八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺クロニクル  

新津田沼の駅そば、唐揚げそばを食す@我孫子 弥生軒 新京成電鉄新津田沼駅上りホーム 千葉県習志野市 2回目

広告

f:id:afromanjaro:20171218203808j:plain

看板メニューの唐揚げ蕎麦

 久しぶりに唐揚げそばが食べたくなり、会社帰りに訪問。1年3ヶ月振りです。新京成電鉄の新津田沼駅の松戸方面行きのホームへ移動します。このホームはホーム長があり、電車の先頭車両より遥かに長いのです。ですから蕎麦を食べる時は電車よりずっと先まで歩いて行くことになり、ちょっと違和感に包まれます。

 そのお店の名前も長くて「我孫子 弥生軒 新京成電鉄新津田沼駅上りホーム」さんです。

 正式に言う人は居ないと思うけど。こちらは有名な我孫子弥生軒のフランチャイズ店です。新京成の五香駅のお店も同経営らしいです。最後までお付き合い願います。

 

目次

 

お店の雰囲気

 下の写真はネット上の広い写真ですが、本家本元の我孫子弥生軒です。JR常磐線我孫子駅ホームにある「弥生軒」。街に溢れる「やよい軒」ではありません。
 駅そばを初めて50年以上の歴史があるお店で、以前は駅弁も製造販売していたそうです。その時分に有名な放浪画家の山下清「はだかの大将」が働いてたとか。飯に困らないからと雇って貰っていたそうです。
 お店の売りは、大振りな唐揚げが入った唐揚げそばです。 

f:id:afromanjaro:20171225131029j:plain

引用元:Masaki Nishidaさんの投稿よりhttps://retty.me/area/PRE12/ARE41/SUB4103/100000041342/27544322/
◯さて、新京成電鉄新津田沼駅上りホーム店です 

 午後6時で先客ゼロ。滞在時間内に一人お客が来たと思ったらバイトさんでした。大丈夫でしょうか?

f:id:afromanjaro:20171218203813j:plain
f:id:afromanjaro:20171218203814j:plain
ホームの端っこのお店。電車が先頭車両よりも、ず~と先端にあります。

お食事  

◯唐揚げそばと手作りいなり 400円+80円

 これが唐揚げそば。店主が気を利かせてくれて揚げたてを載せてくれました。麺は冷凍麺。汁はシマダヤかな?関東風の出汁風で美味しいです。唐揚げは2枚載せが王道らしいですが、夕飯で2枚食べると翌朝も胸にツカエルので、デフォで頂きました。

f:id:afromanjaro:20171218203810j:plain

唐揚げそばと特大いなり
f:id:afromanjaro:20171218203808j:plain
f:id:afromanjaro:20171218203807j:plain
唐揚げは揚げたてでアツアツ

 では唐揚げをば頂きます。「熱!200℃!」揚げたてで美味いが熱いです。

f:id:afromanjaro:20171218203806j:plain

以前より小さくなったかなぁ

食べ終わって 

 衣厚めで生姜の風味がする大振りの唐揚げは、蕎麦汁を吸って美味しくいただけます。お値段も味も量も上等です。物足りない方は手作りいなり寿司もありますの是非お試しください。ご馳走様でした。美味しかった~(^O^)

◯お手洗い 

 駅ホームのトイレを利用下さい。

◯お店情報

店名 我孫子 弥生軒 新京成電鉄新津田沼駅上りホーム
住所 習志野市津田沼1-10-35
定休日 不定休
営業時間 11:00~22:00 / 土日10:30~19:00(実際は中休みがあります)
備考 150円の入場券でサービスがあるそうです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

広告