八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺クロニクル  

辛さの中の混沌の妙味!う~ん辛くて分からんけど美味いカシミールカレー@BOMBEY CAFE(旧柏ボンベイ西口店)千葉県柏市 4回目

広告

f:id:afromanjaro:20180206162353j:plain

カシミールカレー(鶏肉・極辛口)

 随分前に訪ねています。その時は看板メニューの " カシミールカレー " の『極辛口』の文字に恐れをなし、別のカレーを食べた辛い苦い思い出があります。この日は家人を伴ってリベンジにお邪魔しました。

 昨日の記事「柏の街と Sony NEX-5R + Sigma 19mm F2.8 DC Art January 2018」でランチに食べたカレーのお店を紹介します。

 お店の名前は「BOMBEY CAFE(旧柏ボンベイ西口店)さんです。

 西口店と名乗っている頃に2回、現在の『BOMBEY CAFE』になってからは2回目です。私の好きな古着屋さんShamrockさんのすぐ近くです。

 柏近郊にはボンベイさんが数店あり、その辺のことも少し触れたいと思います。最後までお付き合い願います。 

 

目次

 

お店の雰囲気

◯綺麗なCafeスタイルのお店

 居抜きを改装したのだと思いますが、窓等の開口部が大きく素敵な印象です。

f:id:afromanjaro:20180206163448j:plain

BOMBEY CAFE 柏駅西口

 入り口の感じは本店『カレーの店 ボンベイ』と同じ雰囲気。店頭の椅子は外待ち用だと思いますが、レトロ感たっぷりで実際に座ると壊しそうです(笑) 

f:id:afromanjaro:20180206162938j:plain
f:id:afromanjaro:20180206162924j:plain
カフェスタイルです
◯本店のカレーの店ボンベイ

 こちらは東口から約徒歩5分、駅前通り商店街「ハウディモール」を直進し、最初の大きな交差点を渡って直ぐ左手にあります。以前は食堂みたいだったのに綺麗なお店になっています。

f:id:afromanjaro:20180207110305j:plain

カレーの店ボンベイ

ボンベイのこと

 こちらのボンベイは柏では知らない人がいないほどの有名店です。

 創業はなんと1968年(昭和43年)で、2003年まで同じ東口から南へ少し進んだところにお店(私も数回食べた事があり、食堂みたいでした。)があったのですが、ビルの改修工事によって一次閉店。その後、店主の鈴木忠夫氏の体調が思わしくなく2005年に再開を断念。その後、磯野晃一氏が鈴木忠夫主夫人と一緒に2011年に現在の場所で再オープンしました。実はTVの受け売りです。

   現在ではこの本店の他に、今日のBlogのBOMBEY CAFEと、松戸ボンベイがあるそうです。 

 話は少し遡って先代店主の鈴木忠夫氏のこと。料理研究家の田中敏夫氏の指導を受けてカレーの店ボンベイを初めたそうです。この田中敏夫氏という方はあの有名な上野デリーの創業者なのです。

創始者 田中敏夫は、長年のインドでの研鑚を終え、昭和31年2月28日現上野店所在地において個人営業を開始当時カレーハウス・デリーと称しカレー粉をまったく使用しないインド現地の民族食、カレー料理を提供する唯一の店として発足する。

引用元:デリーHP


 正に45年に渡って地元で愛されてきた柏の心のカレー店なのです

 

f:id:afromanjaro:20180206161455j:plain
f:id:afromanjaro:20180206162805j:plain
広く落ち着いた店内の様子

 お食事  

◯妻はAターリー 1,000円
  (シチュードカレー 豚肉と野菜 甘口・ビーフカレー 牛肉 辛さ普通)

 西口のBOMBEY CAFEのターリー。東口の本店は再開後に一度しか食べたことがなくて、その時は思い出の味と比べてしまって失礼していましたが、最近になって西口のこちらにはターリーがメニューに載った様です。

