八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺クロニクル  

湯島天満宮梅まつりと旧岩崎邸庭園のお抹茶、ランチは湯島こんごう庵のへぎ蕎麦タレかつ丼!2017

広告

DSC02187

 こんにちは、エイコク堂です。

 先週、亀戸天神と向島百花園の梅まつりに行ったばかりですが、今週は湯島天満宮の梅まつりに行ってきました。

 学問の神様として別名湯島天神としても広く知られる湯島天神(湯島天満宮)は、創建は古く、雄略天皇2年(458)1月、雄略天皇の勅命により天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀る神社として創建されたと伝えられています。 南北朝時代の正平10年(1355年)、民の請願により菅原道真を勧請して合祀。そして、江戸時代から「梅の名所」として親しまれ、この初春の梅まつりの時期は約45万人の参詣客が訪れます。

出典元:ウィキペディア 

 朝9時過ぎに湯島に到着。既にとても賑わっておりました。お参りをして写真を撮って、近くの旧岩崎邸庭園でお茶を楽しみ、ランチを食べて来ました。いつものパターンのBlogですが最後までお付き合い下さい。

 

目次

 

湯島天満宮(湯島天神)梅まつり

☆湯島天満宮の桜まつりのsiteですhttp://www.yushimatenjin.or.jp/pc/ume/index.htm


 日曜日の9時30分頃です。時間帯も違いますが、先週の亀戸天神とは賑わいが違います。既に人・人・人だらけです。梅の開花状況も既に真っ盛りで見頃・撮り頃です。

DSC02174

 

 今週は少し疲れている私。元気な妻に誘われて出掛けてきましたが、妻のmacroレンズを保湿庫から借りてくるのを忘れました。SonyのSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAだけで来てしまいました。寝ぼけていたのかしら。55mmだけで撮るしかありませんね。

 

 

 本殿の千木と鰹木を背景に。天気が良くて良かったです。

DSC02182

 今週の梅撮影はMモード、MFにして拡大ピーキング使用、ISO100、RAW撮影(AdobeLightroomで書き出し・トリミング無し)です。全て手持ち撮影です。

DSC02187

 

  最短撮影距離0.5mでも、撮れるもんだと認識しました。枝が低いんで助かりました。これ以上寄れないけど。

DSC02203

 

 

DSC02185

 

  お守りは長蛇の列でして、皆さん合格祈願です。公立高校はこれからなんですね。

DSC02183

 

 

DSC02186

  

 たまの息抜きの外出なんでしょうか。受験生、がんばれ~!

DSC02231

 

 絵馬は幾重にも重なって、凄いことに。菅原道真公、お願いしますよ。

32037010683_429e701ab2_o

 

 一眼を構えている人ざかりにはメジロが。枝が低いので肉眼でも大きく捉えましたが、MFでは無理だと思いながらの撮った個人的には奇跡的な一枚です。

DSC02197

 

 湯島天神名物?の酒饅頭を頬張る。梅よりも饅頭です。

DSC02216

 

  野点の準備をしていたので紅い和傘(ちょっとボカし過ぎですがビルが入るので)を背景に。

DSC02210

 

  何という事でしょう。御神籤が品切れで補充中の巫女さんです。

DSC02222

 

  食べ物露店もたくさん出てますが、合格祈願の達磨さんがハチマキをしています。

DSC02234

 

 

旧岩崎邸庭園

 小一時間を湯島天満宮で過ごし、ランチまで時間があるので、直ぐ近所の旧岩崎邸庭園も立寄りました。

☆旧岩崎邸庭園のsiteです →http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

平成29年3月迄屋根の工事中

 今年平成29年3月末まで屋根の葺き替え工事中で有名な洋館の外観が見ることが出来ません。それ故、見学を敬遠していたのですが、暇なので寄ってしまいました。改めて訪ねる方は工事終了後の方が宜しいかと思います。

 写真は工事部分を除いたカットです。因みに館内は撮影禁止です。

f:id:afromanjaro:20170213144659j:plain

 

館内のお茶席で抹茶と上生菓子

 いつもの様に甘味を楽しみました。宇治産のお抹茶と上生菓子です。500円。歴史的建造物の中でお庭(席からちょっと遠いけど)を見ながら頂くお茶は一興でした。お茶席はヒーターとホットカーペット・膝掛けがあり、この寒い時期でも万全ですよ。

f:id:afromanjaro:20170213144700j:plain

 

 

ランチは白梅商店街のこんごう庵湯島店

 ランチはこんごう庵湯島店を訪ねました。妻の大好きなタレかつ丼があるからです。私は新潟の地酒が飲めるので気に入っています。この日は飲みませんでしたが。

f:id:afromanjaro:20170213144706j:plain

へぎ蕎麦たれカツ丼セット 

 ランチセットの「へぎ蕎麦タレかつ丼セット1,000円」です。手前は私ので、へぎ蕎麦が0.5人前(ざる一枚)追加になっています。

f:id:afromanjaro:20170213144701j:plain

 

 新潟の名物のタレかつ丼です。薄いスライス肉に細かいパン粉をつけてソテーしたカツレツが起源のカツは、カラッとラードで揚がっていますので、サクッとした食感です。こんごう庵特製の甘辛醤油ダレはトロ~りと粘度があり、揚がって食感を損ないません。新潟の燕市のササニシキが美味しくて美味しくて。玉葱などを入れないカツのみのタレかつ丼。本当に美味しいですよ。 わたしも大好きです。

f:id:afromanjaro:20170213144703j:plain

 

 へぎ蕎麦は布海苔をツナギに入れた蕎麦です。コシがあるのに、つるつるっとした食感が特徴かな。 美味しいですよ。せいろ2枚(一人前に相当)はタレカツ丼とではお過ぎました。腹パンです。

f:id:afromanjaro:20170213144702j:plain

お店情報

店名 こんごう庵 湯島店
住所 東京都文京区湯島3-36-3
電話 050-3463-2539
営業時間 11:30~14:30   17:00~23:00
  土日祝11:30~15:30   17:00~23:00  
定休日 年中無休
備考 喫煙可・駐車場は近隣のコインパーキングを利用下さい。

 

 

こんごう庵湯島店と御徒町店の過去記事

 

 

 今日はこの辺で。弊Blogをお訪ね頂き有難う御座いました。

 

今日のカメラ