八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺飯クロニクル  

【船橋】美味しい肴と旨いお酒をとても気軽に頂けるお店@和食の店 こみや 9回目

広告

f:id:afromanjaro:20180206201522j:plain

とらふぐの煮こごり

  ☆大好きな街 船橋のお店を勝手に紹介する船橋シリーズ!☆ です。 

最近多用している言葉 " ひさし振りにお邪魔しました " 。二年ぶりくらいかも。場所は京成電鉄船橋駅からでもJR船橋駅からでも5分くらい。JR船橋駅南口から南下する船橋駅前通りから、駅を背にして左手奥に並行する船橋駅前東通り商店街があります。この商店街、いつの間にか改名していて " 山口横丁商店街 " となっています。その商店街の入り口付近にあるビルの5階にある美味しい和食のお店です。

お店の名前は「和食の店 こみや」さんです。

船橋のビルの中なので門構えを求めちゃいけませんが、このこみやさん、料理もお酒も美味しいんですよ。最後までお付き合い下さい。

 

目次

 

お店の雰囲気

◯5階建ての5階

見上げるとノッポなビルです。この五階です。写真のなか、左右に横切っているのが山口横丁商店街の通りです。左奥に伸びる通りはず~と進むと宮本町方面に繋がります。

f:id:afromanjaro:20180206201541j:plain

このビルの五階

ビルの脇に目印の行灯があり、ビルの入り口奥のEVで五階へ直行です。

f:id:afromanjaro:20180206201539j:plain
f:id:afromanjaro:20180206201538j:plain
横の入り口からEVで五階へ

お食事

お決まりの「先ず生!」からスタートです。これは写真を撮っていません。 

◯房島屋 純米酒 岐阜 700円

そして速攻で純米酒です。まず、房島屋、超辛口7。純米7号酵母一回火入れです。お店の紹介では以前は限定だったらしい。結構酸味がある辛口の味でした。ぬる燗でもイイらしいが、初めてなので冷で頂きました。酒度+15って辛いですね。

f:id:afromanjaro:20180207154334j:plain

房島屋 純米7号酵母超辛口 一回火入れ
◯もずく(お通し)

こちらのもずくは温かい汁物でした。冷たくて体が冷える事がありますが、これなら温まる。味が鮮明になって美味しい。温いもずく、初めて頂きました。

f:id:afromanjaro:20180206201535j:plain

温かいもずく
◯お刺身盛り合わせ3人前 5,000円

値段失念、たぶん5,000円くらいだと思います。ここの盛り込みは多いを忘れてました。結果11種3人分づつある。大変美味しんですが、難点は摘んでる途中でどれを食べたか分らなくなります。

f:id:afromanjaro:20180207202624j:plain

品数が多くて嬉しいです。

11種をぜんぶ説明してくれますが覚える順に忘れます。ヒラメ用に別に小皿が用意してくれた様です。

f:id:afromanjaro:20180206201534j:plain

お刺身の盛り合わせ(3人前)
◯菜の花のお浸し 700

旬の菜の花のお浸しを頂きました。軽くあっさりと調理してあるので栄養も逃げてない感じで美味しいです。緑の野菜。免疫力アップ、風邪予防に最高ですね。

f:id:afromanjaro:20180206201532j:plain

菜の花おひたし
◯寒鰤の幽庵焼き 980円

幽庵焼き好きの連れが注文した一品。寒鰤は今が旬。それを漬け込んで焼いた幽庵焼き。美味しくない筈がありません。
「祐庵と言う人が考案したんだよね」と話題にすると全く信じてもらえなかったです。本当なのに。

f:id:afromanjaro:20180206201530j:plain

寒鰤の幽庵焼き
◯なめた鰈の煮物 2,200円

カレイが高いのでしょうね。知らんけど。滑多鰈と書くらしい。定番の甘辛く煮付けた鰈が出てくるかと思ったら違ってました。ご飯のおかずじゃないからね。舐めたらあかんぜよ。幾らでも食べられます。

f:id:afromanjaro:20180206201529j:plain

なめた鰈の煮物
◯菊の司 美雪(みゆき)冬季限定純米新酒 岩手 750円 

冬を楽しむ純米しぼりたて。美味すぎる。香りと辛口度の共存してファンになっちゃいますね。しぼりたてをそのまま無ろ過生原酒でビン詰めした「美雪(みゆき)」。これ口開けでした。嬉しいです。

f:id:afromanjaro:20180207161555j:plain

【冬季限定】純米新酒 菊の司 美雪(みゆき)
◯若竹煮 980円 

もう新たけのこなのか?と語尾を上げてしまった自分が恥ずかしい。お酒がすすむ品ばかりで最高に美味しいです。包丁細工も素敵です。 

f:id:afromanjaro:20180206201524j:plain

若竹煮
◯とらふぐの煮こごり お値段失念

実は料理名はうろ覚えです。とらふぐを注文した記憶があり、たぶんこの写真だろうと掲載しました。違っていたらゴメンナサイ。でもビジュアルは美味しそうでしょ。前日のせんべろの煮こごりとは別格です。

f:id:afromanjaro:20180206201523j:plain

とらふぐの煮こごり
◯もちなまこ酢 価格失念

なまこ好きとして注文してしまいました。連れは手を付けずです。美味しいのに。ところでもちなまこってどんなのか分かりません。なまこ餅なら知っていますが。食感は間違いなく海鼠でした。そして海鼠にはお酢ですよね。子供の頃、良く食べました。

f:id:afromanjaro:20180206201521j:plain

もちなまこ酢
◯上喜元 特別純米 からくち ぷらす12 山形 680円

上喜元はお刺身に合う超辛口のお酒と言う認識です。このお酒を飲めば誰でもご機嫌になる!らしいネーミング。確かに上喜元になります。イヤ、既になっていたかも。山形の酒田酒造さんのお酒。最後に呑むお酒じゃないかな。後味が良いので選んでしまいました。

f:id:afromanjaro:20180207154254j:plain

上喜元 特別純米 からくち ぷらす12
◯漁師風鯛飯 750円

最近太り気味で、これはお酒の所為だと思っていますが、最後に炭水化物を食べてしまいました。だって美味しんだもん。鯛の漬けがのっています。最高ですね。

f:id:afromanjaro:20180206201517j:plain

漁師風鯛飯

食べ終わって

日本酒三合、しっかり頂きました。料理は3人で食べています。わたしにはちょっと豪華版の酒席でした。どれも美味しくて、お酒も美味しくて、困りますね。

こちら、お座敷とテーブルのお店です。お座敷は全て掘り炬燵で足が楽ですネ。接客も丁寧で、料理やお酒の説明もしっかりしてくださいます。勿論、リコメンドをお願いすることも可能です。気取らないお店ですが、お味は最高です。

 

その他(お店情報ほか)

◯お店情報

店名   和食の店 こみや
住所  千葉県船橋市本町4-4-1喜久水ビル5F
電話 047-426-1280
営業時間 11:30~14:00  17:00~22:00
定休日 水曜日定休(祝祭日の場合は営業)
備考 当日でも事前予約をお勧めします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告