八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺クロニクル  

炙りチャーシューが旨い竹岡式ラーメン@千葉ラーメン拉通 ra2 千葉市八千代市 5回目

広告

f:id:afromanjaro:20170323153720j:plain

 こんにちは、エイコク堂です。

 今日は千葉県の北総線小室駅から車で5分にある実験的情報発信ラーメン店に行ってきました。国道16号沿いですので車でのみ行けるお店です。

 その店名は「千葉ラーメン拉通 ra2」さんです。

 「らあつう」と読みます。こちらでは千葉県の地ラーメンの竹岡ラーメンを「竹岡式ラーメン」として提供していますので食してみました。お昼休みに訪ねましたのでマッハ食いになりました。最後までお付き合い下さい。 

 

目次

 

お店の雰囲気

⚫国道沿いでとても目立つ看板です

 何度かリニューアルしていると思いますが、赤い看板は目立ちますね。車でしか行けませんので駐車場は広いんです。

 店内はカウンターが主で、小上がりが少し。小上がりは4~5名位かな。この時はまだ空席多数でした。

f:id:afromanjaro:20170323153712j:plain

 

⚫主なメニュー

 了解を貰って券売機を撮らせていただきました。びっしりと空きボタンが無いくらいにメニューが並んでいます。竹岡式と決めてきましたので探してからポチりました。

f:id:afromanjaro:20170323153714j:plain

 カウンター席に戻るとチャーシューの写真を撮る?と促されて、有難く撮らせていただきました。こちらのお店自慢の燻しチャーシューです。真っ黒な豚肉のラップを剥がして下さいました。有難うございます。

f:id:afromanjaro:20170323153715j:plain

 このドラム缶で燻しいるんですね。

f:id:afromanjaro:20170323153716j:plain

 

お食事 

⚫竹岡式スペシャル(燻しチャーシュー) 1,050円

 一度は普通の竹岡式を注文したんですが、燻しチャーシュー入りに変更しました。チャーシューを見ちゃったんでね。あと、ライス小も。拉通の竹岡式ラーメンとはどんな一杯なんでしょう。アッという間に出来上がりました。乾麺ですからね。

f:id:afromanjaro:20170323153719j:plain

 竹岡式ラーメンとは房総竹岡の地ラーメンです。都一製麺の乾麺を使い、チャーシューを煮こんで旨味の滲み出た醤油ダレを乾麺を茹でたお湯で割った、まるでインスタントラーメンの様なラーメンです。薬味は刻みタマネギと言うシンプルなラーメンで、富津竹岡の本家梅の家さんが有名です。

f:id:afromanjaro:20170323153721j:plain

 ra2の竹岡式ラーメンはその梅の家さんの許可を得て竹岡式と名乗っている様です。ra2が作るんですからオリジナリティを出しているんでしょう。チャーシューを燻しているのも一つだと思います。お願いした一杯はスペシャルですので煮玉子も付きます。

f:id:afromanjaro:20170323153722j:plain 乾麺はやはり都一製麺製で、こちらのra2さんの味に合うようにアレンジされているそうです。

f:id:afromanjaro:20170323153723j:plain

 自宅以外で乾麺のラーメンを食べるのは本当に久し振りです。本家竹岡式ラーメンは流石にコクが掛けますが、こちらは旨みがあり完飲してしまいました。課長が入らないシンプルな一杯でした。

f:id:afromanjaro:20170323153726j:plain

 

食べ終わって 

 以前、梅の家で食べた時は珍しさが勝ってしまい、あまり味の記憶が無いのですが、流石のra2さん。しっかりアレンジされて万人向けになっていました。燻したチャーシューも燻蒸臭はしますが歯ごたえがあってとても美味しかったです。是非、また食べに来たいです。

 

 

その他

⚫お手洗い 

 綺麗に清掃整えられた洋式のお手洗いです。 

⚫お店情報

店名 千葉ラーメン通信 ra2
住所 千葉県八千代市神久保75-14

電話 047-488-8803
営業時間  11:00~21:00(LO)/土日祝10:00~21:30 
定休日 不定休

備考 (国道16号線内回り島田台交差点近く)北総鉄道小室駅より車で5分 
    駐車場完備