八五九堂 Blog

エイコク堂 船橋を愛するオヤジのカメラと酒麺クロニクル  

東中山の絶品生ホンビノス貝の醤油らーめんを食べよう!@中華そば とものもと 千葉県船橋市 5回目

広告

f:id:afromanjaro:20161019135438j:plain

 

こんにちは、エイコク堂です。

☆大好きな街 船橋のお店を勝手に紹介する船橋シリーズ!☆ です。

 

今日は京成東船橋で美味しいと有名なラーメン屋さんの紹介です。
その店名は「中華そば とものもと」さんです。

難病を克服してお店を再開されて頑張っておられる、この辺りでは有名なお店です。実際に味が素晴らしいので立て続けに訪問しています。

先日も、特製つけめん・塩らーめんを頂き、とても美味しかったので、またまた東中山に行ってきました。

 

目次

 

お店の雰囲気と接客

京成東中山駅そばのビートルズハウス
f:id:afromanjaro:20160916161634j:plain
とものもとさんの近くのビートルズハウス(勝手に呼んでます)の近くで写真を撮っていると滅茶苦茶蚊に刺されちゃいまして、写真って本当に大変です。
 
平日は夜営業のみ

マスクをされた市原店主と奥様が笑顔で元気に丁寧にお迎え頂きます。営業再開以降はラーメンに愛情を加えることにされたそうで、接客時の笑顔は最高です。

お店は飲食店の居抜き

ご夫婦で営業されてから暖かみが出てきたような店内の雰囲気です。カウンターのみの店内は清潔にされています。ダウンライトもラーメンを美味しく見せる演出なのでしょう。

 

お手洗い

言うまでもなく綺麗にされています。

 

基本の醤油らーめんはやはりホンビノス 

前回は特製つけめん・塩らーめんと頂きましたので、今夜は基本の醤油らーめんを頂きます。 

綺麗な醤油らーめん 

醤油らーめん750円チャーシューご飯200円を注文。綺麗な醤油らーめんですね。

特製ではなく、普通の醤油らーめんです。

 

レギュラー仕様の醤油らーめんのトッピングは、低温調理の豚チャーシューと鶏チャーシューに、穂先メンマ、ホンビノス貝アオサ
特製のワンタンと煮玉子も魅力的ですが、レギュラー仕様で全く見劣りしませんね。

 

地元船橋産のホンビノス貝を使用しているそうです。生のホンビノスです。




二種類の低温調理チャーシューの色合いがいいですね。



全粒粉が練り込まれた麺は茹で加減がよろしく美味しいです。



サイドメニューのチャーシュー丼です。
丼ぶりの中で特製タレ?をかけて、炙ってから載せてました。
これが200円とはお値打ちですね。



食べ終わって

立て続けに3回の訪問で殆どのメニューを頂きました。
サイドメニューを含めて、どれもこれも計算された調理でとても美味しいです。
体調を崩されて以来、より愛情を込めて調理されているそうです。
すてきなおみせです。ご馳走様でした。

帰るときの京成東中山駅です。
さっきまで雨模様でしたので夕焼けが綺麗でした。

頻繁に食べに来たいお店です。 

 

その他

直近の記事(つけ麺と塩らーめんの記事です)


お店情報

店名 とものもと
住所 千葉県船橋市東中山2丁目3−2 東中山ビル 102
電話  047-333-5556
営業時間 平日 18時00分~22時00分
     土日 11時00分~15時00分
定休日 金曜日
お店のHP ↓毎月の営業情報や臨休情報が書かれています。チェックして下さい。

今日のカメラ