八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジのカメラと酒麺クロニクル  

第50回ふなばし市民まつりと、船橋親水公園花火大会を楽しんできました。July&August 2017

広告

 

船橋親水公園花火大会2017

 こんにちは、エイコク堂です。

 もう本当に遅筆ですが、やっとアップ出来ました(中身は無いですが)。7月29・30日に開催されたふなばし市民まつりの初日と、8月2日の市民まつりフィナーレの船橋親水公園花火大会2017を観てきました。船橋市は市政80周年。市政施行以降似たような市町村は多い訳ですが、お祭りはやはり盛り上がりますね。お祭りは2日目30日がパレードやお神輿が出て更に盛り上がるのですが、今年は初日の縁日に伺いました。賑やかな雰囲気が伝われば嬉しいです。最後までお付き合い下さい。

 

 ここは船橋市本町通り。凄い人です。

DSC02310

 

DSC02306

 

DSC02312

 

DSC02313

 

f:id:afromanjaro:20170810144356j:plain

 

DSC02316

 

f:id:afromanjaro:20170810143959j:plain

 

DSC02320

 

f:id:afromanjaro:20170810144203j:plain

 

DSC02337

 

DSC02339

 

f:id:afromanjaro:20170810144545j:plain

 

 道祖神社とそのお神輿。このお神輿には3年に一度しかお目に掛かれないそうです。

DSC02350

 

DSC02352

 

DSC02353

 

 疲れたので船橋仲通り商店街の珈琲店でビールを少々。

DSC02355


 さて、こちらは船橋親水公園の花火大会の指定席。8月2日です。仕事終了後でも指定席なので慌てることなく座れます。小雨に降られましたが、打ち上げ時刻に近づく程に少しづつ雨も上がりました。

 指定席は親水公園側600席(当日200席)と漁港側700席(当日200席)。指定席専用のトイレがあり、前後の席間隔は1.5m位あり三脚を設置しても通行出来る余裕がありました。ところが入場捩り所で配られた注意書きには三脚禁止の文字が。今年から禁止でした。しかし来場する人々の三割はカメラ愛好家で当然皆三脚を持っています。係員も仕舞いには「後ろの人の見物の邪魔にならない様に、通路も塞がない様に!」と折れてくれまして無事撮影が出来ました。

船橋親水公園花火大会2017

 そして初のBlub撮影です。初めは広角20mmで撮りましたが花火が小さく写るので、下の二枚目から35mmに変更。 

 設定と装備:Mモード・Blub撮影(4秒~15秒)・F8~13で調整・WB蛍光灯・MF・三脚・レリーズ・雨除けビニール・傘

 α7Ⅱは当然ブラックアウトしますので、老眼鏡を掛けながら都度液晶で撮れ具合を確認するのですが、α7sⅡにはライブビューしながら撮れるアプリがあるそうで裏山しいです。撮りながらOLYMPUS OM-D M5Ⅱのライブコンポジットは如何に便利か思い知りました。

船橋親水公園花火大会2017

 

船橋親水公園花火大会2017

 

船橋親水公園花火大会2017

 

船橋親水公園花火大会2017

 

船橋親水公園花火大会2017

 

船橋親水公園花火大会2017

 

船橋親水公園花火大会2017

 

船橋親水公園花火大会2017

 最後に来年以降の花火見物の注意事項です。
 船橋親水公園前売り指定席400席は発売当日に売り切れる勢いです。当日券を含めて600席にトイレ2室では明らかに不足しています。ビール販売があるわけですから長蛇の列が出て来ていました。三脚使用は事前に問い合わせた人には不使用と答えたそうで、事前告知が曖昧です。この2点は主催者が改善して欲しいですが、来年から三脚撮影は出来なそうで残念です
 最後に駐車場は平日はららぽーとが無料なので利用して良いのですが、最終利用時間の遅い駐車場を利用した方が良いです。ただ、帰宅時は駐車場から出るのに一時間は掛かりますので覚悟が必要です。