 Aターリーはお好きなカレー2種とライスにチャパティ、タンドリーティッカ、サラダ多数で盛りだくさんです。わ~ぁ!と声が出ちゃいますね。

f:id:afromanjaro:20180206162518j:plain

Aターリー カレー2種、ライス、チャパティ、タンドリーティッカ、サラダ

ターリー

大きなお皿にカレーは数種類。ほかにチャパティ(アタ/全粒粉)を使った発行させないパンやサラダを盛り合わせたインドやネパールの伝統的な一皿料理です。

 妻のチョイスはシチュードカレーは豚肉と野菜のカレーで甘口です。辛いのは苦手な妻はメニューから甘口を探してました。しかし、結構ビターです。次にビーフカレーは和牛脂とルーの味が醸し出す欧風カレーだそうです。普通の辛さです。

f:id:afromanjaro:20180206162532j:plain

シチュードカレーとビーフカレー

 コールスローは酸味が少な目。辛いカレーには丁度良いのでしょう。

f:id:afromanjaro:20180206162545j:plain
f:id:afromanjaro:20180206162559j:plain
いろいろあります

 妻は苦手なものもあった様ですが、これだけ色々あると、それだけで満足です。

f:id:afromanjaro:20180206162313j:plain
f:id:afromanjaro:20180206162326j:plain
まだまだあります

 

◯娘もAターリー 1,000円
  (チキンカレー 鶏肉 普通・ポークカレー 豚肉 辛さ普通)+ ゆでたまご 100円

 娘はチキンカレーとポークカレーをチョイスしました。チキンカレーは鶏肉を使い辛さは普通、ボンベイ創業からの味らしく、サラッとしているとか。ポークカレーは豚肉で辛さは普通、丹念に作った香りの強いコクのある味の様です。

f:id:afromanjaro:20180206162819j:plain

こちらもAターリー、ゆでたまご付き
◯わたしはカシミールカレー 850円(鶏肉 辛さ極辛口)+ ゆでたまご 100円

 やはり極辛口の文字にビビりましたが注文してみました。辛さ対策にゆでたまごも注文です。

 そしてやはり辛い。ボンベイ45年の味ですが辛いです。額に汗してどころではありません。頭皮全体から汗が吹き出ました。

f:id:afromanjaro:20180206162353j:plain

カシミールカレーとゆでたまご

 鶏肉とじゃがいもがゴロゴロ入っています。ルーはサラッとしていますが少々粘度があります。辛旨です。

f:id:afromanjaro:20180206162048j:plain

鶏肉とじゃがいもがゴロゴロ

 柏レイソルパートナーのお店なのでお皿にもレイソルマークが入っています。以前はボンベイマークでした。

f:id:afromanjaro:20180206162032j:plain

ライスは多めでReysolのマークの皿で提供

 ターメリックで色がついたゆでたまごに仰天しました。でも美味しそうでしょ。

f:id:afromanjaro:20180206162102j:plain
f:id:afromanjaro:20180206161443j:plain
ゆでたまごはターメリック

 旨い!辛い!の繰り返し、途中で深呼吸もし、食べきりました。

f:id:afromanjaro:20180206161428j:plain

意外にトロトロのルー
◯卓上のアチャールとピクルス

 常備されているアチャールとピクルス。辛さの緩和に丁度良かった。

f:id:afromanjaro:20180206162754j:plain

アチャールとピクルス
◯デミ珈琲

 食後の珈琲はデミ珈琲。お店でネルドリップしている本格派で、チョコと一緒に頂くといい塩梅に辛さが消えていきますね。 

f:id:afromanjaro:20180206161512j:plain

最後にデミタス珈琲

食べ終わって 

 入店前に店頭に10名くらいの行列があり、妻はカレー店で行列なんて考えられない!辛いなら他に行きたい!とか言ってましたが、ターリーを食べて大満足してました。曰く「こんなに美味しいと思わなかった。このお店、当たりだよ!」とか。良かったです。まぁ当たりなのは知っていましたが。私はこのあとで咳をするたびに喉がヒリヒリしました。

 如何でしたでしょうか?柏の有名カレーハウス。今度はまた本店の方に行ってみたいです。上野のデリーもイイかなぁ。楽しみです。ご馳走様でした。

◯お手洗い 

 とても綺麗な広いおトイレでした。ウオシュレットです。

◯お店情報

店名 BOMBEY CAFE
住所 柏市旭町1-7-17 中山ビル
電話 04-7145-2797
営業時間 【平日・土曜】11:30~15:00 / 18:00~23:00(LO:22:30)
     【日曜・祝日】11:30~15:00 / 18:00~22:00(LO:21:30)
定休日 木曜日
備考 カレーの店ボンベイ|CURRY HOUSE BOMBAY

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告