八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺クロニクル  

『やっぱり京都はイイ! October 2017』早口の解説付き花天井 平岡八幡宮・右京区梅ヶ畑

広告

Hiraokahachimanngu・Kyoto

 京都旅行5日目(10月26日)の4記事目です。この旅行の最重要目的の高雄山 神護寺を無事?参拝し下山。一万歩も歩いてませんが、34階分を登ったiPhoneアプリを見て疲労度が増しました。レンタカーを停めた駐車場に戻り、軽くストレッチをし帰ろうとすると、駐車場係の男性が近づいて来て帰り道にある平岡八幡宮を勧められます。

彼の口上は、
「神護寺参拝 お疲れ様で御座います。国道で帰るなら是非平岡八幡宮に寄りなはれ。なんと今、本殿が公開中。弘法大師(空海)によって創建され、あの金閣寺を創設した室町幕府3代将軍足利義満が再建。神護寺と違い境内まで車で入れて、本殿は階段で5段。」←京都弁風に読んでみて下さい。

 まるで普段から唱えている様な見事な長セリフで勧めてくれました。私達の耳に残った言葉は「弘法大師・車で入れる・階段5段」です。神護寺と比べてたら楽~!って思い、すっかりその気になり向かった訳です。帰る途中だし10分間位観ればいいね!ってな具合です。よろしく最後までお付き合いください。

 

   

目次

 

平岡八幡宮

 平岡八幡宮は、山城国最古の八幡宮でした。高雄山神護寺の守護神として、弘法大師(空海)によって創建され、平安末期、著しく寺社が荒廃し、神護寺復興に生命をかけた文覚が1190年(建久1)再興しました。室町時代に入り1407年(応永14)の火災により社殿を焼失してしまいましたが、足利義満によって再建されました。足利尊氏や義満、義政の子義持らが、しばしば参詣や紅葉狩りに訪れたと伝えられています。江戸末期、仁孝天皇の命をうけ社殿が修復され、現代の建物はほぼこの時に整備されたものらしいです。

 

 確かに境内まで車で入れて楽チンでした。ですが階段が5段ではありませんでした。おいおい!って軽く文句を言います(笑)

 

 拝殿  台風の片付けが終わり、綺麗にしたばかりだったそうです。

Hiraokahachimanngu・Kyoto

 本殿 花天井特別公開中でしたので拝観料を支払って花天井を観ることにました。ご案内は宮司さん自らして下さいます。しかし宮司さんは早口。想像ですが普段もお喋りなんだろうと思います。

Hiraokahachimanngu・Kyoto

 宮司さんご母堂様の遺言で修復された飾り。花天井は撮影不可ですが、少々地味な印象です。

Hiraokahachimanngu・Kyoto

 椿が有名と言うことで金魚の形をした椿を撮影。

Hiraokahachimanngu・Kyoto

 拝観者には大福茶が提供されます。

Hiraokahachimanngu・Kyoto

 社務所受付には丸々とした椿の花が、少々草臥れていますが本物です。

Hiraokahachimanngu・Kyoto

 

案内 HPから引用 

所在地 〒616-8271 京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町23番地TEL075-871-2084
正式名 平岡八幡宮
創建 809年12月10日(平安時代)
文化財 本殿(市・登録文化財-建造物)
料金 神殿、花の天井のみ有料 600円 春と秋に花の天井特別拝観あり
時間 10:00~16:00
駐車場 有り(バス2台分無料、自家用車20台分無料)
交通アクセス 市バス「平岡八幡前」下車、徒歩約3分

 

 

カメラ装備

DSC_2459

◯カメラとアクセサリー

Nikon デジタル一眼レフカメラ Df 50mm f/1.8G Special Editionキット ブラックDFLKBK

Nikon ソフトシャッターレリーズ AR11

Nikon フッ素コート付きファインダーアイピース DK-17F

Nikon 一眼カメラケース セミソフトケース CF-DC6 ブラック CF-DC6 BK

Nikon リモートコード MC-DC2

【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン スライドサミットエディション タラック(ネイビー) SL-T-2

◯高倍率レンズ

TAMRON 高倍率ズームレンズ 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD ニコン用 フルサイズ対応 A010N

HAKUBA SワイドサーキュラーPLフィルター 67mm (前ネジ付き) CF-SWCP67

 

 此処は宮司さんの早口だけが印象づけられちゃった感じですが、紅葉の時期は綺麗だそうです。10分の予定が60分も長居してしまいました。京都18本目でした。弊Blogをお訪ね頂きありがとうございました。