八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺クロニクル  

習志野の美味いサッポロラーメンのお店@パンケ 京成大久保店 千葉県習志野市 十数回目

広告

f:id:afromanjaro:20180220204416j:plain

みそメンマ・半餃子(3ケ)

  ☆地元 京成大久保駅前のお店を勝手に紹介する学園おおくぼ商店街シリーズ!☆ です。 

  京成大久保駅駅から日大へ続く商店街からは位置的に外れていますが、間違いなく商店街に属している本格サッポロラーメンのお店です。平成2年頃から同じ場所で営業しているらしいので、わたしの方が京成大久保歴は短いです。
 最近は足が遠のいておりましたが久しぶり(たぶん5年振り)に訪ねてみました。

 お店名前は「パンケ 京成大久保店」んです。

 店名のパンケは北海道の言葉で由来はアイヌ語です。店主の修行先は隣町の八千代市の有名店 " パンケ " で、こちらの京成大久保店は暖簾分け一号店だそうです。パンケは今では成東にも暖簾分け二号店があるらしいですが、わたしは此処しか知らないのです。

 特徴は札幌の西山製麺の麺を使用し、豚骨ベース?の様な甘みを帯びたスープが実に美味しいと自分は思っています。最後までお付き合い願います。

 

目次

 

お店の雰囲気

 こちらがパンケ京成大久保店の店構えです。八千代市の修行先のパンケよりも間口が広く綺麗です。

f:id:afromanjaro:20180220204425j:plain

間口の広い大きなお店です

 店主は寡黙な感じの男性、主に麺茹を担当し、もう一人の男性は大きな中華鍋でスープ系の調理を担当しています。たぶん、この体制で20年近く調理しているんじゃないでしょうか。こちらのコンビしか拝見したことがありません。そして接客やお会計は奥様?が担当しています。

 こちらの三人とも、調理していない時に入り口の上の方向を揃って黙って見上げている様が不思議でならないです。客席から見えない所にTVでも置いてあるのかしら。

f:id:afromanjaro:20180220204411j:plain
f:id:afromanjaro:20180220204412j:plain
カウンターはいつも綺麗

お食事

◯半餃子(3ケ)200円

 先に半餃子が出てきました。自家製、お店で作っていると書いてあります。この日は酢胡椒で頂きます。

f:id:afromanjaro:20180220204414j:plain

半餃子3個

 お箸の使い方が下手で綺麗に割れませんでしたが、肉と野菜の旨みたっぷりのジューシーな餃子でとても美味しいです。 

f:id:afromanjaro:20180220204424j:plain

お店手作り餃子
◯みそ 900円 + メンマトッピング 200円

 サッポロラーメンのお店で西山製麺ですから、折角なのでみそラーメンにしました。トッピングはメンマです。メンマトッピングって意外に高いですよね。200円以上するお店は丁寧に戻してから味付けしているのかもしれませんね。こちらも200円なんでそうなのかな。

 中華鍋に野菜を放り込んでラードで炒めて、丼でスープを合わせています。

f:id:afromanjaro:20180220204418j:plain

みそ・メンマトッピング

 スープは丼内で各種調味料と合わせて、ハンドミキサーで撹拌すると言う定番のスタイルです。豚骨系?のベーススープと甘めの味噌がよく合います。

f:id:afromanjaro:20180220204421j:plain

ラードの浮いたスープ

 当然アツアツ。こういうスープには西山製麺の麺がよく合いますね。

f:id:afromanjaro:20180220204422j:plain

西山製麺の麺
◯食べ終わって 

 なんだかんだで美味しいお店です。小さな子供連れ用の椅子もあり、大人のラーメンを小分けして食べてもOKです。ビールもご飯もキムチもありますので色々楽しめるお店でとてもオススメです。

 弟さんが経営されていた " らーめん幌 ” は知らない間に閉店し、船橋の " コタン " は弟弟子の様ですが、やっぱり此処は美味しいです。

その他(お店情報)

◯お店情報

店名 パンケ 京成大久保店
住所 千葉県習志野市大久保2-1-1
電話 047-478-9191
営業時間 11:30~23:00
定休日 月曜日
備考 喫煙可・駐車場は並びの左手100mの所に数台分あります。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告