八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【船橋】焙煎豆が美味しいから、バリスタ世界チャンピオンの6:4 メソッドを勉強するのも楽しいかも@Philocoffea Roastery & Laboratory(フィロコフィア ロースティー&ラボラトリー)初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20180924211814j:plain

カフェラテ(豆200gで一杯サービス)

 ☆大好きな街 船橋のお店を勝手に紹介する船橋シリーズ!☆ です。 

以前掲載した「ドトールコーヒー船橋駅南口店」と「RUDDER COFFEE」を展開する船橋コーヒータウン化計画のキーパーソンである粕谷氏が手掛ける焙煎所です。テイスティング以外でも珈琲を飲める様です。街の寄り合い所みたいに色々な人が出入りしてました。

今日のお店の名前は「Philocoffea Roastery & Laboratory」さんです。

場所は京成船橋駅をずっと南下して、船橋市民文化ホールの更に南です。以前は玉子の豊丸さんがあった場所です。私達は試飲をしてから珈琲豆を購入してきました。とても美味しい珈琲が頂けます。最後までお付き合い下さい。

 

目次

お店の雰囲気

◯改装途中の様な感じ

店舗面積は広いですが、右手がカウンター、奥が焙煎所になっていますので、左手前(丁度写真に写っている位置)が椅子席になります。6~10名位の空間でしょう。

お店はまだ改装中って感じですが、これで終わりにしたのかもしれません。

f:id:afromanjaro:20180924211809j:plain

Philocoffea Roastery & Laboratory

珈琲豆の焙煎販売の他に、各所で講演会?(講習会)を催している案内がありました。こちらの船橋フィロコフィア共同代表の梶氏はバリスタ世界チャンピオンなので、 粕谷さんの講習会で6:4 メソッドと言う抽出を勉強するのも楽しそうです。

f:id:afromanjaro:20180924211808j:plain

Philocoffea Roastery & Laboratory

店内のカウンターの様子です。接客と豆の準備、ドリンク淹れの全部を熟してました。

f:id:afromanjaro:20180924211815j:plain

店内のカウンターの様子

お食事

◯妻はコロンビア ビジャ ファティマ(中煎り)のラテ 500円

焙煎して豆を200g購入するとサービスになる様です。

f:id:afromanjaro:20180924211813j:plain

カフェラテ
◯私はお店のブレンド(中深煎り)ミディアムダーク 500円

ブレンド珈琲は、ミディアム・ミディアムダーク・ダークの3種類です。浅煎り・中深煎り・深煎りとなるわけで、200gで700円、400gで1,300円です。

個人的には浅煎りと中深煎りが好みで、両方買ってきました。香りも良く、朝の目覚めの珈琲には浅煎りの方が好みです。

f:id:afromanjaro:20180924211812j:plain

ミディアムダーク(中深煎り)

食べ終わって

冒頭でも書きましたが、お客は珈琲豆を買いに来たり、珈琲自体を飲みに来たりしているわけですが、いつも賑わっていました。街の寄り合い所みたいに感じる明るいおみせです。

f:id:afromanjaro:20180924211810j:plain

豆を購入

その他(お店情報ほか)

◯お店情報

店名  フィロコフィア ロースティー&ラボラトリー (Philocoffea Roastery & Laboratory)
住所  千葉県船橋市本町2-3-29
電話  047-460-9400
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
備考  

系列店の記事

past.bgg-eikokudo.net

www.bgg-eikokudo.net

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告