八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジのカメラと酒麺クロニクル  

谷中の古民家cafeは素敵なcafeでした@カヤバ珈琲 東京都台東区 初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20170206164924j:plain


 こんにちは、エイコク堂です。 

 突然ですが、このBlogはラーメン記事が大半です。たま~に写真の記事が載ります。初めてお訪ね頂いた方はきっと「変なBlogだ!」とは仰るでしょう。でもなかには「面白いBlogですね!」と評して下さる稀有なお方もあり、お褒めの言葉だと勝手に鵜呑みにして励んでおります。バカでしょ。

 今日もラーメンBlogに相応しくないgoodな古民家Cafeの記事です。少し前に代官山のCafeの記事も書きましたが、台東区谷中の有名cafeをやっと訪ねることが出来ました。宜しければ最期までお付き合いください。

 その店名は「カヤバ珈琲」さんです。

 JR西日暮里から徒歩10~15分、私達はJR上野から恩賜公園を抜けて、東京藝術大学の前を散策して辿り着きました。チンタラ歩いて30分位でしょうか。路地を抜けると目を引く古民家がありました。

目次

 

大正5年築の出桁造りの町家のCafe

出桁造り(だしげたつくり)とは、梁を柱の外に張り出して出桁を乗せ、その上に垂木を掛けて屋根瓦を乗せるという力学的に露になった造りです。庇の深い立派な軒が装飾になって、商家の格を表したそうです。

 元のカヤバ珈琲店は平成18年に70年の歴史を閉じた様ですが、平成21年秋にNPO法人が中心になり家屋を借受て営業を再開したのが、現在の「カヤバ珈琲」なんだそうです。

  

f:id:afromanjaro:20170206164917j:plain

 

 とても趣のある建築ですね。週末はこの看板の前は外待ち客がずら~と並んで居るんですが、この日は天候が悪く寒い為か空いていました。

f:id:afromanjaro:20170206164918j:plain

 

 お店の改修は建築家永山祐子先生の手によるもので、天井がガラス張りになっており、ガラスの大正時代の天井や梁が見えます。ステキですね。

f:id:afromanjaro:20170206164930j:plain

 

 お洒落な女性スタッフにあれこれ注文し暫し待ちます。テーブルも椅子み雰囲気があります。
 (妻のコートがちらりと入った構図が残念です)

f:id:afromanjaro:20170206164919j:plain

 

たまごサンド 500円と ホットコーヒー 450円

 有名なたまごトーストにしようか。少し悩んで乗っているか挟んであるかの違いですが、スクランブルエッグが溢れない「たまごサンド」にしました。むちゃくちゃおいしそうでしょ。

f:id:afromanjaro:20170206164925j:plain

f:id:afromanjaro:20170206164928j:plain

 

 コーヒーカップは少し大きめのアメリカンサイズ。どっしりと深い濃いコーヒーが実に美味しいです。

f:id:afromanjaro:20170206164927j:plain

 

妻はみつまめ(お茶つき)500円

 これも美味しそう。お喋りしながらですが、手が止まりません。

f:id:afromanjaro:20170206164922j:plain

 

食べ終わって

 とても美味しい珈琲でした。雰囲気も一味になっています。ゆっくりと過ごすべきお店だと思いますが、混んできたので御暇しました。また利用したいです。素敵なお店でした。

 

その他(お店情報ほか) 

お店の場所と営業時間
店名 カヤバ珈琲
住所 〒110-0001 東京都台東区谷中6-1-2
営業時間 月~土 8:00-23:00 日 8:00-18:00
定休日 無し(年中無休)
アクセス JR日暮里駅から徒歩10~15分です。JR上野からも歩けます。
その他 平日18時からはNighttimeMenuに変わります。アルコールもありますよ。
    二階はお座敷席になっています。
お店のHP→ カヤバ珈琲 http://kayaba-coffee.com/

 

お店のトイレ

綺麗なトイレです。少し狭いかな(^O^)