八五九堂 Blog

エイコク堂 船橋を愛するオヤジのカメラと酒麺クロニクル  

古くは工芸職人の街 秋葉原御徒町間の2k540 AKI-OKA ARTISANをぶらり July 2017

広告

2k540 AKI-OKA ARTISAN

 こんにちは、エイコク堂です。

 秋葉原と御徒町の中間にあるJRの架橋下のアート・ショッピングスペース。何度も訪ねてますが、この日はカメラを持っていました。7月の東京は暑いのでウロウロする気も無く、ちょっと歩いて(30mくらい)、そばの谷中珈琲店で涼みました。撮り散らかした写真です。お暇でしたら最後までお付き合い下さい。 

 

★チェック

 

2k540 AKI-OKA ARTISAN  SONY a7II + SEL35F14z  

写真と文章の絡みはありませんが、少しだけ...。

 7月の給料明細書をみて社会保険料の徴収額が多いと娘が愚痴ります。どうせ年金は貰えないんだから。とか決まり文句です。「社員になった以上止む得ないんだよ」「サラリーマンの収入はガラス張り」「年金を貰えないと言うのは間違いだよ」と説明しても言葉がすれ違います。気持ちは分かるけどね。 「パパの社会保険料なんて凄いんだから」と言うと「親の給料は知りたくない」とか。だろうね。でも、30数年前の初任給の額を軽く越えてますから、自分でも驚く。

 

2k540 AKI-OKA ARTISAN

 SONY a7II + SEL35F14z  

2k540 AKI-OKA ARTISAN  SONY a7II + SEL35F14z  

 

 先日帰省した時に86歳の親父が「死んだら、何も残すものは無い!」と言っていた。借金も無いらしい。家とおふくろは残るんだろう。その親父とおふくろの年金額を聞いて少し驚いた。若い時からおふくろの年金を払い続けてたのと、支給年齢を遅らせたのが効いているみたいだ。 そして、おふくろがこっそり小遣いをくれそうになった。丁重にお断りしたが、預かった方が良かったかなぁ。寂しそうだったし。本当はこっちからあげなきゃならないのに、レンズ買っちゃったからなぁ~ゴメンナサイ。

 

2k540 AKI-OKA ARTISAN  SONY a7II + SEL35F14z  

2k540 AKI-OKA ARTISAN  SONY a7II + SEL35F14z  

 

 親父もおふくろも愛犬達もかなりの年寄だ。弟も白髪染めを止めていた。わたしもみんな髪は真っ白だ!弟は教え子達から染めてくれ!と懇願されてるらしいが、生徒が何故懇願するのか不思議だ。


2k540 AKI-OKA ARTISAN  SONY a7II + SEL35F14z   

2k540 AKI-OKA ARTISAN  SONY a7II + SEL35F14z   

 

 ニコンが100周年を迎えて新たなステージに進む。不調の半導体ビジネスは30年強は潤ったのだろう。人生を捧げた人もいるのに真に残念と思う。私も若い時からカメラを趣味にしていたら、当時のビジネストークはもっと盛り上がったかもしれない。カメラの製造工程なんて興味なかったからな~今思うと勿体無い事をした。今更ながらニコンの最新カメラが欲しくなったなぁ。D7500、D850なんかステキだと思う。発表されたプロ・ハイアマチュア向けミラーレスも気になる。


2k540 AKI-OKA ARTISAN  SONY a7II + SEL35F14z   

2k540 AKI-OKA ARTISAN  SONY a7II + SEL35F14z   

 もう少し頑張ろうかな。 

 

 皆さんのBlogを拝見するとFujiのカメラで撮ったモノクロがとても感じがいいなぁと感心しています。またモノクロフィルムで撮ってみようかな。

 今日はこの辺で。弊Blogをお訪ねいただき有難うございました。

今日のカメラ