八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジのカメラと酒麺クロニクル  

日和って忍者らーめんを食べなかった事を後悔してます@らーめん忍者 東京都千代田区 初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20170507161035j:plain

 こんにちは、エイコク堂です。

 巷で盛りが凄いと噂があり、その昔ツイッターで炎上したと言うダブル噂のラーメン店を訪ねました。わたくし、このところラーメン二郎を食べていません。完全にこの手のラーメンに飢えています。

 その店名は秋葉原にある「らーめん忍者」さんです。

 行き慣れたAkibaYODOBASHIの裏手、昭和通り沿いにありました。ラーメン激戦区だけに美味しんでしょうね。最後までお付き合い下さい。 

目次

 

お店の雰囲気

⚫よく見ると手裏剣が描かれています

 秋葉原には忍者に影武者、巖虎、武仁、黒船とか物騒なネーミングのラーメン店が多いです。そして、物騒なネーミングの割にこじんまりとしているんですよね。入りづらいです。

f:id:afromanjaro:20170507161220j:plain

  店頭の看板をパチリ。これ!これ! この忍者らーめん1,050円と食べるつもりでしたが、写真を見て日和ってしまいました。

f:id:afromanjaro:20170507161213j:plain

 入り口左手には券売機。これ外です。ここじゃ、麺量とか質問できませんね。取り敢えず、普通っぽいデカ豚らーめんを買い入店しました。 

f:id:afromanjaro:20170507161050j:plain

  

お食事 

 店内は厨房をコの字に囲むカウンターのみ。入り口側の席に陣取り、食券を渡し、お好みを聞かれたので「全部普通でニンニク無しでお願いします。」と伝えました。考えてみれば仕事中なんだから、忍者らーめんはニンニクチップ入りだから食べることはできなかったとこの時点で気づきます。

 さて、暇なので何気に厨房内の調理風景をみていると豪快な音が響きます。 

 ボボォ〜〜!

 あれはわたしのデカ豚なのか!豚を焼くのか〜(笑)

f:id:afromanjaro:20170507161042j:plain

⚫デカ豚らーめん 850円

 想像したとおりにほぼモヤシのヤサイ盛りのラーメンが出てきました。冷静に考えると二郎インスパって、ほぼ二郎の上を行くケースが少ないですよね。なんでだろ~。

f:id:afromanjaro:20170507161027j:plain

 

 おっと、豚肉の塊が奥にありました。焦がしてあります。発癌性は無いでしょうね。それと豚はこれだけのようです。先程の店頭の写真のらーめんにはレギュラーな豚が載っていましたが、デカ豚にすると、それはなくなり、この一個になっちゃう様です。ちょっと残念です。

f:id:afromanjaro:20170507161035j:plain

 

 スープは大量の脂が浮いた乳化系で、豚骨系が強いみたいです。

f:id:afromanjaro:20170507161019j:plain

 

 ちょっと崩してみますか~。

f:id:afromanjaro:20170507161242j:plain

 

 デカ豚はとても柔らかかったですが少々脂っこい。切ってある方が食感が良かったかもね。

f:id:afromanjaro:20170507161226j:plain

 

 卓上の追い醤油を少し足して見ると、中々美味しいです。

f:id:afromanjaro:20170507161234j:plain

 

 写真は無いけど、麺は太麺で少々ウェービー。茹で加減よろしく完食致しました。  

食べ終わって 

 量的に楽に食べられましたね。ラーメン二郎を食べている人なら普通に食べられます。そういう意味で忍者らーめんをニンニクチップ抜きで食べてみるべきでした。Blogの為に挑戦すべきでした。後悔しております。お客さんはひっきりなしに入店して、ランチ以外の時間帯も混んでいる様です。通し営業でず~と混んでいるんだとしたら凄いです。とにかくご馳走様でした。次回機会があれば忍者らーめんを頂きます。

 

その他 

⚫お店情報

店名 らーめん忍者
住所 〒101-0023 東京都千代田区神田松永町17−3
電話 03-5207-2779
営業時間 月~土 11:00~22:45(LO)
                  日・祝 11:00~21:30(LO)
定休日 無休
備考