八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【新津田沼】本店よりチューン アップ!インパクト抜群の美味ならーめんでした@栄昇らーめん匠(たくみ)初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20181225204705j:plain

あごだしらーめん

JR津田沼駅から新京成電鉄の新津田沼駅に向かう途中にあるラーメン店。駅前通りの路面店は長屋の様にいろんな飲食が入っています。お隣はやはり昔から営業しているラーメン店です。

今日のBlogのラーメン店の場所は2017年春迄は立ち食い蕎麦(椅子席もあったけど)でした。津田沼は立ち食い蕎麦も存続できない環境らしく、駅そば店は改札内に一店のみ、駅の近くでは富士そばしかありません。気楽に食べられる立ち食いそばのお店が少ないのは実に悲しいです。

今日のお店は「栄昇らーめん匠(たくみ)さんです。

京成津田沼の栄昇らーめんの二号店です。距離的は本店から1kmも離れていない場所ですが、立地は二号店の方が良い感じです。駅と駅の間なので人通りは多いし、年齢層も老若男女問わずです。現に訪ねた時も女子高生も食べてました。

最後までお付き合いをお願いいたします。 

 

目次

お店の雰囲気

立ち食い蕎麦やが綺麗なラーメン店に変貌していました。匠の文字が旨いぞ~!と主張してます。営業中の看板が大きいです。

f:id:afromanjaro:20181225204714j:plain

匠の文字が目立ちます

メニュー看板です。出汁系のラインナップは本店と変わりません。

f:id:afromanjaro:20181225204713j:plain

店頭のメニュー看板

お食事 

◯あごだしらーめん 700円

本店にもある「あごだしらーめん」を注文しました。店内にある券売機で食券を購入、食券を手渡し、その後に外待ちで並ぶ必要があります。店内での立待は鬱陶しく感じる場合もありますからね。

空きが出来てから入店着席。すぐに着丼しました。豚バラチャーシュー、穂先メンマ、白ネギ、岩のり、魚ダシが決まっています。糸唐辛子はありません(本店にはあった気がするが、どうかな)

f:id:afromanjaro:20181225204706j:plain

あごだしらーめん

魚介ベースの美味しいスープ。出汁なのか、タレなのか、かなりインパクトがあります。やはり老若男女、人通りを意識してチューンナップしてあるんでしょう。旨いです。

f:id:afromanjaro:20181225204707j:plain

あごの香りがプンプンします

麺はカネジン特注の中細ストレート麺。中太麺のらーめんもあるみたいですが、食べ慣れた麺です。

f:id:afromanjaro:20181225204708j:plain

カネジン食品の特注中細ストレート麺

栄昇らーめんの看板の様な穂先メンマです。最近は穂先メンマのお店が増えましたが、ハシリのお店だと思います。

f:id:afromanjaro:20181225204709j:plain

本店同様に人気があるであろう穂先メンマ

美味しい豚バラチャーシューです。もう一枚欲しいです。

f:id:afromanjaro:20181225204711j:plain

豚チャーシューが大判ですが一枚とちと寂しい

へへ、ナルト。入っていると安心しますね。このナルトも無添加なんだろうか。

f:id:afromanjaro:20181225204710j:plain

本店もナルトが入っていましたね

食べ終わって 

厨房には若い男性と若い女性。本店も若い人が多いです。本店と同じ感じですが、やはりチューンアップしてある様です。香味油なのかな、僅かに濃いめです。女子高生が連れ立って入ってきて、席が離れても構わずに食べていたのは印象的でした。私の行くお店で女子高生はほとんど見ませんからね。あっ、二郎の京成大久保店では偶に見かけるか。

二号店、繁盛していました。ご馳走様でした。

その他

〇お手洗い 

未使用です。申し訳ありません。もしかしたら、トイレは無いかも。

〇お店情報

店名 栄昇らーめん 匠 
住所 千葉県習志野市津田沼1-10-41
電話 047-429-8039
営業時間  11:00~21:00(通し営業)
定休日 無休 
備考 禁煙 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告