八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジの写真とカメラと酒麺クロニクル  

本格的な和食を気楽に食べられるキリン食堂@千葉県船橋市前原 初訪問

広告

f:id:afromanjaro:20170105153007j:plain

 こんにちは、エイコク堂です。

 ☆大好きな街 船橋のお店を勝手に紹介する船橋シリーズ!☆ です。

 今日は船橋は船橋でも、船橋駅からかなり遠い新京成電鉄前原駅近くにあるお寿司屋さんの様な佇まいのお店の記事です。

 そのお店の名は「きりん食堂」さんです。

 お店は以前から存じていました(実は店主のご兄弟がジロリアンなのです)が、場所柄中々お邪魔できなくて、年末にやっとランチに夫婦で訪ねることが出来ました。店名の「きりん食堂」とは変わった名前ですが、皆に好まれる様な優しい響きのある店名です。

 

目次

 

可愛いきりんが描かれた看板が目印です

秋元机さん作の看板と暖簾がステキ

 風の強い日でした。ポケットに手を突っ込んで下を見て居ると気づかないかもしれませんが、青空に映えるきりんの絵がなかなかステキです。

f:id:afromanjaro:20170105153024j:plain

 きりんの絵も、暖簾も、たぶんイラストスレーター・図画工作家の秋元机さんのモノです。風で暖簾がフニャフニャですで残念ですが(笑)

f:id:afromanjaro:20170105153021j:plain

 可愛い暖簾なので、失礼してフェイスブックから借用しました。

f:id:afromanjaro:20170105201853j:plain 

 出典元:きりん食堂Facebook

 

  店内の写真はありませんが、以前はお寿司屋さんだった様で、可愛いきりんのイメージとは異なる割烹風の落ち着いたお店です。私たちはカウンターに座りましたが、13時過ぎで小上がりとカウンター席は7割の入り。奥のお座敷は空いている様でした。

 厨房には店主の御主人と奥様が、奥の方では息子さんが甲斐甲斐しくお手伝いをしておりました。

 

妻は看板メニューのオリーブ焼を注文

f:id:afromanjaro:20170105153005j:plain

 牛ロース肉を低温のオリーブオイルの中にしゃぶしゃぶした、きりん食堂一押しの一品だそうで美味しそうです。

f:id:afromanjaro:20170105153004j:plain

 そして、オリーブ焼には特製のからし醤油に、水菜サラダ、香の物、佃煮とご飯にお味噌汁、なんと茶碗蒸しまで付く豪華版でした。ご飯は少な目にしたんですが、それでも立派に一膳分はありますね。

わたしはすき焼きを注文

f:id:afromanjaro:20170105153007j:plain

 このすき焼きは自家製割り下だそうです。そしてトマト。このトマトを崩して食べると、トマトのグルタミン酸が美味しさが広がるとそうです。

f:id:afromanjaro:20170105153006j:plain

 このお膳もなかなか。オリーブ焼と同じくサラダや佃煮などが付いています。ご飯は大盛りにしてもらいました。

  一品づつ写真を載せますね。

f:id:afromanjaro:20170105153008j:plain

f:id:afromanjaro:20170105153010j:plain

f:id:afromanjaro:20170105153011j:plain

f:id:afromanjaro:20170105153012j:plain

f:id:afromanjaro:20170105153015j:plain

f:id:afromanjaro:20170105153016j:plain

 お米は千葉産こしひかりだそうで、とても美味しいです。

 とても美味しいすき焼きでした。

f:id:afromanjaro:20170105153019j:plain

  そして、最後にコーヒーまで付いています。

f:id:afromanjaro:20170105153020j:plain

  最高ですね。会社帰りに夜営業にも伺いたくなりました。ご馳走様でした。  

店舗情報 

店名 きりん食堂
住所 千葉県船橋市前原東5-13-2
営業時間 11:30~14:00(L.O13:30)、18:00~22:00(L.O21:30)
定休日 水曜日
駐車場 ありません。成田街道沿いの東京東信用金庫の前にCPがあり歩いてすぐです。手前の夢庵に停めない様にお願いします。