八五九堂 Blog 

船橋を愛するオヤジのカメラと酒麺クロニクル  

オールドレンズTakumaer M42→Kマウントアダプターで四苦八苦しました。

広告

DSC695

 

こんにちは、エイコク堂です。

半月ほど前にTakumar135mmを落札した記事を載せましたが、ず〜と撮れませんでした。

たかがアダプターで四苦八苦してしまって。
このTakumarでは、既にM42→マイクロフォーサーズアダプターでE-M5mark2で撮ってる訳ですが、如何せん距離が倍になるので街撮り常用にはあれかな~と考え直しました。

やっぱりPENTAX ME superにセットするがイイよね~と思い、今度はM42→Kマウントアダプターを買ったんです。

 

目次

 

 

ところが、無限遠でピントが合わないどころか、全く使えない。

色々調べてみたらフランジバック?の関係で空洞のリングでは風景ではピントが合わないので無理だったみたい。と判明。
もうイイヤ!って諦めていたんですが、やっぱりTakumarをPENTAX ME superで撮ってみたい。と再び思いたちポチってやっと届きました。

 

1,300円のオールドレンズに4,000円のアダプターって一般的なのですか?

 

悩んだ理由はアダプターが高いからです。レンズが1,300円だったのにPENTAX純正アダプターが4,000円弱、フランジバックで合わなかったアダプターは900円だったけど、純正に似た並行輸入品は1,100円です。一つのレンズを使う為に4倍の投資が必要だった訳で、面白いと思わなきゃ絶対に遣らないなぁと自分で呆れています。

写真は税別5,000円と書いてますが、Amazonで4,000円弱で買えました。

 

ちなみにもう一つ先に買った並行輸入品は加工精度の問題で付きませんでした。保険で対応してくれましたが、並行輸入品を買うときは覚悟が必要です。

 

DSC683

 

◇PENTAX純正アダプターは薄いんで無限遠も対応済。でもPhilippines製です。

DSC695

少し前のモノはJapanと刻印があったらしいので少し残念です。 

◇こちらはフォーカス出来ないアダプター。純正とは厚みが違う。

DSC661

 

◇純正アダプターの付けた方

ネット上での検索で見つけられなかったので参考に載せます。

DSC686

赤いマークを合わせて押し込みます。

DSC691

そしてリング内側を抑えながら時計回りに回すとロックが掛かり、PENTAXの文字が一番上に来ます。あとはM42マウントを回しこむだけです。
外すときは赤いマーク側の溝に見える板バネをペンの先なので押しながらアダプターを反時計回りに回すと外れます。 

簡単ですね。

近いうちに作例を載せればと思っております。ではでは。
今日はこの辺で。
弊ブログをお訪ねいただき有難う御座いました。