋さんですが、侮るなかれ、兎に角美味しいお店でした。緑提灯のお店、最高です。緑提灯は伊達ではなかった(仙台伊達に掛けています、説明無用か)地の物を食べるって最高ですね。ご馳走さまでした。 

その他 

おトイレ

トイレは未使用です。レポ出来ません。

お店情報

店名 ごはんDININGBAR ほっこり 仙台駅前店
住所 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3-6-1 ヤマダ電機LABI 8F
電話番号 050-3373-5224
定休日 日曜日  
営業時間 月~土17:00~24:00(L.O.23:00、ドリンクL.O.23:30)
     祝前日17:00~翌1:00(L.O.24:00、ドリンクL.O.24:00)
備考 

 

★ダブルレンズキットのEF-M22mm F2 STM(単焦点)は神レンズです。テーブルフォトでは自身の影が入りやすいですが最高のレンズです。影を嫌う方はEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMも良いですよ。この記事はズームで撮っています。ダブルレンズキットをオススメします。

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M100 ダブルレンズキット ブラック EOSM100BK-WLK
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告