八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【船橋】顔かたちが整っていて美しい、正に端麗な鶏魚介の塩らぁめんが旨い@鶏らぁめん たけなか 初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20181126204003j:plain

端麗 味玉 塩らぁめん

☆大好きな街 船橋のお店を勝手に紹介する船橋シリーズ!☆ です。

船橋市のラーメン店を食べ尽くそうと思い、このBlogを書いてますが、達成は一体何時になることやら。

どんどん新店がオープンしています。せめて駅の近くだけでもと限定しても追いつきません。この日は珍しくラーメンが食べたいと言う妻と、半年前にオープンしたお店を訪ねました。

お店の店名は「 鶏らぁめん たけなか」さんです。

こちらの店主は本八幡のとても美味しいラーメン店「らーめん鈴家」で修行された方で、たぶん竹中さんと言うのでしょう。

オープン後に訪問の機会はあったのですが、閉店中だった時期もあり、また個人店ではなさそうなので後回しにしていました。最後までおつき合い願います。
 

目次

お店の雰囲気

う、入り口は何処?って探しましたが、奥の階段にありました。派手な店頭アピールですが意外に綺麗ですが、右壁の整体のポスターもしっかり気になったりして。

f:id:afromanjaro:20181126204020j:plain

綺麗なお店の様です

階段手前には大きく綺麗な暖簾が下がり、階段室壁にはスープの薀蓄が書いてあります。お金が掛かっていますね。これはあきらかに個人店ではないですね!

f:id:afromanjaro:20181126204019j:plain
f:id:afromanjaro:20181126204017j:plain
綺麗な暖簾の奥に地階への階段があります

入店すると「いらっしゃいませ~!」の元気な声が掛かりました。厨房内の店主と助手のお二人からです。声に反応して直ぐに左手の厨房を見たので、左手の券売機に気づかずに進もうとすると、「先に食券を・・・」と促されて右手に小さな券売機へ逆もどり。

f:id:afromanjaro:20181211121031j:plain

小さな券売機。既に空きがない!

食券を買ってから、お冷を置かれた席(この時はカウンター)に座りました。眼の前にはメニューの紹介と営業時間、SNSが書かれたプレートがあります。メニュー説明は券売機にもほしいですね。

f:id:afromanjaro:20181126204001j:plain
f:id:afromanjaro:20181126204000j:plain
営業時間情報とらぁめんの説明

店内は静かに懐かしい感じで落ち着きます。さて、何を食べようかなぁ。サービスセットメニューにしようか。 

f:id:afromanjaro:20181126204002j:plain
f:id:afromanjaro:20181126203959j:plain
店内も綺麗です。この日の端麗はホンビノス貝が入っていないそうです。

しかし、こちらのらぁめん、『端麗』 と言う字を書きます。一般に「顔かたちが整っていて美しいこと」と言う意味です。よっぽど美しいらぁめんなのでしょうね。楽しみです。

巷のラーメン店でよく使われる『淡麗』は、「酒の味が、滑らかでみずみずしい感じであること」で、ラーメンに応用している訳ですが端麗はちょっと珍しいなぁと思いました。

注文したお食事

◯妻は濃厚鶏魚介つけ麺 800円

妻は最近、濃厚系を好みます。竹を割ったような性格なのにどういう変化なのでしょう?知らんけど。

待つこと暫し、提供されたつけ麺がコレです。なんとなく雰囲気が珍しいつけ麺。

f:id:afromanjaro:20181126204007j:plain

濃厚鶏魚介つけ麺

つけダレの丼には白濁した泡状のモノが浮いており、その上に大量の魚粉がのっています。妻の言葉は、さらっとした粘度低めの鶏魚介の様らしい。麺との絡みはどうなのでしょう。

f:id:afromanjaro:20181126204008j:plain

魚粉がたっぷり

麺は修行店の鈴家同様の中野の大成食品製の中太縮れ麺でした。モチモチした麺は美味しいそうです。ツケタレとの絡みはイイそうです。山葵は鈴家と同じです。この山葵は他のお店でも欲しいところです。

f:id:afromanjaro:20181126204010j:plain

麺には山葵のくっついています

妻は遠慮したのですが、お願いしてスープ割をお願いしました。鶏魚介はいい感じに温まり、とても美味しいです。刻みネギがいい仕事をしています。

f:id:afromanjaro:20181126204016j:plain

妻のスープ割り
◯わたしは端麗味玉塩らぁめん 800円

さて、私は端麗味玉塩らぁめんです。端麗、うん確かに美しい。たぶん、蛸唐草模様の反高台丼(名称が違うかも)も、美しさの一役を担っていますね。

f:id:afromanjaro:20181126204003j:plain

端麗味玉塩らぁめん

綺麗な豚チャーシュー。これは低温調理っぽく見えます。あぶら身が美味しそうです。 

f:id:afromanjaro:20181126204004j:plain

大判のチャーシューが二枚

大きなチャーシューと味玉は丁寧に作られていて好感が持てますね。当然美味しいです。

f:id:afromanjaro:20181126204014j:plain
f:id:afromanjaro:20181126204015j:plain
低温調理っぽい豚チャーシューと味玉

らぁめんの麺は中細ストレート麺でした。スープとの相性が良く美味しい。

f:id:afromanjaro:20181126204012j:plain

大成食品製の中細ストレート麺も美味しい

食べ終わって

この日は休市日だったらしくホンビノス貝の入荷が無かった為に鶏出汁のみのスープでしたが旨味の凝縮した美味しいスープでした。ホンビノス貝が入っていたら、もっと芳醇な味わいだったと思います。少し残念ですが次回が楽しみです。ご馳走様でした。 

その他 

おトイレ

物凄く綺麗なトイレです。トイレを綺麗に保っているお店は良いですね。

お店情報

店名 鶏らぁめん たけなか
住所 千葉県船橋市本町4-3-3 船橋駅前ビル B1F
電話番号  047-455-8675
定休日 無休・臨休あり
営業時間 [火~土] 11:30~28:00  [日] 11:30~15:00 [月] 18:00~23:00
備考 HP:https://ramen-takenaka.jp/ Tweet:@RAMEN_TAKENAKA

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告